平成26年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会

日本一への道

日本一への道

今年も公益財団法人日本バレーボール協会に有効に登録された中学生以上の28,000を超えるチームに、日本一になるチャンスがやってきました。
平成19年度大会では、男子370チーム・女子352チームが参加しましたが、年々その参加数を増やし、今や全国の約1,000チームが日本一を目指す大会となっています。
平成24年度大会では高校・大学チームが、カテゴリーの異なるチームを相手に素晴らしい戦いを見せ、大いに大会を盛り上げました。
今大会も、各カテゴリーのトップチームが新たな驚きを私達に見せてくれることでしょう。
カテゴリーの垣根を越えた唯一のオープン大会。
今年も全国各地で、日本一を目指した熱い戦いが始まります。

大会スキーム ~日本一への道~

【ラウンド】 【出場チーム】 【大会方式】
都道府県ラウンド
(4月~7月)
■本大会にエントリーした公益財団法人日本バレーボール協会登録選手(中学生以上)で構成されたチーム。 基本的にはトーナメント方式で行われ、各都道府県の代表チーム1チームが決定。計47チームがブロックラウンドに進出する。

都道府県ラウンド優勝チームには『ビクトリーTシャツ』が贈呈される。
矢印
ブロックラウンド
(9月~10月)
(1)各都道府県ラウンドを勝ち抜いた男女各47チーム
(2)V・チャレンジリーグ所属チーム
(3)各ブロック開催のクラブ・実業団・大学・高校の大会優勝チーム
(4)各ブロック内の都道府県ラウンド免除チーム(各ブロック最大4チーム)

9ブロック合計 約200チーム
男女併せて約200チームが全国9ブロックに分かれトーナメント戦を行い、男女各16チームがファイナルラウンドに進出。

◎各ブロックのファイナルラウンド出場枠

北海道ブロック:男1、女1
東北ブロック:男1、女1
関東ブロック:男4、女3
北信越ブロック:男1、女2
東海ブロック:男2、女2
近畿ブロック:男3、女2
中国ブロック:男1、女1
四国ブロック:男1、女1
九州ブロック:男2、女3
合計:男16、女16(チーム)
矢印
ファイナルラウンド
(集中開催)
12月10日(水)~14日(日)

・東京体育館(東京都・渋谷区)
■ブロックラウンドを勝ち抜いた男女各16チーム及びV・プレミア男女各8チーム 試合はトーナメント方式。1回戦~決勝が行われ、優勝チーム、準優勝チームを決定する。
賞金 優勝:1,000万円、準優勝:400万円