第17回アジアジュニア 男子選手権大会(U-20)

概要

大会名称

第17回アジアジュニア 男子選手権大会(U-20)

開催期間

2014年10月17日(金)~10月25日(土)

開催地

マナーマ(バーレーン)
【A会場】: Isa Sports City Hall C
【B会場】: Isa Sports City Hall B

参加チーム

A組 オーストラリア(棄権)、バーレーン、モルディブ、サウジアラビア、タイ
B組 日本、カザフスタン、クウェート、チャイニーズタイペイ、ウズベキスタン
C組 中国、韓国、ニュージーランド、パキスタン(棄権)、スリランカ
D組 ホンコンチャイナ、インド、イラン、カタール、トルクメニスタン

出場資格

1995年1月1日以降に生まれた選手であること。

試合方式

A、B、C、Dの各組で1次リーグ戦(1回戦総当りリーグ戦)を行う。各組の1、2位チーム、計8チームはクウォーターファイナルラウンド(1-8位)に進出し、3、4位チーム、計8チームはクウォーターファイナルラウンド(9-16位)に回る。以降、トーナメント戦でセミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを行い、順位を決定する。また、各組の最下位1チーム、計4チームは、セミファイナルラウンド(17-20位)、ファイナルラウンド(17-20位)を戦い、順位を決定する。

「第18回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)」の出場権について

本大会の最終成績上位4チームが、2015年に開催される「第18回世界ジュニア男子バレーボール選手権大会(U-21)」(ティフアナ、メヒカリ[メキシコ]で開催予定、開催期間未定)の出場権を獲得する。