2014女子世界選手権

概要

大会名称

2014女子世界選手権

世界選手権とは

バレーボール界で最も歴史と伝統のある世界最大規模のイベント。男女とも4年毎にオリンピックの中間年に開催され、第1回大会は1949年に男子がチェコスロバキアで、1952年に女子がソビエトで開催された。

男女各24チームが本大会に出場し、2014年に開催される男子大会(第18回)はポーランドで、女子大会(第17回)はイタリアで開催される。女子は大陸予選を勝ち抜いた23チームと、開催国・イタリアの合計24チームで世界一のタイトルを競い合う。

開催期間・開催地

2014年9月23日(火・祝)~10月12日(日)

ラウンド開催期間開催地
第1次ラウンド 9月23日(火・祝)~28日(火) ローマ、トリエステ、ヴェローナ、バリ
第2次ラウンド 10月1日(水)~5日(日) バリ、トリエステ、ヴェローナ、モデナ
第3次ラウンド 10月8日(水)~10日(金) ミラノ
準決勝・3位決定戦・決勝戦 10月11日(土)~12日(日) ミラノ

出場24チーム

チーム出場チーム
開催国 イタリア
アジア代表(4チーム) 日本、中国、タイ、カザフスタン
北中米代表(6チーム) アメリカ、ドミニカ共和国、プエルトリコ、カナダ、キューバ、メキシコ
アフリカ代表(2チーム) カメルーン、チュニジア
ヨーロッパ代表(9チーム) ロシア、セルビア、ドイツ、トルコ、オランダ、ベルギー、クロアチア、ブルガリア、アゼルバイジャン
南米代表(2チーム) ブラジル、アルゼンチン

試合方式

◆第1次ラウンド
24チームが6チームずつ4つのプールに分かれ、1回戦総当りリーグ戦を行い、順位を決定する。上位4チームが第2次ラウンドに進出する。

プール開催都市チーム
A ローマ イタリア、ドミニカ共和国、ドイツ、アルゼンチン、クロアチア、チュニジア
B トリエステ ブラジル、セルビア、トルコ、カナダ、カメルーン、ブルガリア
C ヴェローナ アメリカ、ロシア、タイ、オランダ、カザフスタン、メキシコ
D バリ 日本、中国、プエルトリコ、キューバ、ベルギー、アゼルバイジャン

 

◆第2次ラウンド
第1次ラウンドを勝ち上がった16チームが8チームずつ2つのプールに分かれ、他のプールから勝ち上がった4チームと対戦する。第2次ラウンドでは第1次ラウンドの同プール同士の対戦はなく、第1次ラウンドの対戦成績を持ち越す。各プールの上位3チームが第3次ラウンドへ進出する。

プール開催都市チーム
E バリ、トリエステ A組1位、A組2位、A組3位、A組4位
D組1位、D組2位、D組3位、D組4位
F ヴェローナ、モデナ B組1位、B組2位、B組3位、B組4位
C組1位、C組2位、C組3位、C組4位

 

◆第3次ラウンド
第2次ラウンドを勝ち上がった6チームが3チームずつ2つのプールに分かれ、1回戦総当り戦を行い、順位を決定する。

プール開催都市チーム
G ミラノ E組1位、【E組2位、E組3位、F組2位、F組3位】から2組
H F組1位、【E組2位、E組3位、F組2位、F組3位】から2組

 

◆準決勝・3位決定戦・決勝戦
第3次ラウンドの各プール上位2チーム、計4チームが準決勝を戦い、勝利チーム同士が決勝戦、敗れたチーム同士が3位決定戦を戦う。