FIVBワールドグランプリ2014

概要

大会名称

FIVBワールドグランプリ2014

ワールドグランプリとは

国際バレーボール連盟(FIVB)がアジアでのバレーボールの発展を目的として、世界の強豪28チームを揃え、アジア地区を中心に開催する国際大会。予選ラウンドと決勝ラウンドが行われ、決勝ラウンドは予選ラウンド(プールA~I)の上位4チームとファイナル4(プールJ~O)の勝者1チーム、開催国(2014年は日本)を加えた6チームで開催される。1993年に第1回が開催され、2014年大会で22回目の開催となる。

参加チーム

プールA~I ブラジル、アメリカ、日本、イタリア、中国、ロシア、セルビア、ドミニカ共和国、ドイツ、韓国、トルコ、タイ
プールJ~O ペルー、ポーランド、プエルトリコ、アルゼンチン、オランダ、カナダ、キューバ、ベルギー
プールP~S ケニア、アルジェリア、カザフスタン、クロアチア、チェコ、メキシコ、ブルガリア、オーストラリア

見どころ

今年の予選ラウンドは、出場28チームがプールA~I(12チーム)、プールJ~O(8チーム)、プールP~S(8チーム)の3つのグループに大きく分かれる中、日本はプールA~Iのグループに入っている。このグループには、FIVB世界ランキング(2014年1月付)で1~12位の12チーム入っており、激戦は必至だ。

プールA~Iは3週間に渡って毎週末3プールずつ行われるが、日本は第1週(8月1~3日)はプールAのトルコ大会、第2週(8月8~10日)はプールFの香港大会、第3週(8月15~17日)はプールIのマカオ大会に出場し、それぞれ3試合(計9試合)戦うことになっている。

世界ランキング3位の日本は、第1週は同2位のアメリカ、第2週は同4位のイタリアや、同5位でアジアのライバル・中国などとの対戦が待っており、1試合たりとも油断できない。

また今年の決勝ラウンドは、「ファイナル東京大会」として、有明コロシアム(東京都江東区)で開催される。開催国・日本と、日本を除くプールA~Iの上位4チーム、「ファイナル4(プールJ~O)」の勝者1チーム、計6チームが1回戦総当り戦にてワールドグランプリの栄冠をかけて戦う。

全日本女子チーム・火の鳥NIPPONは、昨年の決勝ラウンドでは4位と、あと一歩のところでメダルに届かなかったが、秋のワールドグランドチャンピオンズカップ2013では銅メダルを獲得した。今シーズンは『世界一にチャレンジ』をチームのテーマに掲げており、眞鍋政義監督、キャプテン・木村沙織選手のもと今大会「金メダル」を目指す。

また今シーズン、2012年ロンドンオリンピック銅メダルメンバーの佐野優子選手と山口舞選手がチームに復帰。昨年火の鳥NIPPONの新戦力として台頭した長岡望悠選手、石井優希選手、宮下遥選手に、今年は筒井さやか選手、内瀬戸真実選手といった若手が新たに加わっている。

昨年「MB1」という新戦術を導入した火の鳥NIPPONだが、眞鍋監督は「MB1」がさらに進化した戦術を決勝ラウンド前に発表すると公言している。ワールドグランプリで火の鳥NIPPONはどのような革命を起こすのか、その活躍に注目だ。

プールA~I

【予選ラウンド】
競技方法

予選ラウンドで12チームが4チームずつ3つのプールに分かれ、3週にかけて毎週末3試合、各チーム9試合を戦う。

参加8チーム
プールA~I ブラジル、アメリカ、日本、イタリア、中国、ロシア、セルビア、ドミニカ共和国、ドイツ、韓国、トルコ、タイ
日程

(第1週)8月1日(金)~8月3日(日)
(第2週)8月8日(金)~8月10日(日)
(第3週)8月15日(金)~8月17日(日)

開催地
第1週 アンカラ(トルコ)、華城[ファソン](韓国)、サッサリ(イタリア)
第2週 サン・パウロ(ブラジル)、アンカラ(トルコ)、香港(ホンコンチャイナ)
第3週 バンコク(タイ)、カリーニングラード(ロシア)、マカオ(中国)
【決勝ラウンド】
競技方法

開催国・日本を除く予選ラウンド(プールA~I)の上位4チームとファイナル4(プールJ~O)の勝者1チーム、日本の6チームが1回戦総当り戦を行い、順位を決定する。

参加6チーム

(1)開催国・日本
(2)プールA~Iの上位4チーム
(3)プールJ~Oによるファイナル4の最上位1チーム

日程

8月20日(水)~8月24日(日)

開催地

東京(日本)

プールJ~O

【予選ラウンド】
競技方法

予選ラウンドで8チームが4チームずつ2つのプールに分かれ、2週にかけて毎週末3試合、各チーム6試合を戦う。最上位3チームがファイナル4に進出する。

参加8チーム
プールJ~O ポーランド、ペルー、プエルトリコ、オランダ、アルゼンチン、カナダ、キューバ、ベルギー
日程

(第1週)7月25日(金)~7月27日(日)
(第2週)8月1日(金)~8月3日(日)
(第3週)8月8日(金)~8月10日(日)

開催地
第1週 リマ(ペルー)、カグアス(プエルトリコ)
第2週 ルーヴェン(ベルギー)、トルヒーヨ(ペルー)
第3週 ブエノスアイレス(アルゼンチン)、ドゥーティンヘム(オランダ)
【ファイナル4】
競技方法

出場4チームが準決勝を戦う。勝利した2チームが決勝戦、敗れた2チームが3位決定戦をそれぞれ戦い、順位を決定する。最上位1チームが決勝ラウンドに進出する。

参加4チーム

(1)開催国・ポーランド
(2)プールJ~Oの上位3チーム

日程

8月14日(金)~8月16日(土)

開催地

コシャリン(ポーランド)

【決勝ラウンド】
競技方法

開催国・日本を除く予選ラウンド(プールA~I)の上位4チームとファイナル4(プールJ~O)の勝者1チーム、日本の6チームが1回戦総当り戦を行い、順位を決定する。

参加6チーム

(1)開催国・日本
(2)プールA~Iの上位4チーム
(3)プールJ~Oによるファイナル4の最上位1チーム

日程

8月20日(水)~8月24日(日)

開催地

東京(日本)

プールP~S

【予選ラウンド】
競技方法

予選ラウンドで8チームが4チームずつ2つのプールに分かれ、2週にかけて毎週末3試合、各チーム6試合を戦う。

参加8チーム
プールP~S ケニア、アルジェリア、カザフスタン、クロアチア、チェコ、メキシコ、ブルガリア、オーストラリア
日程

(第1週)7月25日(金)~7月27日(日)
(第2週)8月1日(金)~8月3日(日)

開催地
第1週 アルマティ(カザフスタン)、メキシコシティ(メキシコ)
第2週 ブルノ(チェコ)、ポレッチ(クロアチア)
【ファイナル4】
競技方法

出場4チームが準決勝を戦う。勝利した2チームが決勝戦、敗れた2チームが3位決定戦をそれぞれ戦い、順位を決定する。

参加4チーム

(1)開催国・ブルガリア
(2)プールP~Sの上位3チーム

日程

8月16日(土)~8月17日(日)

開催地

サモコフ(ブルガリア)

順位決定方式

各プールの順位は、勝点(※)により決定する。
2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝点で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

[第1優先] 勝利数
[第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)
[第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

※1試合で与えられる勝点について
セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。
セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。