第2回アジアU-23男子選手権大会

試合結果

最終順位

1位 イラン
2位 日本
3位 チャイニーズタイペイ
4位 タイ
5位 中国
6位 パキスタン
7位 カザフスタン
8位 マレーシア
9位 ウズベキスタン
10位 スリランカ
11位 オーストラリア

個人賞

ベストセッター賞 大宅真樹選手
ベストアウトサイドスパイカー賞 勝岡将斗選手

ページの先頭へ

日本の試合結果

5月9日 日本×イラン 決勝戦
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本 0 25 24 20 - -
イラン 3 27 26 25 - -
【第1セットのスタメン】
樋口 裕希 7
ミドルブロッカー
樋口 裕希
HIGUCHI, Yuki
  1. 筑波大学3年
  2. 1996-04-27
  3. 191cm/74kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

セット前半は日本がリードを保ったまま15-14となる。この場面でイランが選手2人を交代させると、日本は3連続失点し15-17と逆転を許した。すぐに徳永文利監督はタイムアウトを要求。その後、大竹壱青のスパイクと樋口裕希のブロックで連続得点を挙げ17-17と追い付くと、ここからは一進一退の攻防となり24-24のデュースとなった。樋口のスパイクが決まり、25-24と日本が先にセットポイントを握ったが、日本のサーブミス、イランにブロック、スパイクを決められ、27-25で第1セットを失った。

第2セット

立ち上がりは第1セット同様に両チームが譲らぬ展開となったが、小野寺太志のクイックで8-7と日本のリードでテクニカルタイムアウトを迎えた。日本は大宅真樹の巧みなトスワークでイランのブロックに的を絞らせず、山崎貴矢のクイック、大竹、樋口、勝岡将斗のスパイクなどで得点を挙げたものの、序盤と同様に一進一退の攻防が続いた。小野寺のサーブでイランのレシーブを崩し、山崎がダイレクトアタックで得点すると、さらにイランのサーブミスで23-20と一歩抜けた。しかし、日本のサーブミスやイランのブロックなどで23-23と同点に追い付かれると、先にセットポイントを奪い24-23とするが、ここから3連続失点を喫し25-27で第2セットも奪われた。

第3セット

追い詰められた日本は3連続失点からのスタートとなった。5-8とイランのリードでテクニカルタイムアウト迎えると、小野寺のクイック、大竹のスパイク、イランのミスにより8-8と同点に追い付いた。しかし、中盤はイランのサーブやブロックに苦しめられ点差が開き、12-16でテクニカルタイムアウト。小野寺のクイックや大竹の活躍でイランに食らいついたが、イランに強烈なスパイクを決められると、日本にミスが目立ち20-25で第3セットを落とした。

ページの先頭へ

5月8日 日本×チャイニーズタイペイ セミファイナルラウンド(1-4位)
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本 3 25 25 25 - -
チャイニーズタイペイ 0 21 19 18 - -
【第1セットのスタメン】
鈴木 祐貴 11
ウィングスパイカー
鈴木 祐貴
SUZUKI, Yuki
  1. 東海大学2年
  2. 1997-05-29
  3. 201cm/85kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

ゲームスタートから日本のミスが目立ち0-3と連続得点を許したが、大竹壱青のスパイクとサービスエース、山崎貴矢のブロックなどにより5-4と逆転する。さらに勝岡将斗のパイプ攻撃が相手コートに突き刺さると、大竹のバックライトからもスパイクが決まり、8-7でテクニカルタイムアウトを迎える。中盤は譲らぬ展開であったが、終盤に近づくにつれ徐々に日本がリードを広げた。鈴木祐貴とメンバーチェンジした樋口裕希が活躍し、16-13で2回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。その後、勝岡のレフトからのスパイクが決まると、川口太一が相手スパイクを好プレーで拾い、さらに勝岡が記録席にぶつかりながらもボールを繋いだボールを小野寺太志がブロックで得点し会場を沸かせた。その後、樋口、大竹のスパイクが決まると、最後は勝岡の華麗なフェイントが相手コートに落ち、25-21で第1セットをものにした。

第2セット

序盤は連続得点され2-5とリードされたが、大竹の強烈なサーブが日本コートに戻ってきたところを山崎がダイレクトで決めると、さらに山崎が相手のCクイックを見事にシャットアウトし6-6とした。その後はチャイニーズタイペイに再びリードを許したが、小野寺のAクイックを皮切りに、川口のディグ(スパイクレシーブ)から大竹のライトスパイク、勝岡のサービスエースなどで13-11と逆転に成功。さらに樋口、小野寺の連続ブロック、小野寺のBクイックで16-12と点差を広げテクニカルタイムアウトを迎えた。終盤はセッター・大宅真樹の巧みなトスワークから好調の勝岡が時間差を決めると、途中出場の高梨健太のサーブがチャンスボールで戻ったところを大竹がライトから決め、25-19でセットを連取した。

第3セット

序盤から勢いにのった日本が常にリードする展開となった。第2セットに続きスタメンの樋口が気持ちよくスパイクを決めると、好調の大竹がレフト、ライト、バックと様々な所からスパイクを決めて8-6でテクニカルタイムアウトを迎えた。さらに小野寺のBクイックや山崎のAクイック、樋口のスパイク、勝岡の相手リベロ直撃の強烈なスパイクなどで16-10とした。テクニカルタイムアウト直後、徳永文利監督はセッター・大宅に代えてブロックに期待する佐藤謙次を、山崎に代えて金子聖輝をコートへ送る。この采配が奏功しブロックで得点を挙げた。終盤、チャイニーズタイペイに4連続得点され22-16となり徳永監督はタイムアウトを要求する。これで気持ちを切り替えた日本は、大竹、勝岡のスパイクを決めると、最後は相手スパイクがアウトになり25-18。第3セットを奪取した。

【日本の次戦】

現地時間: 5月9日(火) 17:30~(日本時間22:00~)

ラウンド: 決勝戦

対戦相手: イラン

【第3回世界U-23男子バレーボール選手権大会 出場権獲得チーム】

イラン

日本

ページの先頭へ

5月7日 日本×マレーシア クウォーターファイナルラウンド(1-8位)
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本 3 25 25 25 - -
マレーシア 0 18 23 23 - -
【第1セットのスタメン】
鈴木 祐貴 11
ウィングスパイカー
鈴木 祐貴
SUZUKI, Yuki
  1. 東海大学2年
  2. 1997-05-29
  3. 201cm/85kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

序盤は山崎貴矢のクイックと、勝岡将斗のサイドからの切れのいいスパイク、また大竹壱青のノータッチサービスエースが決まり、9-5でリードを奪った。その後、マレーシアのキャプテン・ジャンキンにライトから高打点のスパイクを決められ、9-9の同点に追い付かれた。中盤にさしかかり、ラリー中の難しい2段トスを鈴木祐貴が鮮やかに決め、12-9と再びリード。さらにジャンキンのスパイクを日本のキャプテン・小野寺太志がシャットアウトし、16-13で2度目のテクニカルタイムアウトを折り返した。終盤、守りの要・川口太一のファインレシーブでラリーに持ち込むと、バックからの強烈なスパイクで大竹、クイックで小野寺、パイプ攻撃で勝岡が決め、22-16となった。最後は本大会好調の大竹のスパイクが決まり、25-18で第1セットを先取した。 

第2セット

序盤はサーブミスやスパイクミスが連続し、6-8でマレーシアにリードされる展開となった。また、ジャンキンのスパイクで連続得点を許し、6-10で堪らず徳永文利監督がタイムアウトを要求した。その直後に大竹のスパイクでサイドアウトを取り、山崎、鈴木の2枚ブロックで相手エースをシャットアウト。さらに大竹がノータッチサービスエースを取ると、長いラリーを大宅真樹のブロックで仕留め13-12と逆転に成功した。その後は、後衛に回った鈴木に代わり高梨健太が相手レシーブを乱す効果的なサーブを放ち、16-13で2回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。終盤には、相手エース・ジャンキンのスパイクが復調し21-21の同点に追い付かれたが、相手のサーブミスに救われると、最後は小野寺がブロックとダイレクトスパイクを冷静に相手コートの穴に落とし、25-23でセットを連取した。

第3セット

序盤、鈴木のスパイクが連続してブロックに捕まるなど、3-8でリードを許した。その後、ミドルブロッカー・小野寺とセッター・大宅のコンビネーションで縦のBクイックを決め、勝岡の時間差攻撃もノーマークで鮮やかにコート真ん中に突き刺さった。さらに大竹のパワフルなスパイクも火を噴くと、相手のミスも重なり16-15と逆転に成功。その後、要所で大竹が安定したスパイクを決め、21-17とリードを保った。終盤に入ると日本のサーブミス、2段トスのミスがきっかけで24-23と追い込まれたが、タイムアウトで落ち着きを取り戻した日本は小野寺がクイックを決め、25-23でマレーシアを振り切った。

【日本の次戦】

現地時間: 5月8日(月) 15:00~(日本時間19:30~)

ラウンド: セミファイナルラウンド(1-4位)

対戦相手: チャイニーズタイペイ

ページの先頭へ

5月5日 日本×チャイニーズタイペイ 順位決定予備戦(1-8位)
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
3勝
3 25 25 25 - -
チャイニーズタイペイ
1勝2敗
0 23 18 16 - -

順位決定予備戦(1-8位)F組にはチャイニーズタイペイ、カザフスタン(1次リーグ戦B組)と日本、タイ(同D組)の4チームが入った。順位決定予備戦では1次リーグ戦で同組だったチームとの対戦成績を持ち越すため、日本はタイとの対戦成績(3-2で日本が勝利)、チャイニーズタイペイはカザフスタンとの対戦成績(3-0でチャイニーズタイペイが勝利)を持ち越している。

【第1セットのスタメン】
鈴木 祐貴 11
ウィングスパイカー
鈴木 祐貴
SUZUKI, Yuki
  1. 東海大学2年
  2. 1997-05-29
  3. 201cm/85kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

鈴木祐貴のサイドからの打点が高いスパイクで試合がスタートした。前日(カザフスタン戦)の勢いのまま、日本ペースで進むかと思われたが、中盤まで互いのスパイクやサーブにミスが目立ち、粗いゲーム内容となった。終盤に差しかかるところで相手のクイックにやられ18-20、日本はタイムアウトを要求した。その直後に大竹壱青の目が覚めるようなバックライトからのスパイクが決まる。さらにキャプテン・小野寺太志のサーブがチャイニーズタイペイのレシーブを乱すと、相手がスパイクミスを連発。その後、勘の良いセッター・大宅真樹が相手エースのスパイクをシャットアウトすると、最後は小野寺のクイックが相手コートに突き刺さり、25-23で第1セットを取った。

第2セット

日本は序盤にサーブミスを連発するなど若干もたついたが、チャイニーズタイペイにもスパイクミスが多くあり、互角の出足となった。中盤には大竹のパワフルなスパイクが決まり11-8とリードし、相手ベンチのタイムアウトを誘った。その後は鈴木のバックセンターからのパイプ攻撃や山崎貴矢のクイックも決まり、16-14で中盤を折り返した。日本チームにエンジンがかかり出し、相手エースのスパイクもタイミングよくブロックでワンタッチを取り、それを切り返し大竹や勝岡将斗のスパイクで5連続得点を重ね22-16。最後は小野寺のブロックとクイックが決まり、25-18でセットを連取した。

第3セット

終始、日本ペースとなった。小野寺のBクイックを皮切りに、鈴木のスパイクが火を噴いた。後衛にまわった鈴木はサーブもよく、相手レシーブ陣を乱しダイレクトで返ったボールを勝岡が得点するという理想的な試合展開となった。8-2と点差が開くと、またもセッター・大宅が相手エースをブロックで仕留め16-10とした。終盤、日本はセッター・金子聖輝とミドルブロッカー・佐藤謙次を投入。すると金子がサーブで相手シーブを崩し、そこから勝岡、鈴木がリズムよくスパイクを決めた。最後は大竹のライトからのスパイクが炸裂。25-16で第3セットを奪取し、順位決定予備戦(1-8位)F組1位通過を決めた。

【日本の次戦】

現地時間: 5月7日(日) 12:30~(日本時間17:00~)

ラウンド: クウォーターファイナルラウンド(1-8位)

対戦相手: マレーシア(順位決定予備戦E組4位)

ページの先頭へ

5月4日 日本×カザフスタン 順位決定予備戦(1-8位)
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
2勝
3 25 25 25 - -
カザフスタン
2敗
0 17 17 17 - -

順位決定予備戦(1-8位)F組にはチャイニーズタイペイ、カザフスタン(1次リーグ戦B組)と日本、タイ(同D組)の4チームが入った。順位決定予備戦では1次リーグ戦で同組だったチームとの対戦成績を持ち越すため、日本はタイとの対戦成績(3-2で日本が勝利)、カザフスタンはチャイニーズタイペイとの対戦成績(0-3でカザフスタンが敗戦)を持ち越している。

【第1セットのスタメン】
鈴木 祐貴 11
ウィングスパイカー
鈴木 祐貴
SUZUKI, Yuki
  1. 東海大学2年
  2. 1997-05-29
  3. 201cm/85kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

序盤、鈴木祐貴のサイドからの打点の高いスパイク、大竹壱青のサービスエース、山崎貴矢のクイックが連続して決まり、8-3と日本のリードでテクニカルタイムアウト。その後は、セッター・大宅真樹がカザフスタンの長身選手のスパイクを仕留め、ミドルブロッカーの小野寺太志とともにブロックポイントを連取した。ウィングスパイカーの勝岡将斗もオポジット(セッター対角に位置する攻撃専門のポジション)に入る相手エースをブロックし、リードを広げた。終盤には山崎のブロックも決まり、最後は大竹が力強いスパイクで相手ディフェンスを打ち破り、25-17で先取した。

第2セット

このセットは本大会好調の大竹のブロックでスタート。その大竹が序盤はアタック決定率100%を保ちチームを牽引。続いて大宅のブロック、勝岡の切れ味のいいスパイクで3連続得点を挙げるなど、日本のペースで試合が進み16-10で2度目のテクニカルタイムアウトを迎えた。その後、セッター・金子聖輝がコートに送り出されると、金子は起用に応えるべく相手レシーブ陣を乱し、さらにサービスエースを決めて20-14と点差を広げた。最後は小野寺のクイックが決まり、25-17でセットを連取した。 

第3セット

このセットは第1、2セットと同じスターティングメンバーでスタート。序盤は、小野寺の縦のクイックが決まり、リベロ・川口太一が好レシーブを連発したものの、8-7と均衡した。中盤、大竹のライトからのクロススパイクなどが炸裂し、11-9と日本がリードしたところでカザフスタンベンチが堪らずタイムアウトを要求したが、その後も鈴木が相手エースをブロックすると、大竹のバックアタックも決まり16-13で日本がリードを保った。終盤に入ると相手のトスミスなどにも助けられ加点し、自陣のボールを拾いまくる日本らしい全員バレーでブレイクポイント(自チームがサーブ権を持つときの連続得点)を奪取。19-15から4連続得点を挙げた。最後は相手の連続ミスにより25-17、順位決定予備戦初戦を勝利した。

【日本の次戦】

現地時間: 5月5日(金・祝) 17:30~(日本時間22:00~)

ラウンド: 順位決定予備戦(1-8位)F組

対戦相手: チャイニーズタイペイ(1次リーグ戦B組1位)

ページの先頭へ

5月2日 日本×タイ 1次リーグ戦
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
2勝
3 30 20 25 22 15
タイ
1敗
2 28 25 19 25 8
【第1セットのスタメン】
鈴木 祐貴 11
ウィングスパイカー
鈴木 祐貴
SUZUKI, Yuki
  1. 東海大学2年
  2. 1997-05-29
  3. 201cm/85kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

序盤、大竹壱青のブロックやスパイクが連続して決まり、8-6と日本のリードでテクニカルタイムアウト。その後はタイの身長2mを超えるウィングスパイカー・カンタパットとミドルブロッカー・キチポンを軸に打点の高いスパイクを放たれ、一進一退の攻防が続いた。2度目のテクニカルタイムアウトは15-16でタイがリード、さらにサウスポーエースのプシットに強打を決められ15-19とリードを許した。そこで気を吐いた勝岡将斗と大竹が強弱をつけた攻撃を決め、22-20と逆転したが、サービスエースとカンタパットのスパイクにやられ、22-24でタイにセットポイントを握られる。それでも大竹の思い切りのよいスパイクで相手の3枚ブロックをかわし、24-24のデュースに持ち込むと、高いブロックに阻まれ3度セットポイントを取られながらも、勝岡が要所でスパイクを決めて29-28と逆転に成功。最後は相手のスパイクミスで、30-28で第1セットを制した。

第2セット

序盤は緊張の糸が切れたかのように2-8でタイペースの試合展開となった。徳永文利監督が2度のタイムアウトを要求したものの、7-16でテクニカルタイムアウトとなり、タイ先行の状況は変わらない。終盤、樋口裕希のスパイク、サービスエースで3連続得点があったものの、序盤の大差が響き20-25でタイに第2セットを取られた。

第3セット

第1セットと同様に鈴木祐貴をスタートに起用。タイにもミスが目立ち、互いにけん制し合うスタートとなった。大竹のバックライトからのパワフルなスパイクと勝岡の巧みなスパイクで8-6とリードを奪うと、その後も第2セットの展開とは逆転し、終始日本がリードした。鈴木の高い打点からのスパイクやセッター・大宅真樹の連続ブロック、ダイレクトスパイクで18-13とリード。終盤には山崎貴矢をおとりにした勝岡の効果的な時間差攻撃、さらにキャプテン・小野寺太志のクイックも炸裂し、25-19で第3セットを奪取した。

第4セット

序盤は、勝岡の変幻自在のスパイクが決まり、9-5で日本ペースでの試合展開となった。中盤に差しかかるところで、スパイクミスで3連続失点、12-11とタイに追い上げられる。その後は小野寺のクイックと山崎のブロックで19-16とリードを保ったが、サーブミスとスパイクミスが続いた後、相手エースに決められ19-19の同点に追い付かれた。日本はタイムアウトを要求するも、その直後にサーブレシーブの乱れから連続失点し、19-22と逆転を許した。終盤には身長2m超の2人にクイックとサイドからのスパイクを決められ、22-25で第4セットを落とした。

第5セット

サーブで相手レシーブ陣を崩すと、大竹のバックライトから強烈なスパイクと勝岡の切れのいいスパイクで連続得点を挙げた。6-3と日本がリードした場面で、ネット際のボールを身長2m超のキチボンと182cmの勝岡が競り合い軍配は勝岡に。さらに長いラリーを大竹のスパイクで制し、8-4と日本のリードでチェンジコートとなる。後半は、鈴木に代わり樋口がピンチサーバーで起用されると、いきなりサービスエースを決めてその後も立て続けに相手レシーブ陣を乱した。最後に勝岡の小気味よいスパイクと大竹の安定したパワフルなスパイクが決まり、15-8でこのセットを制した。

【日本の次戦】

現地時間: 5月4日(木・祝) 17:30~(日本時間22:00~) ※変更の場合あり

ラウンド: 順位決定予備戦(1-8位)F組

対戦相手: 1次リーグ戦B組2位

【1次リーグ戦D組順位表(5月2日終了時点)】

1位: 日本(2勝0敗) ※D組1位通過が決定

2位: タイ(0勝1敗、勝点1)

3位: スリランカ(0勝1敗、勝点0)

ページの先頭へ

5月1日 日本×スリランカ 1次リーグ戦
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
1勝
3 25 25 25 - -
スリランカ
1敗
0 14 17 13 - -
【第1セットのスタメン】
樋口 裕希 7
ミドルブロッカー
樋口 裕希
HIGUCHI, Yuki
  1. 筑波大学3年
  2. 1996-04-27
  3. 191cm/74kg
大竹 壱青 5
ウィングスパイカー
大竹 壱青
OTAKE, Issei
  1. 中央大学4年
  2. 1995-12-03
  3. 201cm/100kg
小野寺 太志 6
ミドルブロッカー
小野寺 太志
ONODERA, Taishi
  1. 東海大学4年
  2. 1996-02-27
  3. 201cm/98kg
山崎 貴矢 1
ミドルブロッカー
山崎 貴矢
YAMAZAKI, Takaya
  1. 早稲田大学4年
  2. 1995-04-11
  3. 192cm/93kg
大宅 真樹 2
セッター
大宅 真樹
OYA, Masaki
  1. 東亜大学4年
  2. 1995-04-23
  3. 178cm/70kg
勝岡 将斗 8
ウィングスパイカー
勝岡 将斗
KATSUOKA, Masato
  1. 大阪産業大学
    3年
  2. 1996-07-03
  3. 182cm/72kg
川口 太一 3
リベロ
川口 太一
KAWAGUCHI, Taichi
  1. 豊田合成
    トレフェルサ
  2. 1995-04-27
  3. 173cm/64kg

【戦評】

第1セット

最初のゲームでお互いに堅さが目立ち、自らの失点などもあり8-7まで均衡を保ちながらのゲームスタートとなった。8点を先に取った日本は、キャプテン・小野寺太志のブロックやクイックが立て続けに決まり、5連続得点を挙げ13-7とリードした。その後も相手の強打をリベロ・川口太一がディグ(スパイクレシーブ)で拾い、ライトから小気味よいスパイクを勝岡将斗が放った。レフトからは樋口裕希が、相手布陣をよく見てフェイントアタックでラリーを制するなど、16-9で2度目のテクニカルタイムアウトとなった。その後、山崎貴矢のブロックで相手エースを仕留めると、最後は勝岡のレフトからのスパイクで、25-14で第1セットを先取した。

第2セット

日本の勢いは衰えず、大竹壱青のライトからの力強いスパイクが決まり、また小柄ながらも試合巧者の勝岡がブロック、スパイクで得点を重ね、16-11と点差を広げた。その後は小野寺のクイックを絡め、樋口、勝岡がバックセンターからのパイプ攻撃を仕掛けるなど、セッター・大宅真樹を軸としたコンビネーションバレーを展開した。セット後半はスリランカにミスが続き、最後はライトからの大竹のスパイクが炸裂、25-17で第2セットを連取した。

第3セット

序盤は日本ペースで試合が進み、小野寺のクイック、ウィングスパイカーの大竹、樋口、勝岡のスパイク、山崎のブロックなどが立て続けに決まり、11-5と大きくリード。その後、スリランカに遅延行為が2回あり、日本に1点が加算され21-10と大差がついた。日本はセッター・金子聖輝、ウィングスパイカーの荻原泰と高梨健太をコートに送り出すと、中盤には途中交代したサウスポーミドルブロッカーの佐藤謙次も若さ溢れるプレーで小気味よいクイックを決め活躍した。最後は相手エースのスパイクミスで25-13。セットカウント3-0のストレート勝ちで幸先よいスタ-トを切った。

【日本の次戦】

現地時間: 5月2日(火) 12:30~(日本時間17:00~)

ラウンド: 1次リーグ戦 D組

対戦相手: タイ

 

ページの先頭へ