HOMEトピックスイランに敗れ順位決定予備戦(1-8位)F組を2位で通過 第10回アジアユース男子選手権大会(U-18)

トピックス

イランに敗れ順位決定予備戦(1-8位)F組を2位で通過 第10回アジアユース男子選手権大会(U-18)

2014.09.11

2f78d3e5926135ddbb43cea7d4c32ac4.png

 

 「第10回アジアユース男子選手権大会(U-18)」は9月10日(水)、コロンボ(スリランカ)で大会6日目を行い、日本は順位決定予備戦(1-8位)F組でイランと対戦しました。日本は強力なサーブと高さを生かしたブロックが特徴のイランに劣勢を強いられ、ストレート(19-25、16-25、17-25)で敗れました。

 

 第1セット、前半はミドルブロッカーの佐藤謙次選手(県立弘前工業高校3年)や小山貴稀選手(尼崎市立尼崎高校2年)のクイックなどで応戦しますが、イランのサーブの調子が上向くと、思うような攻撃ができず19-25でセットを落とします。第2セット、序盤は近江芳樹選手(駿台学園高校2年)がスパイク、ブロックに活躍し、13-13の同点としますが、イランに巧みなサーブなどを決められ8連続失点し、16-25でセットを失います。第3セット、前セットに続きイランのサーブに苦戦した日本は5-11とイランにリードを許します。選手交代などでイランに傾いた流れを切りたい日本でしたが、17-25で第3セットを落としました。

 

 日本は、順位予備決定戦(1―8位)F組2位でクウォーターファイナルラウンド(1―8位)へ進みました。次戦は日本時間11日(木)21:30より、開催国・スリランカと対戦します。本大会の最終成績上位4チームに、来年2015年に開催される「第14回世界ユース男子選手権大会(U-19)」の出場権が与えられるため、この試合に勝利すれば日本は同大会への出場権を獲得します。引き続き、全日本ユース男子チームの活躍にご期待ください!

 

○第10回アジアユース男子バレーボール選手権大会(U-18) 順位決定予備戦(1-8位) 最終順位表

【E組】

1位:チャイニーズタイペイ(3勝0敗)

2位:中国(2勝1敗)

3位:スリランカ(1勝2敗)

4位:オーストラリア(0勝3敗)

 

【F組】

1位:イラン(3勝0敗)

2位:日本(2勝1敗)

3位:韓国(1勝2敗)

4位:インド(0勝3敗)

関連リンク

写真