HOMEトピックス年間チャンピオンの栄光はどのチームの手に?! ジャパンビーチバレーボールツアー2016ファイナル グランフロント大阪大会が開幕

トピックス

年間チャンピオンの栄光はどのチームの手に?! ジャパンビーチバレーボールツアー2016ファイナル グランフロント大阪大会が開幕

2016.10.01

2016.10.01-2-2.jpg

 

 ビーチバレーボールの国内ツアー「ジャパンビーチバレーボールツアー2016」の年間チャンピオンを決める戦い、「ジャパンビーチバレーボールツアー2016ファイナル グランフロント大阪大会」が10月1日(土)、大阪府大阪市のグランフロント大阪うめきた広場と毛馬桜之宮公園 大阪ふれあいの水辺にて開幕しました。

 

 本日からの2日間、熱戦が展開される「ファイナル グランフロント大阪大会」は、今年5月から全国各地で開催された本ツアーで好成績を収めた男女それぞれ上位8チームが出場。大会初日の1日(土)に行われたプール戦では、出場8チームが4チームずつの2プールに分かれて1回戦総当り戦を行い、各プールの上位2チームが明日2日(日)の準決勝に進出します。

 

 女子のプールAは、石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組が負けなしの3勝、鈴木千代(クロス・ヘッド株式会社)/石坪聖野(産業能率大学)組が次いで2勝1敗となり、準決勝進出を決めました。プールBは西堀健実(トヨタ自動車)/溝江明香(トヨタ自動車)組が3戦全勝、草野歩(日本体育大学)/長谷川暁子(フリー)組は2勝1敗となり、ベスト4進出です。

 

 男子のプールAは長谷川徳海(フリー)/高橋巧(了徳寺大学[教員])組が3勝、上場雄也(松戸レガロ)/永井雄太(松戸レガロ)組が2勝1敗で通過。プールBは白鳥勝浩(トヨタ自動車)/庄司憲右(愛媛県競技力向上対策本部)組が3勝、畑辺純希(株式会社ウィンコーポレーション)/井上真弥(SANDS)組が2勝1敗で準決勝通過を決めました。

 

ファイナル グランフロント大阪大会 準決勝対戦カード

男子

11:30 長谷川徳海(フリー)/高橋巧(了徳寺大学[教員])組

            ×

            畑辺純希(株式会社ウィンコーポレーション)/井上真弥(SANDS)組

12:30 上場雄也(松戸レガロ)/永井雄太(松戸レガロ)組

            ×

            白鳥勝浩(トヨタ自動車)/庄司憲右(愛媛県競技力向上対策本部)組

 

女子

9:00 石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組

          ×

          草野歩(日本体育大学)/長谷川暁子(フリー)組

10:00 鈴木千代(クロス・ヘッド株式会社)/石坪聖野(産業能率大学)組

            ×

            西堀健実(トヨタ自動車)/溝江明香(トヨタ自動車)組

 

 2014年から3年連続でビーチバレーボールの大会が開催されてきたグランフロント大阪大会。JR大阪駅、地下鉄御堂筋線梅田駅などから好アクセスの大阪の中心地で、2015年大会は2日間でおよそ20,000人を動員しました。

 

 大会最終日となる2日(日)は男女準決勝、決勝戦が行われ、本大会の年間チャンピオンが決定します。本大会は入場料無料ですので、お近くにお住いの方はぜひ会場に足をお運びいただき、選手たちの白熱したプレーをご観戦ください!

関連リンク

男女1日目試合結果(PDF)

男女プール戦順位表(PDF)

大会概要

競技日程

写真