HOMEトピックスFIVBビーチバレーボールワールドツアー2017 フォート・ローダデイル大会 日本勢は予選敗退

トピックス

FIVBビーチバレーボールワールドツアー2017 フォート・ローダデイル大会 日本勢は予選敗退

2017.02.08

2017.02.07-futami.jpg

 国際バレーボール連盟(FIVB)が主催するビーチバレーボール主要国際大会「FIVBビーチバレーボールワールドツアー2017」のフォート・ローダデイル大会が、2月7日(火)よりアメリカ・フロリダのフォート・ローダデイルにて開催されています。

 

 本大会に日本からは村上めぐみ(株式会社オーイング)/宮川紗麻亜(株式会社オーイング)組、溝江明香(トヨタ自動車)/橋本涼加(トヨタ自動車)組、鈴木千代(クロス・ヘッド株式会社)/藤井桜子(株式会社市進ホールディングス)組、長谷川暁子(フリー)/二見梓(東レエンジニアリング株式会社)組の女子4チームが予選から出場。予選には24チームが出場し、2回勝ち抜けで本戦の出場権が与えられますが、日本勢はいずれも予選で敗れ、本戦出場とはなりませんでした。

 

 予選1回戦、日本勢で最初に登場したのは鈴木/藤井組。地元・アメリカのDicello/Stockman組と対戦し、セットカウント1-2(13-21、21-17、13-15)のフルセットで敗れました。また、溝江/橋本組はセルビアのMatic/Milosevic組と対戦し、第1セットがデュースとなる熱戦を展開しましたが、フルセット(24-22、17-21、9-15)で敗退となりました。

 

 村上/宮川組はカナダのLapointe/Nagy組と予選1回戦を戦い、セットカウント2-0(21-14、21-18)のストレートで勝利。同2回戦に駒を進めましたが、地元・アメリカのHochevar/Day組にストレート(15-21、9-21)で敗戦。また、長谷川/二見組はフルセット(21-17、20-22、15-13)の末にフランスのJupiter/Lusson組を撃破。勢いに乗りたいところでしたが、続く2回戦ではオランダのvan Iersel/Flier組にストレート(18-21、13-21)で敗れました。

 

2017.02.07-hashimoto.jpg

 2020年東京オリンピックに向けたシーズンはスタートしたばかり。引き続き、日本のビーチバレーボールプレーヤー、各チームへのご声援をよろしくお願いします。また、フォート・ローダデイル大会に出場した橋本選手(元・デンソーエアリービーズ)、二見選手(元・東レアローズ)を筆頭に、今シーズンよりビーチバレーボール選手としての活動を本格的にスタートさせる選手たちにも、ぜひご注目ください。

 

写真提供:FIVB

関連リンク

大会概要

試合結果

写真