HOMEトピックス東レアローズが8シーズンぶりの優勝、天皇杯との2冠を達成! 2016/17 V・プレミアリーグ男子ファイナル

トピックス

東レアローズが8シーズンぶりの優勝、天皇杯との2冠を達成! 2016/17 V・プレミアリーグ男子ファイナル

2017.03.19

2017.03.19-1-top.jpg

 2016/17 V・プレミアリーグの男子ファイナル2日目が3月19日(日)、東京体育館(東京都渋谷区)にて行われ、昨日のファイナル1試合目で勝利した東レアローズ(以下、東レ)が豊田合成トレフェルサ(以下、豊田合成)をセットカウント3-1(25-20、23-25、25-16、25-23)で下して、8シーズンぶり3回目の優勝を果たしました!

 

 今シーズンよりV・プレミアリーグのファイナルは「2試合制」に移行。男女ともに2日間にわたって2試合を戦い、その勝敗数で優勝チームを決定します。勝敗数が1勝1敗の5分となった場合は、第2試合終了後に25点制の「ゴールデンセット」を行い、順位を決定します。昨日のファイナル1試合目は東レが勝利したため、今日の試合は東レが勝てば2勝目となり優勝が決まり、豊田合成が勝てばゴールデンセットで決着となります。

 

 第1セット、立ち上がりはサイドアウトの奪い合いとなりますが、李博選手のブロック、クイックなどで東レが抜け出すと、鈴木悠二選手のサーブを起点に3連続得点で15-10。終盤には豊田合成の猛追をかわし25-20で第1セットを先取します。第2セット、先にセットを失った豊田合成がイゴール・オムルチェン選手を中心にポイントを奪うと、東レもニコラ・ジョルジェフ選手らが応戦し接戦になります。終盤に抜け出したのは豊田合成。オムルチェン選手のスパイクと高松卓矢選手のブロックポイントが決まり、25-23で東レを振り切ります。第3セット、東レが米山裕太選手の連続サービスエースで12-6とリードすると、富松崇彰選手のクイックやジョルジェフ選手のスパイクが決まり21-15で終盤へ。さらに藤井直伸選手のブロックも飛び出し25-16で優勝に王手をかけます。運命の第4セット、オムルチェン選手を中心に攻勢をかける豊田合成が14-8とリードを奪いますが、ジョルジェフ選手のスパイクなどで15-17とじわじわと追い上げると、米山選手のスパイク、李選手のクイックで20-19と逆転。最後は富松選手が立て続けに決めて、25-23で栄冠を勝ち取りました。

 

◆東レアローズ 小林敦監督

「今リーグは非常に厳しい道のりだったが、最高のメンバーが最高の仕事をしてくれた。選手それぞれが『克己心』を持ち様々な課題を克服してきたからこその結果だったと思う。さらに進化したチームになるべく準備を進めていきたい」

 

◆豊田合成トレフェルサ クリスティアンソン・アンディッシュ監督

「選手、スタッフはすべてを出してくれた。チーム全員に感謝しかない。私にとって豊田合成はベストなチームだった。本当にありがとう」

 

 試合終了後に行われた表彰式では、優勝した東レアローズにブランデージトロフィーが授与されました。なお、個人賞ほか各賞の発表と表彰は24日(金)に行われる「2016/17 V.LEAGUE AWARD」にて行われます。

 

 今シーズンもV・プレミアリーグ男子、V・チャレンジリーグ男子へのたくさんのご声援、ありがとうございました。2016/17シーズンのVリーグは終了しましたが、来週25日(土)、26日(日)には「Vリーグオールスターゲーム」が深谷市総合体育館(埼玉県深谷市)にて、5月には「第66回黒鷲旗全日本男女選抜大会」が大阪市中央体育館(大阪府大阪市)にて開催されます。引き続き、Vリーグ各チームへのご声援をお願いします!

関連リンク

Vリーグオールスターゲーム特設サイト

第66回黒鷲旗全日本男女選抜大会

写真