HOMEトピックスFIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ 前日監督会見を開催

トピックス

FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ 前日監督会見を開催

2017.05.08

2017.05.08-3-top.jpg

 「FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会 サロンパスカップ」」(以下、女子世界クラブ2017)の開幕を翌日に控えた5月8日(月)、神戸市内のホテルに出場8チームの監督が一堂に会して、記者会見が行われました。

 

 久光製薬スプリングスの酒井新悟監督、NECレッドロケッツの山田晃豊監督らが出席し、神戸総合運動公園グリーンアリーナ神戸(兵庫県)で5日間にわたって開催される女子世界クラブ2017への意気込みを語りました。

 

◆ディナモ・モスクワ(ロシア) ユーリー・パンチェンコ監督

どのチームもたいへん強く、厳しい大会になることが予想されます。メンバーも代表級を多く抱えています。大会もすばらしいものになると思います。

 

◆ワクフバンク・イスタンブール(トルコ) ジョバンニ・グイデッティ監督

日本はバレーを愛するファンが多い国で、そこでプレーできることを幸せに思います。この大会は私にとっては初めての参加になります。今回も最高峰のレベルの大会になると思います。それは、この大会が各国リーグのシーズンの終わりに開かれるからです。1シーズン過ごしたチームが全力でぶつかることを楽しみにしています。

 

◆ネスレ・オザスコ(ブラジル) ルイゾマル・デモウラ監督

とても重要な大会と位置づけています。チームにとっては6回目の出場です。まずは準決勝を目指してベストを尽くしていきます。全チームともレベルが高いですが、最後まで戦っていきます。

 

◆NECレッドロケッツ 山田晃豊監督

すばらしいコーチやチームのハイレベルな大会で、初参加を光栄に思っています。V・プレミアリーグが終わって外国人選手は帰国しましたので、この大会は日本人選手だけで戦いますが、挑戦者としてベストを尽くしたいと思っています。

 

◆久光製薬スプリングス 酒井新悟監督

世界の強豪チームと対戦することをチームも私も楽しみにしています。V・プレミアリーグが終わってから、この大会に向けて、世界の高さとパワーに対抗すべくサーブとディフェンスを強化してまいりました。そこから久光の持ち味、「速いバレー」で勝負したいと思っています。久光製薬がメインスポンサーで(大会の冠についている)「サロンパス」という名前が世界に浸透しているのと同様、久光のバレーが世界で通用することを証明したいと思っています。また、神戸は久光製薬のホームタウンでもありますので、表彰台も狙っていきたいです。

 

◆ レクソナ(ブラジル) ベルナルド・レゼンデ監督(リオオリンピックブラジル男子金メダル監督)

(日本語で)こんばんは。(英語で)37年前に初めて来日して、それ以来の友人にも今回再会できました。ロシアのユーリー(・パンチェンコ)監督にも会えました。日本に来られたということだけでなく、サロンパスカップに日本で参加できることをうれしく思います。ブラジルでもこの大会が開かれたことがあるんです。この大会では、さまざまなクラブがどういうバレーをするのか楽しみにしています。レクソナは外国籍の選手は少なくブラジルの選手が多いのですが、今回の大会で成功をおさめたいと思います。ただ、成功というのは他のチームと比較することではなく、自分たちがいかに成長できるか、それが成長の尺度だと思います。前回大会は9カ月前に開催されたばかりで、前回より上をめざし、準決勝に進むことができればと思います。

 

◆ボレロ・チューリヒ(スイス) ゾラン・テルジッチ監督

年々大会のレベルが上がっていて、今大会は史上最も勝つことが難しい大会になると思います。ボレロにとっても私にとっても参加することは光栄です。目標はすべての試合で勝ちたいと思います。

 

◆エジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ) マッシモ・バルボリーニ監督(前回覇者)

日本はバレーボールの聖地だと考えています。そこでプレーできることを光栄に思います。世界中のあらゆるスタイルのバレーボールをするチーム、ベストのチームが集まっていることを、興味深く思っています。毎日、決勝のつもりで戦っていきたいと思います。

 

 

 女子世界クラブ2017は、各国のナショナルチームの主力選手が多数出場することも見どころのひとつです。2016年リオデジャネイロオリンピックでブラジル男子代表を金メダルに導いたベルナルド・レゼンデ監督(レクソナ)やセルビア女子代表に銀メダルをもたらしたゾラン・テルジッチ監督(ボレロ・チューリヒ)といった、ナショナルチームの監督としても数々の功績を残す名将たちが競演する大会でもあります。各監督の指揮のもと、スタープレイヤーが躍動する姿を、お見逃しなく。

 

 この大会のチケットは、チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)ほか各種プレイガイドにて発売中です。また、BS日テレとサンテレビではハイライトや一部試合を放送します。

関連リンク

競技日程

チケット情報

テレビ放送予定

久光製薬・NEC出場選手14名(Vリーグ機構ウェブサイト)

写真