HOMEトピックスジャパンビーチバレーボールツアー2017 第4戦 行橋大会が開幕

トピックス

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第4戦 行橋大会が開幕

2017.07.16

IMG_7405.JPG

 ビーチバレーボールの国内ツアーである「ジャパンビーチバレーボールツアー2017第4戦 行橋大会」第1日目が7月16日(日)、長井浜ビーチバレーボールコート(福岡県行橋市)にて開催されました。

 

 昨年に続き、猛暑に見舞われた行橋大会。ツアー会場の隣のコートでは、全国大会の予選となる福岡県ビーチバレーボール高校選手権が同時開催されていました。

 第1日目は朝9時から男女予選とプール戦が行われました。プール戦は各3チームずつに分かれて男女合計12チームが出場。

 めまぐるしく風向きが変わる中、最終日に進出するベスト4チームを決める戦いが繰り広げられました。

 

 今大会の注目は、メキシコからやってきてワイルドカードでエントリーした男女チームです。

 2020年東京五輪に向けて行橋市が、メキシコのビーチバレーボールチームのキャンプ地として決定。本日16日には、行橋市とメキシコバレーボール協会の調印式が行われました。

 

IMG_7444.JPG

 身長180cmを超える大型ペアのメキシコ女子チームは、松村美由紀(ビーチの女王)/石田アンジェラ(フリー)組、田中麻衣(全日本空輸株式会社)/鈴木悠佳子(湘南ベルマーレ)組に2敗。残念ながら予選敗退となりました。

 

 一方のメキシコ男子チームは、二宮大和(松戸レガロ・BGW)/田端久貴(湘南太郎)組、土屋宝士(株式会社オーイング)/井上真弥(sands)組に2勝。サーブ、強打の馬力だけではなく、パスのクオリティも高い世界基準の強さを発揮。

 決勝トーナメント進出を決めて、明日17日準決勝は、現時点での国内王者である白鳥勝浩(トヨタ自動車株式会社)/高橋巧(了徳寺大学教員)組と対戦します。

 また、畑辺純希(株式会社ウィンコーポレーション)/村上斉(株式会社ADI.G)組、長谷川徳海(愛媛競技力向上対策本部)/庄司憲右(愛媛競技力向上対策本部)組が、決勝トーナメント進出を決めました。

 

 女子ベスト4チームは、西堀健実(トヨタ自動車株式会社)/草野歩(日本体育大学)組、長谷川暁子/二見梓(東レエンジニアリング株式会社)組、鈴木千代(クロス・ヘッド株式会社)/浦田景子(フリー)組、田中/鈴木組の4チームでした。

 

 本大会最終日となる17日(月・祝)には、決勝トーナメント戦が行われ、準決勝、決勝戦を行い、第4戦のチャンピオンが決定します。激戦を勝ち抜いた男女ベスト4チームの戦いにぜひご注目ください。

関連リンク

男子 試合結果(PDF)

女子 試合結果(PDF)

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 大会概要

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第4戦 行橋大会 大会競技日程

写真