HOMEトピックス石井美樹/村上めぐみ組がFIVBビーチバレーボールワールドツアー2017大邱女子大会で優勝

トピックス

石井美樹/村上めぐみ組がFIVBビーチバレーボールワールドツアー2017大邱女子大会で優勝

2017.07.17

2017.07.17-1-top.jpg

 「FIVBビーチバレーボールワールドツアー2017大邱女子大会」が7月15日(土)、16日(日)に韓国の大邱(テグ)にて開催され、日本の石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組が優勝しました。

 

 ビーチバレーボールワールドツアーで「☆1(ワンスター)」に位置付けられている大邱女子大会には16チームが出場。負けたら敗退のトーナメント方式で順位を決定しました。

 

 全16チームの中で第1シードとして出場した石井/村上組は、トーナメント1回戦(Round of 16)で韓国のKIM Ka-yeon/KIM Hyunji組、準々決勝でニュージランドのPolley/Wills組、準決勝でチェコのValkova/Zolnercikova組を次々と撃破。決勝戦はタイのトップチームで幾度となく日本勢の前に立ちはだかってきたRadarong/Udomchavee組とのアジア対決となります。第1セットを21-14で先取したものの第2セットは15-21で落とし、勝負は最終セットへ。終盤までリードを許しますが勝負所で得点し逆転。デュースに持ち込まれても粘り強いプレーを発揮して17-15で競り勝ちました。

 

2017.07.16-2.jpg

 なお、石井/村上組とともに溝江明香(トヨタ自動車)/橋本涼香(トヨタ自動車)組が今大会に出場し、9位タイの成績を残しています。

 

 決勝戦最終セットの映像を国際バレーボール連盟の公式Youtubeチャンネルにて視聴することができます。以下のリンクからアクセスしてください。

 

写真提供:FIVB

関連リンク

大邱女子大会決勝戦(ウォーミングアップ~第2セット中盤)

大邱女子大会決勝戦(第3セット序盤~試合終了・表彰式)

写真