HOMEトピックスジャパンビーチバレーボールツアー2017第5戦大洗大会が開幕

トピックス

ジャパンビーチバレーボールツアー2017第5戦大洗大会が開幕

2017.07.29

IMG_8258.JPG

 ビーチバレーボールの国内ツアー「ジャパンビーチバレーボールツアー」の「ジャパンビーチバレーボールツアー2017第5戦大洗大会」第1日日が7月29日(土)、茨城県東茨城郡大洗町・大洗サンビーチにて開催されました。

 

 大洗大会は、日本バレーボール協会が国内ツアーを主催するようになった2014年から4年連続で開催されてきました。今年大洗サンビーチの海岸が整備されたことで、大会会場も駐車場や海水浴場から近くになりました。同時開催されている『大洗ビーチバレー大会』の参加者も観戦に訪れるなど、初日から盛り上がりを見せました。

 

 今大会、盛り上がりに華を添えたのは、今シーズンツアー初出場となるベテランの西村晃一(WINDS)とアメリカからやってきたパートナー/Jeremy Casebeer(WINDS)の組です。

 

 ワイルドカードを獲得し予選を勝ち上がった西村/ Casebeer組は、プールBにて前回大会3位の長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)/庄司憲右(愛媛県競技力向上対策本部)組らに勝利、明日30日(日)の準決勝進出を決めました。

 

IMG_8263.JPG

 身長196cm、日本では拝めない鋭い角度からのジャンプサーブや覆いかぶさるようなブロックを見せつけたCasebeer選手は、アメリカのプロツアーのトップで活躍する選手です。パートナーの西村選手とは一昨年にアメリカのプロツアーでペアを組んだ経験があり、2年ぶりのペア復活。また、西村選手自身も昨年10月に右肩を手術し、少しずつリハビリを重ね、シーズン中盤に合わせてトレーニングを行ってきました。

「自分自身もずっと休んでいたし、まだJeremyも日本の選手の特徴がわからないので、チームとしては手探り状態。最終的にはファイナル大会に出場してまたこのペアでアメリカのプロツアーに出場して勝つことが目標」と西村選手は、意気込みを語りました。

 

 その他準決勝進出を決めた男子チームは、白鳥勝浩(トヨタ自動車)/高橋巧(了徳寺大学教員)組、清水啓輔(社会福法人ひまわり福祉会)/佐藤亮太(KBSC)組、小野寺将克(松戸レガロ/サン調剤薬局グループ 青森)/上場雄也(松戸レガロ)組となりました。

 

 

 女子は、各プール戦を終えて勝ち上がった女子チームは、石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組、楠原千秋(伊予市役所)/村上礼華(松山東雲女子大学)組、西堀健実(トヨタ自動車株式会社)/草野歩(日本体育大学)組、溝江明香(トヨタ自動車)/橋本涼加(トヨタ自動車)組の4チームでした。

 

 中でも、今シーズン初めてベスト4進出を決めたのは、溝江/橋本組。伊予大会、南あわじ大会ではプール戦の壁を破ることはできませんでしたが、最終日の切符をつかむことができました。

 

IMG_8308.JPG

 ビーチ転向1年目の橋本選手は、「試合の中でセオリーどおりにいかないと臨機応変に対応できない自分がいて迷うこともあった。今大会は自分がやってきたインドアの感覚を生かしてプレーしたら、たくさんブロックポイントが出た。勝ったことで、大きな自信になった」と収穫を語りました。

 

 本大会最終日となる30日(日)には、決勝トーナメント戦が行われ、準決勝、決勝戦を行い、第5戦のチャンピオンが決定します。激戦を勝ち抜いた男女ベスト4チームの戦いにぜひご注目ください。 

関連リンク

男子 試合結果(PDF)

女子 試合結果(PDF)

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 大会概要

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第5戦 大洗大会 大会競技日程

写真