HOMEトピックスジャパンビーチバレーボールツアー2017 第8戦 東京大会が開幕

トピックス

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第8戦 東京大会が開幕

2017.09.02

21298850_1502760469818209_2001226531_o.jpg

 

 ビーチバレーボールの国内ツアーである「ジャパンビーチバレーボールツアー2017第8戦東京大会」第1日目が9月2日(土)、東京都大田区・大森東水辺公園スポーツ広場ビーチバレー場にて開催されました。

台風の影響を受けて雨に見舞われた第1日目は朝9時から男女第1ラウンド(1回戦)、第2ラウンド(2回戦)のシングルトーナメントが行われました。

 

jbt_logo.jpg

 

 今大会、男子で初の準決勝進出を決めたのは、長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)/池田隼平(フリー)組でした。池田選手は、大会前に負傷した越川優選手(ホリプロ)の代役として出場。長谷川/池田組は、第1ラウンドで小川将司(株式会社ポピンズ)/濱口康司(社会福祉法人砥部町社会福祉協議会)組と対戦し、ストレートで勝利。続く第2ラウンドでは清水啓輔(社会福祉法人ひまわり福祉会)/佐藤亮太(KBSC)組を一蹴し、堂々のベスト4入りを果たしました。

 

21362403_1502760466484876_795380305_o.jpg

 

 今年2月から株式会社フォ―バルを退社し、ビーチバレーボールに本格的に転向した池田選手は、鎮西高校時代から柳田将洋選手(サントリーサンバーズ)、山田脩造(豊田合成トレフェルサ)とともに注目されていた選手でした。しかし、法政大学3年のとき、「ケガもしてしまってバレーボールは大学でやめようと思っていた。けれども、偶然お台場でツアーを観戦したときに『バレーボールのすべてがうまくなりたい』と思って初めてビーチバレーボールをやりたいと思った」と池田選手。今年からアルバイトを兼用しながら練習をこなし、強化指定候補選手としてアメリカ・ロサンゼルスで越川優選手、石島雄介選手(トヨタ自動車)とともに強化合宿を行いました。

 

 池田選手は、「ベスト4に入れて素直にうれしい。長谷川さんからブロックの位置取り、タイミングを細部に指示してくれた。最初は緊張していたけど、2試合目は落ち着いてプレーできた」と勝利の喜びを語りました。

 

21284608_1502760446484878_929940947_o.jpg

 

 男子のベスト4は、長谷川/池田組に加えて白鳥勝浩(トヨタ自動車)/高橋巧(了徳寺大学教員)組、畑辺純希(株式会社ウィンコーポレーション)/村上斉(株式会社ADI.G)組は小野寺将克(松戸レガロ/サン調剤薬局グループ 青森)/上場雄也(松戸レガロ)組。

女子のベスト4は長谷川暁子(愛媛競技力向上対策本部)/二見梓(東レエンジニアリング株式会社)組、西堀健実(トヨタ自動車)/草野歩(日本体育大学)組、石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組、永田唯(スポーツクラブNAS株式会社)/熊田美愛(フリー)組となりました。

 

21299043_1502760286484894_283369260_o.jpg

 

 明日9月3日(日)、東京大会最終日が開催されます。「ジャパンビーチバレーボールツアー2017」の熱い戦いにぜひご注目ください。

 

 

関連リンク

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第8戦 東京大会 大会概要

写真