HOMEトピックス男子は西村晃一/Jeremy Casebeer組、女子は長谷川暁子/二見梓組が優勝! ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第9戦 都城大会 第18回ビーチバレー霧島酒造オープン

トピックス

男子は西村晃一/Jeremy Casebeer組、女子は長谷川暁子/二見梓組が優勝! ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第9戦 都城大会 第18回ビーチバレー霧島酒造オープン

2017.09.24

IMG_1875.JPG

 

 「ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第9戦都城大会 第18回ビーチバレー霧島酒造オープン」最終日が9月24日(日)、宮崎県都城市・霧島ファクトリーガーデンにて開催されました。最終日は朝から雨に見舞われ、肌寒い気候の中、男女準決勝と決勝がそれぞれ行われました。

 

jbt_logo.jpg

 

 女子決勝戦は、前回大会の第8戦東京大会で優勝した石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組と、ここのところ優勝から遠ざかっていた長谷川暁子(愛媛県競技力向上対策本部)/二見梓(東レエンジニアリング株式会社)組の対戦となりました。

 

90.jpg

 

 雨足が強くなる中、始まった決勝戦。石井/村上組は水分を含んだボールを巧みに操り、幅のある攻撃を仕掛けていきます。一方の長谷川/二見組も、ネット寄りのインナーコースに強烈なスパイクを叩き込むなど、両者一歩も引かない緊迫したゲームを展開。第1セットは長谷川/二見組が、第2セットは石井/村上組がそれぞれ奪い、勝負の行方は第3セットへもつれこみました。

 

IMG_1776.JPG

 

 そんな熾烈な争いが繰り広げられる中、勝利の女神が微笑んだのは長谷川/二見組でした。「自分たちが得点を引き離しても相手がついてきたり、逆に相手に引き離されても自分たちが踏ん張れたり。お互いにメンタル勝負となったが、気持ちで負けなかった」と二見選手。石井/村上組の鋭い正確なツー攻撃を封じ込め、逆に長谷川選手が粘り強いレシーブ力を発揮し二見選手が力強いツー攻撃を決めていくなど、最終セットの勝利をたぐり寄せました。

 

IMG_1885.JPG

 

 都城大会3連覇を達成した長谷川選手は、「ご飯がおいしいからか、空気がいいからか、毎年たくさんの子供たちも応援にきてくれるので、自分のモチベーションが上がる大会。そのおかげで勝つことができた」と大会を振り返りました。

 

13.jpg

 

 男子の決勝戦は、準決勝で白鳥勝浩(トヨタ自動車)/高橋巧(了徳寺大教員)組に勝利し/越川優(株式会社ホリプロ)/ 長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)組と、西村晃一(WINDS)/Jeremy Casebeer(WINDS)組の対戦となりました。

 

IMG_1729.JPG

 

 第1セットは、越川/長谷川組が準決勝の勢いそのまま、越川選手の好レシーブから鮮やかに決めるなど、7-2と大きくリードを広げます。しかし、ここで来日以来、ずっと存在感を示してきたCasebeer選手は黙ってはいません。雨の中でもスピード劣らぬジャンプサーブが越川/長谷川組のリズムを崩し始め、14-14と同点。さらに越川/長谷川組のミスも響き、18-15と逆転すると第1セットを西村/Casebeer組が奪いました。第2セットも西村/Casebeer組のペースは変わりません。「新ペアを組んでから練習日数はまだ20日足らずにしては戦えてはいるけど、もっと上を目指すうえではまだまだ戦えていない」と長谷川選手。サーブの制限時間をギリギリまで使った越川選手の強烈なサーブが随所に見られましたが、越川/長谷川組はあえなくストレートで敗れました。

 

IMG_1867.JPG

 

 2003年大会から参戦し14回目の出場で初優勝をつかんだ西村選手は、「やっと優勝することができた。雨の中でも二人の調子がよければ、優勝できると思っていた。決勝で対戦した越川選手は今後が楽しみな選手だと思うので、強烈なスパイクをレシーブできるように自分もがんばっていきたい」と抱負を語りました。

 

IMG_1905.JPG

 

 第3位には、白鳥勝浩/高橋巧組、小野寺将克(松戸レガロ/サン調剤薬局グループ青森)/ 上場雄也(松戸レガロ)組、西堀健実(トヨタ自動車)/草野歩(日本体育大学)組、鈴木悠佳子(湘南ベルマーレ)/藤井桜子(市進ホールディングス)組が入りました。

 

 

■西村晃一選手

「都城が大好きなのでいつもプレーを楽しんでいたが、今大会は楽しみながら本当に勝ちたいと思った。初優勝できて最高の気分」

 

■Jeremy Casebeer選手

「すごくよい大会で楽しかった。特別協賛の霧島酒造さん、都城の方々に感謝したい。パートナーの西村選手と一緒にプレーできてよかった。次のファイナルに向けてがんばりたい」

 

■長谷川暁子選手

「前半は二見選手が狙われてよく我慢してサイドアウトを切ってくれた。後半は自分が狙われて、もう少しコンスタントに切っていきたかったという課題は残った」

 

■二見梓選手

「序盤はよくなかったときに初心に返ろうと思って、調子を持ち直すことができた。後半はトスがあまり上がらなかったけど、パートナーがフォローしてくれた」

 

 

 今大会をもって5月から開催されてきた「ジャパンビーチバレーボールツアー2017」の9戦が終了。次週はいよいよ「ファイナル」を迎えることになります。グランドフィナーレを飾る「ジャパンビーチバレーボールツアー2017」にご注目ください。

 

 

関連リンク

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第9戦 東京大会 第18回ビーチバレー霧島酒造オープン 大会概要

ジャパンビーチバレーボールツアー2017 ファイナル グランフロント大阪大会 大会概要

写真