HOMEトピックス日本初開催のAVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会が開幕

トピックス

日本初開催のAVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会が開幕

2017.10.06

2017.10.06-1-11.jpg

 「AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会」が10月6日(金)、大阪府大阪市のグランフロント大阪 うめきた広場内特設会場と毛馬桜之宮公園 大阪ふれあいの水辺で開幕しました。

 

 日本で初めての開催となるアジアツアーには男子24チーム、女子20チームが出場しており、大会1日目の本日6日(金)はプール戦を実施。日本から出場している男子4チーム、女子6チームのうち、本日は男子4チームと女子3チームがグランフロント大阪と毛馬桜之宮公園のコートに立ちました。

 

2017.10.06-1-16.jpg

 男子エントリーチームのうち、日本勢トップの第10シード・白鳥勝浩(トヨタ自動車)/高橋巧(了徳寺大学[教員])組はイランのA.Salagh/A.Mirzaali組に、第12シードの長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)/越川優(株式会社ホリプロ)組はシンガポールのShen/PJ. Poon組にそれぞれストレート勝ちをおさめ、好調な滑り出しとなりました。

 

2017.10.06-1-1.jpg

 小野寺将克(松戸レガロ/サン調剤薬局グループ 青森)/上場雄也(松戸レガロ)組はカタールのJulio/Ahmed Tijan組にセットカウント1-2で惜敗しましたが、続くサウジアラビアのHassan/Ahmed組にストレートでの勝利をおさめ、プールBでの戦いを1勝1敗で終えました。トーナメント戦に進めるかどうかは、明日7日(土)のプールB組の試合結果によって決定します。

 

2017.10.06-1-8.jpg

 一方、石島雄介(トヨタ自動車)/庄司憲右(愛媛県競技力向上対策本部)組は、オーストラリアのDurant/Schubert組にセットカウント0-2で敗戦、続くタイのK.Adisorn/J.Surin組にもセットカウント0-2のストレートで敗戦となり、プール戦E組3位での敗退が決まりました。

 

2017.10.06-1-6.jpg

 女子の溝江明香(トヨタ自動車)/橋本涼加(トヨタ自動車)組は、チャイニーズタイペイのYu, Y. H/Pan, T.Yにセットカウント2-0のストレートで勝利をおさめました。また、西堀健実(トヨタ自動車)/草野歩(株式会社パソナ)組はタイのNumwong/Hongpak組にセットカウント1-2、永田唯(スポーツクラブNAS株式会社)/熊田美愛(フリー)組はカザフスタンのMashkova/Samalikova組にセットカウント0-2でそれぞれ敗戦。明日のプール戦最終戦は予選突破のかかる1戦となります。

 

◆第1日試合結果

PDF

 

◆第2日競技日程

PDF

 

2017.10.06-1-3.jpg

 明日7日(土)も引き続きプール戦が行われ、本日6日(金)に試合がなかった女子の長谷川暁子(愛媛県競技力向上対策本部)/二見梓(東レエンジニアリング株式会社)組、石井美樹(湘南ベルマーレ)/村上めぐみ(株式会社オーイング)組、鈴木悠佳子(湘南ベルマーレ)/藤井桜子(株式会社市進ホールディングス)組が登場します。午後からはプール戦を勝ち抜いた男子チームのトーナメント戦第1ラウンドもはじまり、優勝争いに向けた戦いがヒートアップしそうです。

 

 雨風で厳しい寒さの中、応援に駆け付けてくださった皆さま、ありがとうございました。明日7日(土)からの3連休、徐々に天気は回復の見込みとなっております。今大会は全日程無料で観戦することができます。アジアトップレベルのプレーを間近でお楽しみください。

 

◆テストルールについて

国際バレーボール連盟(FIVB)が「バレーボールと同様にブロックタッチをワンタッチとしてカウントしない」というルールを、2017年10月から2018年2月までに開催されるFIVBワールドツアーにおいてテスト運用することを発表しました。今大会はアジアバレーボール連盟(AVC)主催大会ですが、今大会でも本ルールが適用されます。

 

◆アクセス

グランフロント大阪 うめきた広場内特設会場: JR大阪駅中央北口すぐ、地下鉄梅田駅より徒歩約7分

毛馬桜之宮公園 大阪ふれあいの水辺: JR環状線桜ノ宮駅下車

 

◆写真撮影について

観戦時の写真撮影は、携帯電話・スマートフォンのみ可能です。カメラを使用しての撮影は禁止させていただきますので、予めご了承ください。

関連リンク

男子競技日程

女子競技日程

写真