HOMEトピックス大山加奈さんを講師に『目指せ!未来の全日本選手!丸大バレーボール教室!』をツインドーム重信(愛媛県東温市)で開催

トピックス

大山加奈さんを講師に『目指せ!未来の全日本選手!丸大バレーボール教室!』をツインドーム重信(愛媛県東温市)で開催

2017.11.06

20171106-m3.jpg

 


 『目指せ!未来の全日本選手!丸大バレーボール教室!』(主催:愛媛県バレーボール協会、協賛:丸大食品株式会社)が11月5日(日)、ツインドーム重信(愛媛県東温市)で開催されました。アテネオリンピック日本代表の大山加奈さんを講師に迎え、約110名の小・中学生がバレーボールを楽しみました。松山東雲短期大学・女子大学バレーボール部の皆さんに大山さんをお手伝いいただきました。

 

 教室の前に、愛媛県バレーボール協会の中村進会長が「今年は愛媛県で国体が開催されました。会場に行った人もいると思います。皆さんにも、バレーボールで全国大会、そして全日本選手を目指してほしいと思います。またスポーツは楽しくやることが大事です。今日の教室はもちろん、日頃の練習から楽しみましょう」と挨拶。
 丸大食品株式会社の森下淳一執行役員西日本統括営業部長が「大山さんとの教室は、皆さんの大切な経験になると思います。今日は楽しみながら、怪我無くバレーボールをやってほしいと思います」と激励しました。

 

 

 教室では、チーム鬼ごっこといった遊びを織り交ぜたウォーミングアップの後、スパイク練習やサーブ練習などを行いました。大山さんは、腰の使い方やスパイクを打たない手の伸ばし方など、コツをアドバイスしていました。

 

 子どもからの「どうすれば高く跳べるようになりますか?」との質問には、「1本前よりも次はもっとうまく打とう、といったように、毎日の練習で、一本一本、心を込めて丁寧にスパイクを打つようにしていました」と自身の経験をもとに答えていました。
 教室の最後には「今日はみんなが一生懸命、楽しそうにバレーボールを触っていました。バレーボールでは、今日の練習で学んだ目や頭をいっぱい使うことも大事ですが、バレーボールを好きな気持ちや、思いやりの心も大事です」と子どもたちに伝えていました。子どもたちは目を輝かせながら耳を傾けていました。 

 

 子どもたちには、集合写真と大山さんの直筆サインが入った「修了証」と、お土産がプレゼントされました。

写真