HOMEバレーボールをするはじめてのバレーボール

はじめてのバレーボール

バレーボールの誕生

バレーボールは1895年、William G. Morgan(ウィリアム・モルガン)氏の考案により、アメリカで誕生しました。テニスからヒントをもらい、バスケットのようにぶつかり合いのない、また大勢の人で老若男女問わずのスポーツとしてバレーボールが生まれました。

バレーボールの特徴

バレーボールの最大の特徴は、球技の中で唯一、ボールを落としてはいけないスポーツであるということです。バレーボールは、ネットにより分けられたコートの上で、2つのチームにより行われます。2つのチームは、コートにボールを落とすことなく、3回以内(ブロックによる接触は除く※)で相手コートに返球し合います。返球する時には、主に手や腕を使用します。

※バレーボール9人制競技とビーチバレーボールでは、ブロックによる接触を含みます。

バレーボールの基本的なルール

バレーボールは、まず試合前に両チームの代表がトスを行い、トスに勝ったチームは、試合のスタート時にコートの外から相手コートに向かって打つ「サーブ(サービス)」を打つ権利(サーブ権)、またはコートを指定する権利を選択します。

試合は、最初のサーブ権を得たチームによるサーブではじまります。ボールがコートに落ちるか、ボールがアウトになるか、正しく返球できなくなるか、いずれかのチームが反則を犯すかペナルティーを受けるまで、ラリーは続けられます。

サーブ権を持たないチームがラリーを制した場合は、1得点とサーブ権を得て、そのチームの競技者は時計回りに一つずつポジションを移動する「ローテーション」を行います(※)。サーブ権を持つチームがラリーを制した場合、得点は入りますがローテーションは行わず、同じサーバーがサービスを行います。

バレーボールの種別によって、1チームの人数や1セットの得点が異なります。

※ローテーションはバレーボール6人制競技とソフトバレーで採用されています。ただし、小学生バレーボール(6人制競技)は、フリーポジション制を採用している場合、ローテーションをしなくても構いません。

バレーボールの種別

バレーボールは、主に以下の4種別に分けられます。

◆バレーボール6人制競技

1チーム6人でプレーします。1試合5セットマッチで行われます(※)。1つのセットは、(最終第5セットを除いて)最小限2点差をつけて25点を先取したチームが勝利チームとなります。24対24の同点(デュース)になった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます(例:26-24、27-25)。セットカウントが2対2となった場合、最終第5セットは最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。

6人制競技の特徴として、守備を専門とするプレーヤー「リベロ」を登録することができます。リベロは後衛のプレーヤーとしてのみ試合に参加し、後衛にいるどのプレーヤーとも交代することができます。サーブやブロックをすることはできません。リベロはその他のプレーヤーと異なった色のユニフォームを着用します。

※大会によっては、3セットマッチの場合もあります。

◆バレーボール9人制競技

1チーム9人でプレーします。1試合3セットマッチで行われます。1つのセットは、(全3セット共通で)最小限2点差をつけて21点を先取したチームが勝利チームとなります。20対20のデュースになった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます。

9人制競技のネットの高さは一般男子2.38メートル、一般女子2.15メートルと、6人制競技(一般男子2.43メートル、一般女子2.24メートル)よりも低く規定されています。9人制は日本独自の競技で、ママさんバレーボール(ネットの高さ:2.05メートル)などで広く親しまれています。

◆ソフトバレー

1チーム4人でプレーします。1試合3セットマッチで行われます。1つのセットは、(全3セット共通で)最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。14対14のデュースになった場合は、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます。ただし、17点で試合は打ち切られ、17点を先取したチームが1点差でも勝利チームとなります。

ソフトバレーには、名前の通り、軟らかいボールが使用されます。そのため、バレーボールの基本プレーであるボールの「パス」が、安全で、しかも容易にできます。年齢を問わず気軽に楽しむことができるのが、ソフトバレーの魅力です。

◆ビーチバレーボール

1チーム2人でプレーします。1試合3セットマッチで行われます。1つのセットは、(最終第3セットを除いて)最小限2点差をつけて21点を先取したチームが勝利チームとなります。20対20のデュースになった場合、相手チームより2点リードするまで試合は続けられます。セットカウントが1対1となった場合、最終第3セットは最小限2点差をつけて15点を先取したチームが勝利チームとなります。

ビーチバレーボールのコートは、砂の上に設けられます。選手はショートパンツまたは水着を着用し、シャツは、ジャージまたはタンクトップでも構いません(※大会規定で定められている場合はそれに従います。)また、帽子をかぶったり、サングラスをかけたりしても構いません。

ネットの高さはバレーボール6人制競技と同じですが、コートは6人制よりも小さく、6人制の18メートル×9メートルという広さに対して、ビーチバレーボールは16メートル×8メートルの広さとなっています。また、ボールの内気圧が6人制より低く設定されています。ビーチバレーボールは足元が砂ですが、ボールの内気圧が低いとボールのスピードが遅くなり、ラリーが長く続きます。

バレーボールは魅力がたくさん!

バレーボール選手が感じるバレーボールの魅力は?

  1. チームスポーツなので、得点を決めた時にチームメイトの皆と喜びを分かち合うことができる。
  2. 一人が活躍しても勝てない。チームメイトの皆の気持ちがこもったボールを繋ぐことが勝利に繋がる。
  3. 相手のコートに強烈なスパイクを打ち込めた時や、相手のエーススパイカーをブロックで止めた時、練習の成果が実を結んだ、達成感を感じることができる。
  4. ネットにより2つのコートに分けられているバレーボールは身体接触がないため、比較的怪我が少なく、年齢を問わずに楽しむことができる。

バレーボール観戦者が感じるバレーボールの魅力は?

  1. 一つのボールを、最後まで諦めず、チーム全員で追いかける姿がかっこいい!
  2. ボールを自由自在に扱うセッターは、人によって試合の組み立て方が違うので奥が深い!
  3. スパイカーの高さを誇るダイナミックなプレーに圧倒される!
  4. ボールを拾っては繋ぐ、手に汗にぎるプレーから目が離せない!

バレーボールにはたくさんの魅力があります!
これからバレーボールを始めようと思っている方、バレーボールの観戦に行きたいと思っている方、ぜひぜひバレーボールも魅力を肌で感じてください!