HOMEバレーボールを支える指導者指導者の資格の種類

指導者の資格の種類

1.日本体育協会公認スポーツ指導者

公益財団法人日本体育協会(以下、日体協)スポーツ指導者育成部と公益財団法人日本バレーボール協会(以下、日本バレーボール協会)は連携を図り、資質の高いスポーツ指導者を養成しています。そして日体協が公認スポーツ指導者制度に基づき資格認定を行っています。ここでは指導者資格と資格取得までの流れをご紹介いたします。

バレーボールのスポーツ指導者資格は以下の6種類です。

スポーツリーダー(A)を取得希望する方は共通科目(日体協が実施)、競技者別指導者資格(B~E)を取得希望する方は共通科目(日体協が実施)と専門科目(日本バレーボール協会が実施)のそれぞれの講習等を終了し、所定の検定試験に合格した者に与えられます。

(A)スポーツリーダー

役割
  • スポーツ指導やボランティアに関する基礎的な知識を身に付け、地域活動におけるスポーツリーダーやサークルなどのリーダー的な存在として活動にあたる。
応募資格
18歳以上
お問い合わせ先
各都道府県体育協会

ページの先頭へ

(B)公認バレーボール指導員

役割
  • 地域スポーツクラブ等において、スポーツに初めて出会う子どもたちや初心者を対象に競技別の専門的知識を活かし、個々人の年齢や性別などの対象に合わせた指導にあたる。
  • 特に発育発達期の子どもに対しては、総合的な動きづくりに主眼を置き、遊びの要素を取り入れた指導にあたる。
  • 地域スポーツクラブ等が実施するスポーツ教室の指導にあたる。
  • 施設開放において利用者の指導支援を行う。
応募資格
18歳以上(受講年度の4月1日現在)で、スポーツクラブ等においてバレーボールの指導にあたっている者。またはこれから指導者になろうとする者。
認定により備えられる知識と能力
  • スポーツに関する基礎的知識
  • ボランティアに関する基礎的知識
  • 競技者育成プログラムの理念と方法
  • 初心者に対する基礎的指導法
カリキュラム
共通科目Ⅰ:35時間
共通科目Ⅰ 詳細はこちら
専門科目(バレーボール): 40時間
詳細はこちら
お申込み書類
都道府県体育協会へお申込みください。
お申込期間
毎年6月の1ヶ月間
お問い合わせ先
(専門科目講習会開催予定の)各都道府県バレーボール協会
(大学生は、各所属学連にお問い合わせください。)

ページの先頭へ

(C)公認バレーボール上級指導員

役割
  • 地域スポーツクラブ等において、年齢、競技レベルに応じた指導にあたる。
  • 事業計画の立案などクラブ内指導者の中心的な役割を担う。
  • 地域スポーツクラブ等が実施するスポーツ教室の指導において中心的な役割を担う。
  • 広域スポーツセンターや市町村エリアにおいて競技別指導にあたる。
応募資格
22歳以上(受講年度の4月1日現在)で、都道府県バレーボール協会が認める者。
認定により備えられる知識と能力
  • 競技者育成プログラムの理念と方法
  • 多様な能力やニーズに対する指導法
  • スポーツ教室や各種イベントの企画立案
  • 組織の育成に関する知識
カリキュラム
共通科目Ⅰ(35時間)+共通科目Ⅱ(35時間): 70時間
共通科目Ⅰ 詳細はこちら
共通科目Ⅱ 詳細はこちら
専門科目(バレーボール) : 60時間
詳細はこちら
お申込み書類
都道府県体育協会へお申込みください。
お申込期間
毎年6月の1ヶ月間
お問い合わせ先
(専門科目講習会開催予定の)各都道府県バレーボール協会

ページの先頭へ

(D)公認バレーボールコーチ

役割
  • 地域において、競技者育成のための指導にあたる。
  • 広域スポーツセンターや各競技別のトレーニング拠点において、有望な競技者の育成にあたる。
  • 広域スポーツセンターが実施する地域スポーツクラブの巡回指導に協力し、より高いレベルの実技指導を行う。
応募資格
22歳以上(受講年度の4月1日現在)で、都道府県バレーボール協会が推薦し、日本バレーボール協会が認める者。
認定により備えられる知識と能力
  • 競技者育成プログラムの理念と方法
  • 国内大会レベルの競技者に対する高度な指導法
カリキュラム
共通科目Ⅰ(35時間)+共通科目Ⅱ(35時間)+共通科目Ⅲ(82.5時間): 152.5時間
共通科目Ⅰ 詳細はこちら
共通科目Ⅱ 詳細はこちら
共通科目Ⅲ 詳細はこちら
専門科目(バレーボール) : 60時間
詳細はこちら
お申込期間
毎年2月中旬から3月上旬
お問い合わせ先
各都道府県バレーボール協会、各所属連盟(Vリーグ機構、実連など)

ページの先頭へ

(E)公認バレーボール上級コーチ

役割
  • ナショナルレベルのトレーニング拠点において、各年代で選抜された競技者の育成強化にあたる。
  • 国際大会等の各競技会における監督・コーチとして、競技者が最高の能力を発揮できるよう、強化スタッフとして組織的な指導にあたる。
応募資格
25歳以上(受講年度の4月1日現在)で、バレーボール上級指導員、コーチのいずれかを取得しており、都道府県バレーボール協会が認める者、FIVB国際コーチ資格を持つ者。 日本バレーボール協会が認める者。
認定により備えられる知識と能力
  • 競技者育成プログラムの理念と方法
  • 国際大会レベルの競技者に対する高度な指導法
カリキュラム
共通科目Ⅰ(35時間)+共通科目Ⅱ(35時間)+共通科目Ⅲ(82.5時間)+共通科目Ⅳ(40時間): 192.5時間
共通科目Ⅰ 詳細はこちら
共通科目Ⅱ 詳細はこちら
共通科目Ⅲ 詳細はこちら
共通科目Ⅳ 詳細はこちら
専門科目(バレーボール) : 50時間
詳細はこちら
お申込期間
毎年2月中旬から3月上旬
お問い合わせ先
各都道府県バレーボール協会、各所属連盟(Vリーグ機構、実連など)

ページの先頭へ

(F)マスターコーチ

資格
※上級コーチ取得者の中から、日体協と競技団体の推薦により、厳正審査の上、資格が与えられています。

ページの先頭へ

2.日本バレーボール協会公認講師

公認講師とは日体協、日本バレーボール協会主催の各種資格取得講習会、研修会、バレーボール教室等で指導するための指導者資格です。本公認講師資格取得の条件は、原則として、日体協公認バレーボール上級指導員、同公認バレーボールコーチ、同公認バレーボール上級コーチいずれかの有資格者で、日本バレーボール協会の推薦を受け、日本バレーボール協会公認講師認定講習会を修了した方に与えられます。

3.国際バレーボール連盟(FIVB)公認コーチ

国際バレーボール連盟(FIVB)が認定する資格です。資格取得講習会は国外で約2週間実施され、全て英語で行われます。講習会の最後に実技と筆記のテストが行われます。FIVB公認コーチレベル 1(初級)、同コーチレベル 2(中級)、同コーチレベル 3(上級)が与えられます。
取得希望者は、原則として、日体協公認のコーチ、同上級コーチの資格者でなければ日本バレーボール協会は推薦しません。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ社のAdobe Reader(無料)が必要となります。
下記サイトよりダウンロードし、インストールした上でご覧ください。
Adobe Reader ダウンロード