平成30年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会

概要

大会ロゴ

天皇杯・皇后杯ロゴ

日本の国鳥”雉(きじ)”をバレーボール両脇に配し、大会の大きな広がりと伝統的なイメージを表現。

開催期間/大会スケジュール

都道府県ラウンド 平成30年4月~7月
・4月30日(土)香川県、高知県の2県から開幕!
ブロックラウンド 平成30年9月~10月
ファイナルラウンド 第1週:平成30年12月14日(金)〜16日(日) 第2週:平成30年12月22日(土)・23日(日・祝)

詳細は「平成30年度大会特設ウェブサイト」からご確認ください。

会場

都道府県ラウンド 各県内体育館
ブロックラウンド 各ブロック内体育館
ファイナルラウンド 第1週:武蔵野の森総合スポーツプラザ 第2週:大田区総合体育館

 ■アクセス:武蔵野の森総合スポーツプラザ

       〒182-0032 東京都調布市西町290-11

       京王線「飛田給」駅下車徒歩5分

       

       大田区総合体育館

       〒144-0031 東京都大田区東蒲田1丁目11

       京浜急行「京急蒲田」駅東口下車徒歩7分または梅屋敷駅下車徒歩5分

チケット情報

都道府県ラウンドとブロックラウンドは無料でご観戦いただけます。

ファイナルラウンドは有料観戦となります(詳細は未定)。

天皇杯・皇后杯とは

天皇杯・皇后杯は昭和25年(1950年)に全日本9人制選手権大会に下賜されて以来、その賜杯は日本国内における最高のチームに授与され続け、数々の試合や選手たちに栄誉を与えてまいりました。

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会について

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会は、公益財団法人日本バレーボール協会に有効に登録されていれば誰でも参加することが可能です。バレーボールを行うすべての選手全てが日本一を目指せる壮大な大会なのです。今年も日本一を目指し熱い戦いを繰り広げます。

主催

公益財団法人日本バレーボール協会

後援

スポーツ庁、NHK、各都道府県教育委員会(予定)

主管

各開催地都道府県バレーボール協会

 

協賛(予定)

全日本空輸株式会社

久光製薬株式会社

日清製粉グループ

丸大食品株式会社

日本生命保険相互会社

ミズノ株式会社

アシックスジャパン株式会社

参加資格

平成30年度公益財団法人日本バレーボール協会個人登録規程により有効に登録されたチームおよび選手で構成された中学生以上のチーム。

大会使用球

JVA国内競技会使用球(大会ロゴ入りオリジナル球)
男子はミカサ製(MVA300)、女子はモルテン製(V5M5000)を使用。

 

大会情報

詳細は「平成30年度大会特設ウェブサイト」からご確認ください。