中国親善試合

試合結果

日本の試合結果

4月27日 日本×中国 
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
3敗
0 13 16 21 - -
中国
3勝
3 25 25 25 - -
【第1セットのスタメン】
荒木 絵里香 11
ミドルブロッカー
荒木 絵里香
ARAKI, Erika
  1. 上尾メディックス
  2. 1984-08-03
  3. 186cm/78kg
木村 沙織 3
ウィングスパイカー
木村 沙織
KIMURA, Saori
  1. 東レアローズ
  2. 1986-08-19
  3. 185cm/65kg
宮下 遥 2
セッター
宮下 遥
MIYASHITA, Haruka
  1. 岡山シーガルズ
  2. 1994-09-01
  3. 177cm/61kg
長岡 望悠 1
ウィングスパイカー
長岡 望悠
NAGAOKA, Miyu
  1. 久光製薬
    スプリングス
  2. 1991-07-25
  3. 179cm/68kg
古賀 紗理那 8
ウィングスパイカー
古賀 紗理那
KOGA, Sarina
  1. NEC
    レッドロケッツ
  2. 1996-05-21
  3. 180cm/66kg
山口 舞 7
ミドルブロッカー
山口 舞
YAMAGUCHI, Mai
  1. 岡山シーガルズ
  2. 1983-07-03
  3. 176cm/62kg
佐藤 あり紗 5
リベロ
佐藤 あり紗
SATO, Arisa
  1. 日立リヴァーレ
  2. 1989-07-18
  3. 164cm/52kg

【戦評】

2016.04.27-1.jpg2016.04.27-2.jpg

第1セット

序盤、日本は中国のエース・朱婷(シュ,テイ)の高さと角度のあるスパイクに苦戦。サーブレシーブを崩されると連続でブロックに阻まれ、7-16と大きくリードを許した。長岡望悠のコースを突いたスパイク、古賀紗理那のサービスエースなどで応戦したが、サーブレシーブを返球できずミスが出てしまい、13-25で第1セットを落とした。

第2セット

序盤、連続で中国のブロックに捕まり、流れに乗れない日本だったが、ベテラン・荒木絵里香が大きな声でチームを叱咤。粘り強いブロックで得点を挙げ中国に食らいついた。しかし、朱婷のスパイクを止めることができず、連続得点を許し16ー25で第2セットを落とした。

第3セット

序盤、荒木の連続ブロックポイントや強いサーブで中国を崩し、得点を重ねた日本。中国に力強い攻撃を決められるも、江畑幸子や山口舞がスパイクを決め応戦。一進一退のまま試合は進んだが、中盤に入りサーブレシーブを崩されると、中国にリードを許し21ー25で第3セットを落とした。

【コメント】

眞鍋政義監督

「昨日(26日)も今日(27日)も一方的にやられてしまった。チームに足りないものは『危機感』。世界最終予選(2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会)まであと17日しかない。全員で危機感を持って取り組まなければならない」

キャプテン・木村沙織選手

「個人としてもチームとしても、こんなバレーをしていては世界最終予選で結果は出せない。もっと気持ちを全面に出して向かっていかなくてはいけない」

荒木絵里香選手

「勝敗にこだわって戦わなければならない試合で自滅してしまったし、自分としてもいいプレーができなかった。世界最終予選まで時間がない中、今回の(中国遠征の)結果を受けてさらに自分としてもチームとしても危機感が増したと思う。それをエネルギーに変え、今できることを1つずつ確実に積み重ねていきたい」

ページの先頭へ

4月26日 日本×中国 
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
2敗
0 21 14 22 - -
中国
2勝
3 25 25 25 - -
【第1セットのスタメン】
迫田 さおり 16
ウィングスパイカー
迫田 さおり
SAKODA, Saori
  1. 東レアローズ
  2. 1987-12-18
  3. 175cm/63kg
大竹 里歩 4
ミドルブロッカー
大竹 里歩
OTAKE, Riho
  1. デンソー
    エアリービーズ
  2. 1993-12-23
  3. 182cm/68kg
内瀬戸 真実 15
ウィングスパイカー
内瀬戸 真実
UCHISETO, Mami
  1. 日立リヴァーレ
  2. 1991-10-25
  3. 170cm/70kg
田中 瑞稀 17
ウィングスパイカー
田中 瑞稀
TANAKA, Mizuki
  1. JTマーヴェラス
  2. 1996-01-28
  3. 170cm/66kg
島村 春世 9
ミドルブロッカー
島村 春世
SHIMAMURA, Haruyo
  1. NEC
    レッドロケッツ
  2. 1992-03-04
  3. 182cm/79kg
宮下 遥 2
セッター
宮下 遥
MIYASHITA, Haruka
  1. 岡山シーガルズ
  2. 1994-09-01
  3. 177cm/61kg
佐藤 あり紗 5
リベロ
佐藤 あり紗
SATO, Arisa
  1. 日立リヴァーレ
  2. 1989-07-18
  3. 164cm/52kg

【戦評】

2016.04.26-1.jpg2016.04.26-2.jpg

第1セット

序盤、中国の高いブロックに連続でスパイクを阻まれたが、島村春世、大竹里歩のミドルブロッカー陣が速い攻撃を決め応戦。一進一退のまま試合は進んだが、中盤には自陣のミスや、中国に意表を突く巧い攻撃を決められリードを許した。全日本女子として国際試合初出場を果たした田中瑞稀の力強いスパイクや、ピンチサーバー・木村沙織のサービスエースで追い上げを見せたが、21-25で第1セットを落とした。

第2セット

序盤、長いラリーを中国に奪われ、流れに乗れない日本。朱婷(シュ,テイ)の豪快なスパイクやコンビネーションミスなどで大きくリードを許すと、14-25で第2セットを落とした。

第3セット

第3セットから出場の古賀紗理那のコースを突いたスパイクや、大竹のブロックポイントなどで13-9とリードを広げた。しかし、中国の強いサーブにレシーブを崩され、高いブロックに捕まると、中盤に逆転を許した。意地を見せたい日本は、古賀のサーブで中国を崩し、島村のブロック、田中の力強いスパイクで逆転に成功。しかし終盤、中国の高いブロックを意識してか連続でスパイクミスが出た日本は、22-25で第3セットも落とした。

【コメント】

大竹里歩選手

「今日は全体的にコンビネーションが合わない場面が多かった。練習でも試合でも多くコミュニケーションを多く取るようにしているが、もっとお互いが意識をして合わせていかなければいけない。中国(の選手)は本当に大きいが、穴がないわけではないし、日本のスピードについてこられていない部分もある。自分たちのプレーの精度をもっともっと上げていかなければいけない」

ページの先頭へ

4月23日 日本×中国 
チームセットカウント第1セット第2セット第3セット第4セット第5セット
日本
1敗
1 20 27 25 16 -
中国
1勝
3 25 29 22 25 -
【第1セットのスタメン】
内瀬戸 真実 15
ウィングスパイカー
内瀬戸 真実
UCHISETO, Mami
  1. 日立リヴァーレ
  2. 1991-10-25
  3. 170cm/70kg
島村 春世 9
ミドルブロッカー
島村 春世
SHIMAMURA, Haruyo
  1. NEC
    レッドロケッツ
  2. 1992-03-04
  3. 182cm/79kg
石井 優希 12
ウィングスパイカー
石井 優希
ISHII, Yuki
  1. 久光製薬
    スプリングス
  2. 1991-05-08
  3. 180cm/68kg
江畑 幸子 14
ウィングスパイカー
江畑 幸子
EBATA, Yukiko
  1. PFU
    ブルーキャッツ
  2. 1989-11-07
  3. 176cm/67kg
大竹 里歩 4
ミドルブロッカー
大竹 里歩
OTAKE, Riho
  1. デンソー
    エアリービーズ
  2. 1993-12-23
  3. 182cm/68kg
田代 佳奈美 20
セッター
田代 佳奈美
TASHIRO, Kanami
  1. 東レアローズ
  2. 1991-03-25
  3. 173cm/66kg
丸山 亜季 10
リベロ
丸山 亜季
MARUYAMA, Aki
  1. 岡山シーガルズ
  2. 1990-10-06
  3. 159cm/55kg

【戦評】

2016.04.23-1.jpg2016.04.23-3.jpg

第1セット

序盤、朱婷(シュ,テイ)に高さのあるスパイクを打ち込まれたが、内瀬戸真実、石井優希、島村春世らが速さのあるスパイクで応戦。田代佳奈美のコースを突いたサーブで中盤リードを奪ったが、中国の高さのあるブロックに攻撃を阻まれ、20-25で第1セットを落とした。

第2セット

序盤、日本はサーブで中国を攻めると、内瀬戸、江畑幸子の速い攻撃が決まりリードを奪った。その後はじわりじわりと追い詰めてくる中国にレシーブで粘りを見せたが、中盤に同点にされると立て続けに高いブロックにスパイクを阻まれ21-24と中国のセットポイント。途中出場の山口舞の活躍や相手のミスが重なり24-24とデュースに持ち込んだが、最後は朱婷に打点の高いスパイクを決められ、27-29で第2セットを落とした。

第3セット

序盤は集中力を欠いた日本にミスが出てしまい、リードを許した。それでも内瀬戸がサーブで攻め、江畑、石井らがスパイクを決め同点に追い付くと、終盤には内瀬戸、迫田さおりのサービスエースで24-21と逆転に成功し、25-22で第3セットを奪った。

第4セット

日本は中国の速いサーブと高いブロックにスパイクを阻まれ大きくリードを許した。江畑の連続スパイクで追い上げを見せたが、朱婷のスパイクや高いブロック、強いサーブに阻まれ、16-25で第4セットを失った。

【コメント】

眞鍋政義監督

「昨年スターティングメンバーとして出場する機会が少なかった選手から起用した。今日の結果を見て、あと2戦の選手起用や戦術を練り直したい。サーブレシーブはチームとして安定していたが、あれだけブロックに捕まると勝ち目はない」

ページの先頭へ