第6回アジアカップ

概要

大会名称

第6回アジアカップ

開催期間

2018年9月16日(日)~23日(日)

開催地

ナコンラチャシマ(タイ)

【会場】チャチャイホール

参加チーム

A組 日本、タイ、韓国
B組 中国、ベトナム、チャイニーズタイペイ
C組 カザフスタン、フィリピン、イラン、オーストラリア

試合方式

出場10チームが前回のアジア選手権の順位に応じてA、B、Cの3組に振り分けられ、1回戦総当りリーグ戦を行って1~10位の仮順位(R1~R10)を決める。上位8チーム(R1~R8)がクオーターファイナルラウンドを戦う。勝利した4チームがセミファイナルラウンド(1-4位)を、敗れた4チームと総当たりリーグ戦の9、10位チーム(R9、R10)が再度クオーターファイナルラウンド(5-10位)を戦う。そこでの上位4チームによりセミファイナルラウンド(5ー8位)を行い、それらの結果により、ファイナルラウンドを戦って最終順位を決定する。

順位決定方法

①勝敗数

②2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

 (1)勝点(※)

 (2)セット率(セット率=総得セット/総失セット)

 (3)得点率(得点率=総得点/総失点)

※1試合で与えられる勝点について    

 セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合: 勝者に3ポイント、敗者に0ポイント

 セットカウント3-2で試合が終了した場合: 勝者に2ポイント、敗者に1ポイント