第12回アジアユース男子選手権大会(U-18)

概要

大会名称

第12回アジアユース男子選手権大会(U-18)

開催期間

2018年6月29日(金)~7月6日(金)

開催地

タブリーズ(イラン)

【会場】№1:Poorsharafi、№2:Aghdam

参加チーム

A組 日本、韓国、中国
B組 イラン、チャイニーズタイペイ、タイ
C組 オーストラリア、スリランカ、ホンコンチャイナ
D組 オマーン、インド、カザフスタン
E組 ニュージーランド、ウズベキスタン、パキスタン
F組 カタール、マレーシア、トルクメニスタン

出場資格

2001年1月1日以降に生まれた選手であること

試合方式

出場18チームが前回大会ランキング上位順にA~Fの6つの組に分かれ、各組で1回総当り戦を行って1~18位のランキング(R1~R18)を決める。そこでの下位12チーム(R7~R18)が順位決定予備戦(各1試合)を行い、敗れた6チームは13~18位決定戦に回る。勝利した6チームは、上位6チーム(R1~R6)とそれぞれもう1試合ずつ順位決定予備戦を戦い、そこでの勝敗によって上位・下位に分かれてクオーターファイナルラウンド、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを戦い、最終順位を決定する。 

順位決定方法

①勝敗数

②2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り

  (1)勝点(※)
  (2)セット率(セット率=総得セット/総失セット)
  (3)得点率(得点率=総得点/総失点)

  ※1試合で与えられる勝点について

    セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイント
    セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイント

「第16回世界ユース男子選手権大会(U-19)」の出場権について

本大会の最終成績上位4チームには、2019年に開催される「第16回世界ユース男子選手権大会(U-19)」(開催時期・開催都市未定)の出場権が与えられる予定です