ワールドカップ2019

概要

大会名称

ワールドカップ2019

ワールドカップとは

国際バレーボール連盟(FIVB)によって女子は1973年に創設された。世界選手権やオリンピックと並ぶ、世界三大大会の一つに位置づけられる。

現在は4年に1度、オリンピックの前年に開催される。男女ともに各大陸から12チームの合計24チームが出場し、総当たり1回戦で順位を決定する。1977年からは日本で継続して開催。

女子大会出場12チーム

出場国 大会出場歴 大会出場資格※1
日本 13大会連続13回目 開催国(WR6位)
セルビア 4大会連続4回目 2018世界選手権 優勝国(WR1位)
中国 3大会連続11回目 アジア代表 WR2位(大陸内1位)
韓国 13大会連続13回目 WR9位(大陸内2位)
カメルーン 初出場 アフリカ代表 WR17位(大陸内1位)
ケニア 4大会連続6回目 WR20位(大陸内2位)
ロシア 2大会連続9回目※2 ヨーロッパ代表 WR5位(大陸内1位)
オランダ 6大会ぶり2回目 WR7位(大陸内2位)
ブラジル 2大会ぶり10回目 南米代表 WR4位(大陸内1位)
アルゼンチン 3大会連続6回目 WR11位(大陸内2位)
アメリカ 8大会連続11回目 北中米代表 WR3位(大陸内1位)
ドミニカ共和国 5大会連続5回目 WR10位(大陸内2位)

 

女子大会会場(Aサイトが日本出場会場)

開催日 Aサイト Bサイト
 9月14日(土)~19日(木) 横浜アリーナ(横浜市) 浜松アリーナ(浜松市)
 9月22日(日)~24日(火) 北海きたえーる(札幌市) 富山市総合体育館(富山市)
 9月27日(金)~29日(日) 丸善インテックアリーナ大阪
(大阪市中央体育館・大阪市)
エディオンアリーナ大阪
(大阪府立体育会館・大阪市) 

※1:WR…FIVB世界ランキングの略(2018年10月21日更新)
※2:ロシアの大会出場歴には旧ソ連時代の出場回数を含む

 
jsc_logo.jpg