HOMEトピックス日本(久光製薬スプリングス)が優勝!長岡望悠選手がMVP 2014アジアクラブ女子選手権大会

トピックス

日本(久光製薬スプリングス)が優勝!長岡望悠選手がMVP 2014アジアクラブ女子選手権大会

2014.04.26

2014.04.26-top.JPG

 

「2014アジアクラブ女子選手権大会」は4月25日(金)、ナコンパトム(タイ)で決勝戦を行いました。日本(久光製薬スプリングス)と中国(Bohai Bank Tianjin)の予選リーグ戦から無敗チーム同士の対戦となったこの試合、日本がストレート(25-19、25-16、25-19)で中国を破り、優勝を果たしました。

 

 日本の優勝は、久光製薬スプリングアタッカーズ(当時)が優勝した2002年の第4回大会以来、12年ぶり2回目です。

 

 中田久美監督は「応援してくださった方々への感謝の思いしか言葉にできない。昨年(2013年)夏のチーム始動から『アジア1』という目標を掲げていた。日本国内での試合を戦っていく中で、勝っても反省し、納得のいくプレーを磨いてきた。長い道のりではあったが、(目標を)掲げたからには達成しなければならないと、この大会で勝ち続けるたびに感じていた。この『アジア1』は、日本や海外からチームを応援してくださる方々のお陰で勝ち取ることができたもの。世界(FIVB世界クラブ女子選手権大会2014)への切符を掴んだので、チーム力・個々の力をさらに磨いていきたい。これまで支えてくださった皆様、本当にありがとうございました」と話しました。

 

 同日行われた3位決定戦では、カザフスタンがチャイニーズタイペイをストレート(25-15、26-24、25-20)で破り、銅メダルを獲得しています。

 

 本大会のMVP(最優秀選手賞)には長岡望悠選手が選出されたほか、ウィングスパイカー賞第1位に石井優希選手、ベストセッター賞に古藤千鶴選手、ミドルブロッカー賞第1位に平井香菜子選手が選出されました。

 

 久光製薬スプリングスに、たくさんのご声援ありがとうございました!

 

◆最終順位

1位:日本(久光製薬スプリングス)

2位:中国(Bohai Bank Tianjin)

3位:カザフスタン(Zhetyssu)

4位:チャイニーズタイペイ(Taipei)

5位:タイ(Nakhonratchasima)

6位:ベトナム(Thong Tin Lienvietpostbank)

7位:イラン(Martin Varamin)

8位:フィリピン(PLDT)

9位:インド(KSEB)

10位:シンガポール(VAS)

 

◆過去のアジアクラブ女子選手権大会 日本の最終順位

第1回(1999年):6位(東洋紡オーキス)

第2回(2000年):2位(NECレッドロケッツ)

第3回(2001年):2位(久光製薬スプリングアタッカーズ)

第4回(2002年):1位(久光製薬スプリングアタッカーズ)

第5回(2004年):不参加

第6回(2005年):不参加

第7回(2006年):5位(久光製薬スプリングス)

第8回(2007年):3位(久光製薬スプリングス)

第9回(2008年):3位(東レアローズ)

第10回(2009年):3位(東レアローズ)

第11回(2010年):3位(JTマーヴェラス)

第12回(2011年):5位(健祥会レッドハーツ)

第13回(2012年):2位(東レアローズ)

第14回(2013年):3位(PFUブルーキャッツ)

第15回(2014年):1位(久光製薬スプリングス)

 

写真提供:久光製薬スプリングス

関連リンク

写真

アーカイブ

RSSを表示