HOMEトピックス新戦術「Hybrid6」でロシアに勝利し白星スタート! FIVBワールドグランプリ2014ファイナル東京大会

トピックス

新戦術「Hybrid6」でロシアに勝利し白星スタート! FIVBワールドグランプリ2014ファイナル東京大会

2014.08.21

2014.08.20-3-top.JPG

 

 「FIVBワールドグランプリ2014」ファイナル東京大会は8月20日(水)、開幕を迎えました。全日本女子チーム・火の鳥NIPPONは、予選ラウンド第1週トルコ大会で敗れたロシアと再戦。第1セットこそ落としますが、セットカウント3-1(22-25、25-20、25-21、25-17)でロシアに勝利し、今大会を白星でスタートしました!

 

 セッター・リベロ以外の5人の選手をウィングスパイカーにする新戦術「Hybrid 6」でロシアに挑んだ日本。セッターには宮下遥選手(岡山シーガルズ)、リベロには佐野優子選手(デンソーエアリービーズ)、ウィングスパイカーは、サイドにキャプテン・木村沙織選手(東レアローズ)、新鍋理沙選手(久光製薬スプリングス)、オポジット(セッター対角に入る攻撃専門のウィングスパイカー)には江畑幸子選手(日立リヴァーレ)、そして通常ミドルブロッカーの選手が入るセンターには長岡望悠選手(久光製薬スプリングス)と石田瑞穂選手(デンソーエアリービーズ)が入ります。

 

 第1セット、佐野選手を中心にディフェンスで粘りを見せた日本は、木村選手のサービスエースや、長岡選手のスパイクなどでリードします。その後も、石田選手のクイック、新鍋選手、木村選手の攻撃でリードを保ち中盤に突入。しかし、ロシアのナタリア・マリフ選手、タチアナ・コシェレワ選手を中心とする攻撃に苦戦すると、ロシアの高いブロックに日本のアタックが捕まりはじめ、逆転を許します。日本は、石井優希選手(久光製薬スプリングス)、中道瞳選手(東レアローズ)をピンチサーバーに送りますが、22-25で第1セットを奪われます。第2セット、江畑選手に代えて石井選手をスタートから投入。ミスが続いた後、新鍋選手、長岡選手、石井選手の活躍でリズムを取り戻すと、25-20で第2セットを取り返します。第3セット、序盤から5連続得点、6連続得点を奪うと、12-2と大きくリード。ところが、その直後にコシェレワ選手を中心に10連続得点を奪われ12-12と振り出しに戻されてしまいます。日本は宮下選手に代え中道選手、石井選手に代え江畑選手を投入すると、最後は新鍋選手のライト攻撃で25-17とし、第3セットを奪います。第4セット、序盤に連続失点を喫しますが、木村選手の得点をきっかけに江畑選手、石田選手、新鍋選手らが連続得点を挙げリードします。その後も新鍋選手、江畑選手、木村選手が次々と得点を奪い、流れは完全に日本に。最後はこの試合でクイック攻撃も見せた石田選手がサービスエースを決め、25-17で第4セットを取りました。

 

◆眞鍋政義全日本女子チーム監督

欧州チャンピオンに勝てて正直嬉しい。『世界一に挑戦』という目標を持ち、『Hybrid6』という新しい戦術に賭けているだけに、選手たちの誰を出しても活躍できるという形に感謝している。(ロシアには)予選リーグで負けており、高さのある相手だったので、まずはサーブレシーブをセッターに回し、真ん中のゾーンから攻めたいと思っていた。ロシアも日本をかなり研究していた。選手たちにはチームで団結すること、結束で助け合うことを前日(19日)に説明した。(本大会)あと4戦、バックアタックの効果率と決定率を上げることが大事。

 

◆キャプテン・木村沙織選手

初戦は絶対に勝って次につなげようと思っていたので、全員で結果を出せて良かった。序盤はブロックに引っかかりつまずいたが、(長岡)望悠(選手)が入ることで修正でき、エバ(江畑幸子選手)も回してくれてうまくいった。本当に『世界一に挑戦する』という意識で全員が目の前の試合を勝っていきたいと思っている。『Hybrid6』の意味を監督から昨日(19日)聞いて、皆が意識して全員の力でまとまらないと世界では勝てないと思った。次は私が所属していた(チームがある)トルコと戦うが、(ブラジルに勝利し、勢いに)乗っているチームなので、(トルコの)両エースに仕事をさせないようにしたい。

 

 本大会は、出場6チームによる、1回戦総当り戦で行われます。本日20日(水)に行われたその他の試合では、中国がベルギーにセットカウント3-1(25-19、25-27、25-18、25-15)で勝利。またブラジル対トルコの1戦はフルセット(25-18、25-23、21-25、19-25、15-12)にもつれ込む熱戦となりましたが、トルコがブラジルを破り、それぞれ今大会初勝利を挙げています。

2014.08.20-3-1.JPG

 また、日本対ロシア戦の前には、全日本女子チームのキャラクターである「火の鳥ちゃん」のマスコットが登場!会場のファンの皆さんにご挨拶をしました!「火の鳥ちゃん」のマスコットは、明日以降の試合にも登場しますので、ご来場予定の方はぜひご注目ください!

 

2014.08.20-3-2.JPG

 そして「FIVBワールドリーグ2014」に続き、本大会でも日本戦の前に「サーブゲーム」を開催しております!世界の強豪チームが戦うマッチコートに立てる、またとないチャンスです!会場にお越しの皆さんのご参加をお待ちしております!

 

 火の鳥NIPPONは明日21日(木)、19:05から、トルコと対戦します。ぜひ会場で、またテレビの前で、火の鳥NIPPONに熱いご声援をよろしくお願いします!

関連リンク

写真

アーカイブ

RSSを表示