HOMEトピックス順位決定予備戦(1-8位)で中国に勝利 第17回アジア競技大会(2014/仁川)男子バレーボール競技

トピックス

順位決定予備戦(1-8位)で中国に勝利 第17回アジア競技大会(2014/仁川)男子バレーボール競技

2014.09.30

 「第17回アジア競技大会(2014/仁川)」は9月29日(月)、男子バレーボール競技の順位決定予備戦(1-8位)2日目を行いました。全日本男子チーム・龍神NIPPONは、予選リーグ戦D組1位の中国と対戦。ストレート(25-18、25-20、25-17)で勝利し、順位決定予備戦(1-8位)を3勝としました。

 

 第1セット、序盤に9-4とリードを奪うと、米山裕太選手(東レアローズ)のブロックポイントなどでリードを広げます。その後も米山選手の活躍で得点を奪うと、25-18で第1セットを取ります。第2セット、立ち上がりは中国にリードを奪われますが、清水邦広選手(パナソニックパンサーズ)のスパイク、山内晶大選手(愛知学院大学3年)のクイックなどで逆転。最後は越川優選手(JTサンダーズ)の連続サービスエースなどで、25-20で2セットを連取します。第3セット、序盤は再び中国にリードを許しますが、出耒田敬選手(堺ブレイザーズ)のブロックで逆転すると、攻撃に勢いが出た日本は14-11とリードを広げます。その後、越川選手(JTサンダーズ)のサービスエースを含む5連続得点を奪った日本。最後は清水選手のスパイクが決まり、25-17で第3セットを奪いました。

 

 なお、順位決定予備戦(1-8位)F組には、予選リーグ戦で日本と同じB組だったクウェートも入っていますが、順位決定予備戦ではクウェートとの対戦はなく、予選リーグ戦での対戦成績(セットカウント3-1で日本が勝利)が持ち越されます。そのため、日本は順位決定予備戦(1-8組)F組を3勝で終えました。

 

 また、この日行われた順位決定予備戦(1-8位)F組のその他の試合では、タイがクウェートをストレート(25-15、25-17、25-18)で下しています。

 

 日本は次戦、日本時間10月1日(水)12:00より、インドとクォーターファイナルラウンド(1-8位)で対戦します。引き続き、全日本男子チーム・龍神NIPPONにご声援をお願いいたします!

 

◆順位決定予備戦(1-8位) 最終順位表

【E組】

1位: イラン(勝点9、3勝0敗)

2位: 韓国(勝点6、2勝1敗)

3位: カタール(勝点3、1勝2敗)

4位: インド(勝点0、0勝3敗)

 【F組】

1位: 日本(勝点9、3勝0敗)

2位: 中国(勝点6、2勝1敗)

3位: タイ(勝点3、1勝2敗)

4位: クウェート(勝点0、0勝3敗)

関連リンク

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.