HOMEトピックス地元・タイに勝利し大会5連覇! 第10回アジアユース女子選手権大会(U-17)

トピックス

地元・タイに勝利し大会5連覇! 第10回アジアユース女子選手権大会(U-17)

2014.10.20

2014.10.20-1-top.jpg

 

 マナーマ(バーレーン)で開催されている「第10回アジアユース女子選手権大会(U-17)」が10月19日(日)、大会最終日を迎えました。1次リーグ戦から全試合ストレート勝ちで勝ち進んだ日本は、日本と同じくここまで負けなしの地元・タイと決勝戦で対戦。タイへの声援が響き渡るアウェイの雰囲気の中、セットカウント3-1(25-15、25-23、18-25、26-24)で勝利し、5大会連続6回目の優勝を果たしました!

 

 第1セット、荒谷栞選手(共栄学園高校1年)、山口結可選手(八王子実践中学校3年)のブロック、中川美柚選手(岡崎市立南中学校3年)のフェイントなどで16-6とリードを奪うと、タイに追い上げを許さず25-15で第1セットを取ります。第2セット、中盤まではタイの勢いを止めることができず、10-16とリードを許しますが、荒谷選手の連続ブロックポイントを皮切りに得点すると、21-21と同点に追い付き逆転。最後も荒谷選手がブロックとクイックを決めて25-23で2セットを連取します。第3セットを18-25で失って迎えた第4セット、序盤は8-6とリードを保ちますが、攻撃をブロックに阻まれ8-10と逆転を許します。その後、途中出場の島田美紅選手(金蘭会高校1年)の連続サービスエースで22-21と逆転に成功しますが、タイを振り切ることができず再度リードを奪われます。しかし、宮部藍梨選手(金蘭会高校1年)がブロックを決めてデュースに持ち込むと、最後も宮部選手が決めて26-24で第4セットを取りました。

 

 また、同日に行われた3位決定戦では、中国が韓国をストレート(25-22、25-15、27-25)で下し銅メダルを獲得しました。最終成績上位4チームの日本、タイ、中国、韓国は、来年2015年に開催される「第14回世界ユース女子選手権大会(U-18)」(リマ、トルヒーヨ[ペルー]で開催予定)の出場権を獲得しています。

 

 今大会のMVPは、このチームのキャプテンで、「Project CORE」のメンバーでもある宮部藍梨選手が受賞しました。また、日本からはミドルブロッカー賞第2位に中川美柚選手、ベストリベロ賞に鏡原叶悠選手(東九州龍谷高校1年)が選ばれました。

 

 全日本ユース女子チームへのご声援、ありがとうございました!

 

第10回アジアユース女子選手権大会(U-17) 順位表

1位: 日本

2位: タイ

3位: 中国

4位: 韓国

5位: チャイニーズタイペイ

6位: カザフスタン

7位: フィリピン

8位: ニュージーランド

9位: ホンコンチャイナ

10位: イラン

11位: インド

12位: ベトナム

13位: オーストラリア

 

写真提供:AVC、FIVB

関連リンク

写真

アーカイブ

RSSを表示

寄附金制度

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.