HOMEトピックス本会登録チーム所属選手の窃盗事件に関する処分について

トピックス

本会登録チーム所属選手の窃盗事件に関する処分について

2014.12.26

 公益財団法人日本バレーボール協会(以下、JVA)は、12月10日(水)にJVA登録チーム所属選手が起こした窃盗事件の処分について、22日(月)に倫理委員会を開催いたしました。その後JVA理事全員の書面による同意を得て、以下の通り処分が決定いたしましたのでご報告させていただきます。

 

 今回の不祥事に際し、バレーボールファンの皆様ならびに関係者の方々、さらに国民の皆さまに対して深くお詫び申し上げますとともに、再発防止を図りコンプライアンス(法令順守)を推進して参ります。

 

■事件について

12月10日(水)20:30頃、JVA登録チームである男子・東レアローズバレーボールチームの王金剛(おう こんごう)選手が、東京都品川区東五反田のパチンコ店で他のパチンコ台に放置されていた財布を発見し、店に遺失物として届け出る際に財布から約15万円を盗んだ。

 

■倫理委員会の決定

・JVAは本件の事実関係の確認および本人の弁明の機会を設けた上で、12月22日(月)に倫理委員会を開催し本件を審議した。

・同委員会では事実に基づき審議を行い、本件について倫理規程違反であることを認定。処分(案)を決定した。

・処分の実施にあたり、本件の重要性および緊急性に鑑み、理事会に代えJVAの定款第43条の定めによる理事全員の書面による同意を得て、12月26日(金)に下記処分を決定した。

 

対象

処分

適用条項

王 金剛

(おう こんごう)

2年間のJVA選手登録抹消

(処分決定日より起算)

本会倫理規程第3条(本会関係者の順守事項)

本会倫理規程第5条(違反行為の処分)

男子・東レアローズ

バレーボールチーム

譴責

(けんせき)

本会倫理規程第3条(本会関係者の順守事項)

本会倫理規程第5条(違反行為の処分)

男子・東レアローズ

部長・吉田 晴彦

譴責

(けんせき)

本会倫理規程第3条(本会関係者の順守事項)

本会倫理規程第5条(違反行為の処分)

男子・東レアローズ

監督・小林 敦

譴責

(けんせき)

本会倫理規程第3条(本会関係者の順守事項)

本会倫理規程第5条(違反行為の処分)

JVA倫理規程はこちらをご確認ください。

 

■処分について

倫理委員会は、王選手の処分(案)の審議の際に、JVA選手登録から永久抹消処分を科すことも検討したが、

①被害者に、被害金額全額が返還されている

②被害者との間で示談が成立している

③不起訴処分となった

④一般社団法人日本バレーボールリーグ機構および男子・東レアローズバレーボール部から既に処分を受けている

⑤被害者より、王選手が更生しバレーボールを続けられるよう、温情ある処分を望むとの要請がある

以上を考慮して、王選手に対して2年間のJVA選手登録抹消という処分を科すこととした。併せて、監督責任として、男子・東レアローズバレーボールチーム、吉田晴彦部長、小林敦監督に対しても「譴責(けんせき)」の処分を科すことした。

アーカイブ

RSSを表示