HOMEトピックス本会登録チーム所属選手の日本ドーピング防止規程違反について

トピックス

本会登録チーム所属選手の日本ドーピング防止規程違反について

2015.02.26

 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)がドーピング防止規則違反の疑いがあるとして、暫定的資格停止処分としていたJVA登録チーム所属選手である大野果奈選手(NECレッドロケッツ)に対し、日本ドーピング防止規律パネルがドーピング防止規則違反として制裁措置を下記のとおり決定しました。それに伴い、本会でも以下のように対応することを決定いたしましたのでご報告させていただきます。

 

■日本ドーピング防止規律パネルの決定

対象

大野果奈(おおの・かな)選手 所属:NECレッドロケッツ

違反の種類

日本ドーピング防止規程違反

ドーピング検査による検体から禁止物質「ツロブテロール」の検出

内容

2カ月間の資格停止(2015年1月7日[水]2015年3月6日[金])

※当該選手の違反が疑われる分析報告の通知を受け、暫定的資格停止処分を科せられた日付を資格停止発令日とする。

 

■公益財団法人日本バレーボール協会の対応

(1)「平成26年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」におけるNECレッドロケッツの3位入賞メンバーからの除外(エントリーメンバーからは除外されません)

(2) 2015年1月7日(水)から3月6日(金)までの2ヶ月間の資格停止処分

関連リンク

アーカイブ

RSSを表示