HOMEトピックス2015年度全日本女子バレーボールチーム 登録メンバー2名の追加について

トピックス

2015年度全日本女子バレーボールチーム 登録メンバー2名の追加について

2015.05.12

 公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)は、2015年4月6日(月)に2015年度全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONの登録メンバー26名を発表いたしました。このたび、荒木絵里香選手(上尾メディックス)と島村春世選手(NECレッドロケッツ)の追加登録が決定しましたので発表いたします。

 

○荒木 絵里香(あらき えりか)

所属(ポジション):

上尾メディックス(ミドルブロッカー)

出生地:

岡山県

生年月日(年齢):

1984年8月3日(30歳)

身長/体重:

186cm/78kg

出身校:

成徳学園高校[現:下北沢成徳高校](東京)

主な代表歴:

2005年 ワールドグランドチャンピオンズカップ

2006年 女子世界選手権大会

2007年 ワールドカップ

2008年 北京オリンピック

2009年 ワールドグランドチャンピオンズカップ

2010年 女子世界選手権大会

2011年 ワールドカップ女子大会

2012年 ロンドンオリンピック

 

○島村 春世(しまむら はるよ)

所属(ポジション):

NECレッドロケッツ(ミドルブロッカー)

出生地:

神奈川県

生年月日(年齢):

1992年3月4日(23歳)

身長/体重:

182cm/78kg

出身校:

川崎市立橘高校(神奈川)

主な代表歴

2014年 第4回アジアカップ女子大会

2014年 第17回アジア競技大会(2014/仁川)

 

 

■眞鍋政義全日本女子チーム監督 コメント

「ワールドカップで来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得するためには、より速く正確な攻撃と高い守備力が必要不可欠だ。戦力をさらに強化するために、荒木と島村のミドルブロッカー2名を追加登録した。北京オリンピックのベストブロッカーであり、昨年母になった荒木は、その実力と国内外で培った豊富な経験を生かして、プレー以外でも木村をサポートし、チームを牽引してほしい。島村はパワフルで多彩なスパイクと、ブロック力が魅力。ガッツ溢れるプレーで、チームの起爆剤となるような活躍を見せてくれることを期待している。2名の選手を新たに迎え、さらにチーム力を磨き、ワールドグランプリや今シーズンの最大目標であるワールドカップに万全を期して臨みたい」

 

■荒木絵里香選手 コメント

「家族やたくさんの方のサポートを得ながら、私自身、また新たな挑戦になります。リオデジャネイロオリンピックに向けて、チームに貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

 

■島村春世選手 コメント

「全日本へ召集されたことに対し大変光栄に思っております。同時に大きな重圧を感じますが、自分自身の成長のため、そしてチームの勝利へ貢献できるよう努力して参ります。この与えられたチャンスをしっかりと掴み取りたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

関連リンク

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.