HOMEトピックス第18回世界ジュニア男子選手権大会(U-21) 全日本ジュニア男子チームの出場が決定

トピックス

第18回世界ジュニア男子選手権大会(U-21) 全日本ジュニア男子チームの出場が決定

2015.07.01

2015.07.03-3-top.jpg

(写真は6月25日に行われた組合せ抽選会の様子)

 

 9月11日(金)から20日(日)までメキシコのティフアナとメヒカリで開催される第18回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)に、全日本ジュニア男子チームが出場することが決定しました。

 

 本大会には開催国のメキシコ、5大陸代表9チーム(各大陸2チームずつ、アフリカのみ1チーム)と、FIVBジュニア男子世界ランキング上位6チームの計16チームが出場します。

 

 全日本ジュニア男子チームは、昨年2014年にバーレーンのマナーマで行われた第17回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)で5位となり、アジア代表としての出場権を獲得できませんでしたが、メキシコと大陸代表を除いてFIVBジュニア男子世界ランキングで上位6チームに入ったため、本大会の出場権を獲得しました。

 

 第18回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)では出場16チームが4チームずつ4つのプールに分かれて1次リーグ戦(1回戦総当りリーグ戦)を行います。各プールの上位2チームはクウォーターファイナルラウンド(1-8位)、下位2チームはクウォーターファイナルラウンド(9-16位)に回ります。以降、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを行い、順位を決定します。

 

 なお、本大会の組合せ抽選会が6月25日(金)にティフアナで行われ、日本はイタリア、フランス、スロベニアとともにプールDに入っています。

 

 全日本ジュニア男子チームの活躍にご期待ください!

 

◆第18回世界ジュニア男子選手権大会(U-21) 1次リーグ戦プール分け

A組

カナダ(北中米代表、WR8位)、エジプト(アフリカ代表、WR26位)、

メキシコ(開催国、WR22位)、トルコ(WR7位)

B組

アルゼンチン(南米代表、WR6位)、ポーランド(ヨーロッパ代表、WR15位)、

ロシア(WR1位)、アメリカ(WR9位)

C組

ブラジル(南米代表、WR2位)、中国(アジア代表、WR10位)、

キューバ(北中米代表、WR13位)、イラン(アジア代表、WR5位)

D組

日本(WR11位)、イタリア(WR3位)、

フランス(WR4位)、スロベニア(ヨーロッパ代表、WR18位)

WR…FIVBジュニア男子世界ランキング(最新2014年12月時点)の略。

国名に下線…FIVBジュニア男子世界ランキングによる出場チーム。大陸代表として出場権を獲得した9チームと、開催国・メキシコを除いたチームの中から決定。

 

写真提供:FIVB

関連リンク

写真

アーカイブ

RSSを表示