HOMEトピックスフルセットの末、タイに勝利 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会

トピックス

フルセットの末、タイに勝利 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会

2016.05.18

2016.05.18-2-top.jpg

 

 リオデジャネイロオリンピックの出場権を懸けた戦い「2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会」が5月18日(水)、東京体育館(東京都渋谷区)で大会4日目を迎えました。全日本女子チーム・火の鳥NIPPONはタイと対戦し、セットカウント3-2のフルセット(20-25、23-25、23-25、25-23、15-13)の末、勝利し、本大会の通算成績を3勝1敗としました。

 

 第1セット、立ち上がりにミスが目立った日本は1-5とタイにリードを奪われます。その後、古賀紗理那選手(NECレッドロケッツ)、長岡望悠選手(久光製薬スプリングス)らの得点で立て続けに連続得点を奪い16-15と逆転に成功。しかし、終盤に入ってもタイのサーブに苦戦すると、18-21と再びタイにリードを許すと、点差を縮めることができず20-25で第1セットを失います。第2セット、日本は木村沙織選手(東レアローズ)、迫田さおり選手(東レアローズ)、山口舞選手(岡山シーガルズ)らをコートに送り出します。互いにサイドアウトを奪い合う展開からオヌマー・シッティラック選手のフェイントなどで12-14と一時はリードを奪われますが、長いラリーから山口選手が得点し流れを手繰り寄せると、タイにミスが出て16-15と逆転。その後は一進一退の展開となりますが、最後は迫田選手、石井選手の得点が決まり、25-23でこのセットを逃げ切ります。第3、4セットをお互いに取り合って迎えた最終セット。荒木絵里香選手(上尾メディックス)のクイックで先制しますが、前半はタイのブロックに苦戦し3-9とタイにリードを許します。後半日本は6連続得点し逆転に成功すると、最後は迫田選手のスパイクで第5セットを15-13で制しました。

 

◆眞鍋政義監督

「非常に厳しい試合だった。首の皮一枚つながったという感じ。タイはミスが少なく、コンビネーションも速いチームということは分かっていたが、われわれはサーブで崩せなかったことが苦戦した原因。選手には本当に感謝したい。全くあきらめないという気持ちでやってくれた。3セット目以降、苦しい場面で4人の(ロンドンオリンピックの)メダリストを使ったが、困ったときにはこの経験者がプレッシャーの中で世界最終予選初体験の宮下遥らを助けてくれた。1日休んでドミニカ戦に備えたい」

 

キャプテン・木村沙織選手

「今日は自分のプレーが良くなかったし、チームとしても負けパターンに傾いていた。タイの方が有利に運んでいた中で、最終セットは絶対にここで終わらせないという気持ちを持って皆で戦った。最後まで全員を信じていた

 

◆迫田さおり選手

「今日は絶対に落とせない一戦だという気持ちで戦った。チームが一致団結した勝利だった。自分は途中出場が多いことから、チームの雰囲気を変えて、元気づけることを考えて臨んでいる。常に1点でも多く取るということを心掛けている。あと3戦、この日の勝利に満足せず、チーム全員で戦う覚悟だ」

 

◆石井優希選手

「苦しい戦いが最後まで続いたが、勝てて良かった。この勝利は次につながると思う。1日置いた次の試合では火の鳥がどこよりも強いことを示したい。この大会で勝たないと、オリンピックに行けない大事な試合だということが分かっていたが、きのう韓国戦を落とし苦しい状況の中で、チームやスタッフの皆が声を出し合って勝利に繋げた。残り3戦も必死で戦いたい」

 

宮下遥選手

「こういう苦しい試合を勝ちきれてとても自信になった。最終セット、点差が空けられてからサーブが回ってきたが、別に不安はなかった。しかし、3セット目からずっと手が震えていた。あと3つ、気持ちを切り替えてオリンピックの切符を取りにいきたい

 

◆5月18日(水)の試合結果

ペルー×イタリア 0-3(19-25、16-25、17-25)

カザフスタン×韓国 0-3(16-25、11-25、17-25)

オランダ×ドミニカ共和国 3-0(25-22、25-18、25-21)

日本×タイ 3-2(20-25、25-23、23-25、25-23、15-13)

本大会は、出場8チームによる、1回戦総当り戦で行われます。

 

○2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会 順位表(5月18日[水]終了時点)

1位:イタリア(4勝、勝点12)

2位:韓国(3勝1敗、勝点9、セット率=2.500)

3位:オランダ(3勝1敗、勝点9、セット率=2.250)

4位:日本(3勝1敗、勝点8)

5位:ペルー(2勝2敗、勝点6)

6位:タイ(1勝3敗、勝点4)

7位:カザフスタン(4敗、勝点0、セット率=0.166)

8位:ドミニカ共和国(4敗、勝点0、セット率=0.083)

 

 1日の休息日を挟み、火の鳥NIPPONは19日(金)にドミニカ共和国と対戦します。リオデジャネイロオリンピックの出場権獲得に向けて負けられない戦いが続きます。ぜひ火の鳥NIPPONに会場やテレビの前から熱いご声援をお願いします!

関連リンク

大会概要

競技日程

チケット情報

テレビ放送スケジュール

写真

アーカイブ

RSSを表示