HOMEトピックス火の鳥NIPPON、リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得!! 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会

トピックス

火の鳥NIPPON、リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得!! 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会

2016.05.21

2016.05.21-1.jpg

 リオデジャネイロオリンピックの出場権を懸けた戦い「2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会」が5月21日(土)、東京体育館(東京都渋谷区)で大会6日目を迎えました。全日本女子チーム・火の鳥NIPPONはイタリアと対戦し、フルセット(25-23、25-27、25-27、25-21、9-15)の末、敗れました。この結果日本は敗れはしましたが4位以内確定となったため、リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得しました!!

 

 第1セット、序盤島村春世選手(NECレッドロケッツ)のブロード(移動)攻撃やキャプテン・木村沙織選手(東レアローズ)のコースをつく鋭いスパイクで流れに乗りかけた日本でしたが、中盤イタリアに7連続失点。しかし苦しい場面で木村選手がスパイクを決めて25-23と日本が第1セットを先取します。第2セット、序盤宮下遥選手(岡山シーガルズ)の軽快なトス回しが光り4連続得点を奪います。しかしイタリアの高いブロックや力強い攻撃を前にリズムを作れないまま終盤へ突入し24-24となりますが、パオラ・エゴヌにパワフルなスパイクを叩き込まれ25-27とこのセットを落とします。第3セットをイタリアに奪われて迎えた第4セット、石井優希選手(久光製薬スプリングス)に代わり鍋谷友理枝選手(デンソーエアリービーズ)を起用します。その鍋谷選手の緩急織り交ぜた攻撃などで8-3と相手を引き離します。その後も長岡望悠選手(久光製薬スプリングス)のスパイクなどで勢いを増した日本は25-21と第4セットを奪取します。最終セット、日本はスタートからミスが目立ち、思いどおりの攻撃を展開できません。5-9と差をつけられたところで、セッターを宮下選手から田代佳奈美選手(東レアローズ)に代えリズムの立て直しを図りますが、イタリアのパワー溢れる攻撃に最後は屈し、9-15で第5セットを終えました。

 

◆眞鍋政義監督

「本来は勝って終わりたかったが、最終的に我々のミッションは(リオデジャネイロ)オリンピックの出場権を獲得すること。それが何とか実現できて安心した。サーブは今大会で一番良かったと。今日勝たないとオリンピック出場権が取れないという気持ちがサーブに現れていたようだ。木村(沙織選手)のスパイクも良かった。ベンチで見ていて彼女の背中から炎が出ている感じだった。本大会に向け、今までのような試合ではメダルは不可能。明日もベストを尽くし、戦術、戦略を考えていきたい」

 

◆キャプテン・木村沙織選手

「本音を言うと、今日はしっかり勝ちたかった。しかし、オリンピックの切符が最終日までもつれずに決められたことで良かった。今大会を通して自分たちの弱さ、もろさをみんなが感じているはず。このことを反省しないといけない。明日のオランダ戦も当然勝ちにいくが、オリンピックではもっと強い相手と当たるので、日本らしい試合に徹して準備をしたい。リオでは遥(宮下選手)を中心に日本らしいコンビバレーを見せたい」

 

◆荒木絵里香選手

「リオの出場権を取るという今の最大の目標をクリアできてとても嬉しい。目の前の1点に全員が集中してスタートから戦えた。最後は勝ち切れればベストだった。まだまだチームや個人としても足りない部分が多い。明日がリオへのスタートだと思うので切り替えてやっていきたい」

 

◆迫田さおり選手

「相手のミスに助けられた試合でもあった。明日、明後日は今日のようにはいかないと思うので、自分たちの力で勝ち切れるようになりたい。コートに立つときは目の前に集中しようと、シンプルにそれだけを考えて戦った」

 

◆宮下遥選手

「今日は勝ちたかったが、オリンピックの切符が取れて安心している。本番での課題はまだ実感として分からない部分があるので、まずは明日の最終戦に集中していく。それがリオに向けて備えることに繋がる。今大会、相手の怖さに負けそうになった時、仲間が背中を押してくれて乗り越えることができたので、感謝したい」

 

◆鍋谷友理枝選手

「思い切ってやろうとしか考えていなかった。緊張はしたが『やるんだ』という気持ちでコートに入った。自分の特徴はサーブなので、今日はサーブが良かったと思う。しかしまだまだの部分が多いので、しっかり反省して今後に結び付けたい。明日の最終戦は18人全員で戦っているのでチームのためになるよう全力を尽くしたい」

 

◆5月21日(土)の試合結果

韓国×タイ 2-3(25-19、25-22、27-29、24-26、12-15)

カザフスタン×ドミニカ共和国 1-3(20-25、25-22、12-25、20-25)

ペルー×オランダ 0-3(16-25、14-25、17-25)

日本×イタリア 2-3(25-23、25-27、25-27、25-21、9-15)

本大会は、出場8チームによる、1回戦総当り戦で行われます。

 

○2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会 順位表(5月21日[土]終了時点)

1位:オランダ(5勝1敗、勝点15)☆

2位:イタリア(5勝1敗、勝点14)☆

3位:韓国(4勝2敗、勝点13)☆

4位:日本(4勝2敗、勝点12)☆

5位:タイ(3勝3敗、勝点9)

6位:ペルー(2勝4敗、勝点6)

7位:ドミニカ共和国(1勝5敗、勝点3)

8位:カザフスタン(6敗、勝点0)

☆印はリオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得

 

 なお、本日21日(土)の試合結果を受けて、日本、韓国、オランダ、イタリアの4チームがリオデジャネイロオリンピック出場権を獲得しました。火の鳥NIPPONは明日22日(日)、オランダと本大会最終戦を戦います。最後まで火の鳥NIPPONへのご声援をよろしくお願いいたします!!

関連リンク

大会概要

競技日程

チケット情報

テレビ放送スケジュール

写真