HOMEトピックスNECレッドロケッツが2シーズンぶり6回目の戴冠! 2016/17 V・プレミアリーグ女子ファイナル

トピックス

NECレッドロケッツが2シーズンぶり6回目の戴冠! 2016/17 V・プレミアリーグ女子ファイナル

2017.03.18

2017.03.18-3-9.jpg

 2016/17 V・プレミアリーグの女子ファイナル2日目が3月18日(土)、東京体育館(東京都渋谷区)にて行われ、前日の試合で勝利したNECレッドロケッツ(以下、NEC)が久光製薬スプリングス(以下、久光製薬)をセットカウント3-2(23-25、25-22、25-19、18-25、15-6)のフルセットで下し、2シーズンぶり6回目の優勝を果たしました!

 

 今シーズンよりV・プレミアリーグのファイナルは「2試合制」に移行。男女ともに2日間にわたって2試合を戦い、その勝敗数で優勝チームを決定します。勝敗数が1勝1敗の5分となった場合は、第2試合終了後に25点制の「ゴールデンセット」を行い、順位を決定します。昨日のファイナル1試合目はNECレッドロケッツが勝利したため、今日の試合はNECレッドロケッツが勝てば2勝目となり優勝が決まり、久光製薬スプリングスが勝てばゴールデンセットで決着となります。

 

 第1セット、一方がリードすればもう一方が詰め寄るという試合展開から久光製薬が徐々に抜け出し、25-23セットを先取します。第2セット、野本梨佳選手のブロックやスパイクなどで久光製薬がリードを奪うと、NECもエミリア・ニコロバ選手を中心に応戦。22-22と同点の場面で古賀紗理那選手のスパイクとブロックで25-22。NECがセットを奪い返します。第3セット、前セットの勢いのままに古賀選手が要所でスパイクを決めてリードを奪うと、久光製薬も野本選手を中心に攻撃を仕掛けます。それでも終盤に上野香織選手の3得点などでリードを保ったNECが、25-19で2セット連取に成功します。第4セット、後がない久光製薬が連続得点を奪いリズムに乗ると、野本選手の爆発力のある攻撃が次々と決まり25-18でフルセットに持ち込みます。最終第5セット、立ち上がりからニコロバ選手の勢いが止まらずNECが9-5とリードすると、最後は近江選手の連続得点で15-6。NECが2試合あわせて4時間30分間に及んだ熱戦に終止符を打ちました。

 

◆NECレッドロケッツ 山田晃豊監督

「ファイナルという最高の舞台で最高の結果を出せてよかった。長いリーグだったが選手が本当に頑張ってくれた。厳しいときもあったがチーム一丸で戦ってこれたことがよかった」

 

◆NECレッドロケッツ 山口かなめ選手

「今シーズンを最高の形で締めくくることができて、本当に嬉しい。2シーズン前も久光製薬スプリングスと決勝戦を戦い、今回も久光製薬が相手ということで(相手は)意地を出してくると思っていたし、私たちも気迫を感じながら戦った試合だった。2日間ともフルセットで互いに意地を出し合い戦った試合だったので、思い出に残る試合になった」

 

◆NECレッドロケッツ 近江あかり選手

「2試合をフルセットで勝ちきれたというのは今後のチームにとてもプラスになる2日間だったと思う。レギュラーラウンドを1位通過して、ファイナル6も1位通過したが、今まで1位通過したチームは優勝したことがないと言われており、自分の中ではプレッシャーが無いわけではなかった。最多となる6回目の優勝を飾ることができ、このメンバーで歴史を刻むことができて本当に価値のある優勝だと思う」

 

◆久光製薬スプリングス 酒井新悟監督

「ファイナルは2戦ともに、頂上決戦にふさわしいゲームが展開できた。リーグの集大成として選手・スタッフが一丸となって挑み、最後まで戦い抜いてくれたことに心から感謝したい。リーグは終了したが、もう1度強い久光製薬スプリングスを作っていきたい」

 

◆久光製薬スプリングス 石井優希選手

「負けるということはすごく悔しいが、やりきった試合だったので後悔はない。相手の方が技術が上回った結果。今日は大事な場面でポイントにつながらなかったり、波に乗れる場面で点数が取れなかったというところが敗因」

 

◆久光製薬スプリングス 古藤千鶴選手

「悔しい結果だが、自分たちの力は出し切ったという気持ち。ただ、もっと技術的なところや精神的なところでタフさを身に付ければ、今日のような苦しい試合も勝ち切れると思う。次に向けてチームとしても一歩一歩進んでいければと思う」

 

 試合終了後に行われた表彰式では、優勝したNECレッドロケッツにブランデージトロフィーが授与されました。なお、個人賞ほか各賞の発表と表彰は24日(金)に行われる「2016/17 V.LEAGUE AWARD」にて行われます。

 

 今シーズンもV・プレミアリーグ女子、V・チャレンジリーグ女子へのたくさんのご声援、ありがとうございました。女子は全試合が終了しましたが、明日は14:08より男子グランドファイナル(ファイナル2試合目)が引き続き東京体育館にて行われます。男子の優勝チーム決定の瞬間もぜひご注目ください!

 

 なお5月には「第66回黒鷲旗全日本男女選抜大会」や、NECレッドロケッツと久光製薬スプリングスが出場する「FIVB世界クラブ女子選手権2017神戸大会サロンパスカップ」も開催されます。引き続き、Vリーグ各チームへのご声援をお願いします!

写真提供:Vリーグ機構

関連リンク

【ファイナル】チケット情報

【ファイナル】イベント情報(Vリーグ機構ウェブサイト)

女子世界クラブ2017大会情報

写真