HOMEトピックス「2020年に伝説に残るチームを」 全日本女子チーム・火の鳥NIPPONが会見

トピックス

「2020年に伝説に残るチームを」 全日本女子チーム・火の鳥NIPPONが会見

2017.05.26

2017.05.26-3-top.JPG

 全日本女子チーム・火の鳥NIPPONが5月26日(金)、東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンター(以下、味の素トレセン)で記者会見を行いました。

 

2017.05.26-3-1.JPG 

 記者会見は木村憲治公益財団法人日本バレーボール協会会長の挨拶でスタート。「女子バレーは、1964年の東京五輪から正式種目になり、いきなり金メダルを獲得。メキシコ五輪では銀、ミュンヘン五輪でも銀、モントリオールで金、ロサンゼルスで銅。そして久々にロンドン五輪で銅メダルと、6つの金銀銅のメダルを獲得している数少ない競技の1つ。当然、世界の環境も変わってきており、メダルを獲得することが容易ではないことは承知しているが、やるからには決意を持って臨んでいる。過去の諸先輩方が築かれてきたように、頭を使って考えることで突破口を開けるだろうと思うので、皆さんの力をお借りしながら、実力をつけて盛り上げていきたい」と語りました。

 

2017.05.26-3-2.JPG

 続いて鳥羽賢二強化本部本部長が「歴代2代目の女性監督の誕生ということで、非常に大きなアドバンテージがあるのではないかと期待している。強い意志と覚悟を持って、2020年の東京オリンピックでは1番高い表彰台に上がれるように、中田監督以下頑張ってほしい」と挨拶しました。

 

2017.05.26-3-3.JPG

 中田久美監督は「今シーズン、5つの強化ポイントを選手たちに伝えている。スピード、正確性、連係、ケタ外れの集中力、そして世界に負けない強さ。今シーズンは時間がない中で試合をやりながらチームを作っていくことになると思うが、あくまでも勝ちにこだわり続け、2020年、伝説に残るチームを作り上げたい」と抱負を述べました。

 

2017.05.26-3-4.JPG

 また中田監督は、岩坂名奈選手(久光製薬スプリングス)をキャプテンに指名したことを発表しました。岩坂選手は「今までキャプテンという責任がある立場を経験したことがなかったので驚いた。2020年まで限られた時間の中でチームを作っていかなければならないので、選手とスタッフが一丸となり戦う集団を作り上げていきたい」と決意を語りました。

 

◆中田久美監督

「選手たちには私の思いや全日本のあるべき姿、国民の皆さんが何を私たちに期待しているのかなどをしっかり伝え、とにかく期待に応えるようにと伝えた。自国開催のオリンピックというのは、プレッシャーがものすごいと思う。そのプレッシャーを力に変えるというのは相当な覚悟と練習量が必要になってくるが、選手たちにはそれをチャレンジする勇気に変えてほしい。(2018年の)世界選手権でベスト6に入ることが、まずクリアすべき目標」

 

◆キャプテン・岩坂名奈選手

「キャプテンについて、『名奈ならできる、今まで通りの自分らしさを忘れずに』という言葉をもらったので、頑張りたいと思った。日本人は体が小さい。スピードをもっと上げて相手が嫌がるようなことをどんどん全員で仕掛けていきたい」

 

◆新鍋理沙選手

「2020年に向けてのスタートということで、東京オリンピックに挑戦できることを光栄に思う。攻撃はもちろん、サーブレシーブなどディフェンス面でも貢献していきたい。1年1年が大事だと思うので、アピールして戦力になれるように頑張りたい」

 

◆宮下遥選手

「東京オリンピックに向けて、今まで以上に覚悟を持ってやっていく。テンポの速い攻撃を仕掛けていきたい。チーム力を高めていくためにはコミュニケーションが大事だと思うが、ただの仲良しこよしではなく、『私はこう思っている』と、相手の為にも言い合える関係を作っていきたい」

 

◆古賀紗理那選手

「今まで以上にオリンピックを意識して、スパイクでアピールしてチームに貢献していきたい。中田監督がレセプションアタックで世界を目指すと言っていたように、レセプション(サーブレシーブ)はもちろんその後のオフェンス面でも、『一発で決める』という気持ちを出してやっていきたい」

 

◆小幡真子選手

「世界と戦えることは嬉しいが、これまで以上の覚悟が必要。特にサーブレシーブや声でチームを支えていくことを強みにして、求められていることをコートの中で表現できるようにしていきたい」

 

◆松本亜弥華選手

「全日本代表に選ばれて嬉しいけど責任も感じる。打点の高さが武器なので、そこを生かしてチームのために頑張り結果を残したい」

 

2017.05.26-3-6.JPG2017.05.26-3-8.JPG

 火の鳥NIPPONは6月29日(木)まで国内合宿を行い、30日(金)に「FIVBワールドグランプリ2017」の事前合宿を行うアペルドールン(オランダ)へと発ちます。7月7日(金)からは予選ラウンド第1週オランダ大会に臨みます。

 

 中田監督率いる新生火の鳥NIPPONの日本国内初戦は、ワールドグランプリの予選ラウンド第2週仙台大会。7月14日(金)にタイ、15日(土)にセルビア、16日(日)にブラジルと対戦します。8月にはマニラ(フィリピン)で開催される「第19回アジア女子選手権」に出場し、9月5日(火)からは今シーズンの締めくくりとなる「ワールドグランドチャンピオンズカップ2017(グラチャンバレー2017)」に出場します。

 

 JVAが運営するファンサイト「バレとも」の「バレともチケット」では、ワールドグランプリ仙台大会のチケット先行販売を5月31日(水)より抽選方式にて行います。バレともチケットについてはこちら(バレともウェブサイト)をご覧ください。会場のカメイアリーナ仙台(宮城県)にて、ぜひ火の鳥NIPPONへのご声援をよろしくお願いします!

関連リンク

2017年度全日本女子チーム・火の鳥NIPPONメンバー

2017年度国際大会スケジュール

写真