HOMEトピックスパナソニックパンサーズが激闘を制し優勝 V・プレミアリーグ男子ファイナル

トピックス

パナソニックパンサーズが激闘を制し優勝 V・プレミアリーグ男子ファイナル

2018.03.18

20180318-1-top.JPG

 2017/18V・プレミアリーグ男子ファイナルの2戦目が3月18日(日)に東京体育館で行われ、パナソニックパンサーズが豊田合成トレフェルサに2勝し、4年ぶり5回目の優勝を飾りました。

 豊田合成は先週の対戦からメンバーを変更し、スタメンに起用した山田脩造選手を軸とした攻撃で立ち上がりからリードを奪い、1セット目を先取しました。2セット目はパナソニックが取り返すと、その後も両チームの意地が激突します。高度な駆け引きの応酬でセットを分け合い、勝負はフルセットへともつれ込みました。5セット目は競り合いで迎えた終盤にチャンスを逃さなかったパナソニックがマッチポイントをつかむと、最後は福澤達哉選手がスパイクを決めて優勝を飾りました。

 「(ファイナル6で負傷した)清水(邦広選手)の代わりはこのチームにいないと思っている。自分たちがどう戦うかが大事」と繰り返し話していた福澤選手は、「自分が脚をつって4セット目は下がった中でも、若い選手が頑張って5セット目につないでくれた」と話しました。キャプテン・深津英臣選手や川村慎二監督も、活躍を見せた山内晶大選手や今村貴彦選手、この日が23歳の誕生日だった久原翼選手らの成長を語り、「誰が出ても勝てるチーム」というシーズン当初の目標を見事に達成したことを喜んでいました。

 惜しくも敗れた豊田合成の選手たちは、両チームを通して最多31得点と奮闘した高松卓矢選手をはじめ試合後、ショックに沈んでいましたが、「チームとして最後は、一番一つになれた試合ができた」(傳田亮太選手)、「最終的にいいチームになったと思う。誇りに思えるチーム」(キャプテン・古賀幸一郎選手)と話して、堂々と会場を後にしました。

 

20180318-1-1.JPG

男子ファイナル第2戦試合結果

パナソニックパンサーズ 3(19-25、25-16、24-26、26-24、15-13)2 豊田合成トレフェルサ

(パナソニックがファイナル通算2勝で優勝)

 

 これで2017/18シーズンのVリーグ男女公式戦はすべて終了しました。なお3月24日(土)と25日(日)に大田区総合体育館(東京都大田区)で「2017/18Vリーグオールスターゲーム」が開催されます。こちらも会場でぜひご声援ください。

 

写真提供:Vリーグ機構

関連リンク

V・プレミアリーグ男子大会 最終結果(個人賞を含む・Vリーグ公式)

V・プレミアリーグ女子大会 最終結果(同上)

ファイナル第1戦(3/10)試合結果

Vリーグオールスターゲームチケット販売について(Vリーグ公式)

 

写真