HOMEトピックスアメリカにフルセットで惜敗 ネーションズリーグ男子

トピックス

アメリカにフルセットで惜敗 ネーションズリーグ男子

2018.06.02

20180602-1.jpg

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)男子予選ラウンド第2週は6月1日(金)、ブラジル大会に場所を移し、龍神NIPPON・全日本男子バレーボールチームは、アメリカに2-3(25-23、25-13、18-25、20-25、10-15)で敗れました。
 VNL第1週通算、チーム最多の51得点(うちスパイク45)を決めた西田有志選手と、31得点でチームを引っ張るキャプテン・柳田将洋選手がスタメンに入り、第1、第2セットとテンポよく先取したものの、第3セットからは後のないアメリカが気を引き締めて臨み、日本は追いかける展開に。
 第4セットは一進一退の息詰まる展開を制することができず、第5セットも落としてしまいました。
 アメリカのミスで得た14得点を生かし切れず、公式戦としては勝てば2004年以来という大一番をものにできなかった悔しさは残りますが、全勝中のアメリカを追い詰めてセットを連取し、西田選手は通算67得点で全選手の得点ランキング4位に位置するなど、練習の成果が随所に現れた内容となりました。
 次は地元ブラジルとの戦います。引き続きのご声援をよろしくお願いいたします。

 

次戦 

6月2日(土) 8:35 (日本時間20:35) 日本×ブラジル

 

写真提供:FIVB

関連リンク

バレーボールネーションズリーグ男子大会概要

全日本男子メンバー

テレビ放送予定

6/1分帳票

選評

写真