HOMEトピックス世界選手権女子開催地名古屋市を嶋岡会長らが表敬訪問

トピックス

世界選手権女子開催地名古屋市を嶋岡会長らが表敬訪問

2018.09.05

2018.09.05-1-top.jpg 公益財団法人日本バレーボール協会嶋岡健治会長らが5日(水)、「2018女子世界選手権(世界バレー)」が行われる、名古屋市の河村たかし市長を表敬訪問しました。

 名古屋市の日本ガイシホールでは、第1次ラウンドの日本が出場する横浜大会(A組)と浜松大会(D組)の上位4チーム、計8チームが参加する第2次ラウンドが10月7日(日)から、第2次ラウンドを勝ち上がった6チームが参加する第3次ラウンドが14日(日)から行われます。

 河村市長は「ぜひ多くの市民にこのような世界トップレベルの大会を観戦し、楽しんでもらいたい」と話しました。嶋岡会長は「世界選手権はとても歴史がある大会。世界レベルのプレーを子どもたちに観戦して頂き、バレーボールを始めてもらうという好循環を、この大会を機に生みだしたい」と期待を込めました。

 その後、嶋岡会長から河村市長に、胸にJAPANの文字が入った赤色の応援Tシャツを贈呈しました。河村市長はその場で着用しました。

 世界バレー全ラウンドのチケットは一般販売中です。ぜひ会場で世界トップレベルのバレーボールを感じていただき、各チームの選手たちにご声援をよろしくお願いします。

 

写真右から、名古屋市教育委員会・杉﨑正美教育長、愛知県バレーボール協会・坂井克彦会長、河村市長、嶋岡会長、愛知県バレーボール協会・小縣徹男理事長

関連リンク

2018女子世界選手権特設サイト

写真

RSSを表示