HOMEトピックス新生V.LEAGUE 2018-19シーズン男子記者会見

トピックス

新生V.LEAGUE 2018-19シーズン男子記者会見

2018.10.10

2018.10.10-1-top.jpg 今季より新たな歴史を刻むV.LEAGUEの開幕を前に10月9日(火)、名古屋市内で男子の記者会見が行われ、V1とV2に所属する各チームのキャプテンとスタッフが出席しました(近畿クラブはチーム事情により欠席)。

 会見は昨年同様関係者や報道陣だけでなく、一般の方々にも開放され、通りがかった多くの人が足を止めていました。

 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構嶋岡健治会長は「新生Vリーグとしての第一歩は、26日(金)に大田区総合体育館(東京都)で開幕するサントリーサンバーズ対JTサンダーズの試合となる。各チームがそれぞれ趣向を凝らして盛り上げていくので、ぜひ各地でご覧いただければ」と話しました。今後は試合の興行権が各チームに委ねられることから、豊田合成トレフェルサの高松卓矢選手が「強さと同時に、イベントのエンターテインメント性を上げていかなければならない」と熱を込めれば、パナソニックパンサーズのキャプテン・深津英臣選手も「ホームとアウェーがはっきりしてくることが楽しみ。盛り上げるためには、選手がしっかり頑張ることが重要」と意気込みました。

 18-19シーズンは26日にV1リーグから開幕し、2019年4月のファイナルまで、全国各地で熱戦が繰り広げられます。

関連リンク

Vリーグ機構ホームページ

参加チーム・各Division開催期間

写真

RSSを表示