HOMEトピックス銅メダル死守 第3回アジアU23男子選手権

トピックス

銅メダル死守 第3回アジアU23男子選手権

2019.08.12

2019.08.12-1-1.JPG 第3回アジアU23男子選手権大会最終日11日(日)、男子U23日本代表チームは3位決定戦でパキスタンにセットカウント3-0で勝ち、銅メダルで大会を終了しました。

 お互いに予選リーグを首位で通過しながら、準決勝で苦杯を舐めた同士の対戦。前回大会で銀メダルを獲得した日本はチャイニーズタイペイに不覚を取られ、気持ちを切り替えて銅メダルを死守しました。

2019.08.12-1-top.JPG

 個人賞として、ベストミドルブロッカーに村山豪選手(写真中央右)、セカンドベストアウトサイドスパイカーに新井雄大主将(写真中央左)が選ばれました。

 大学生を中心とした若い選手たちは、さらに高いレベルを目指し、大学リーグやVリーグで精進を重ねます。

 

■3位決定戦

8月11日(日)

日本 3(25-18、25-23、25-18)0 パキスタン

 

写真提供:AVC

関連リンク

大会概要

出場メンバー

試合結果

写真

FIVBワールドカップバレーボール2019

アーカイブ

RSSを表示