HOMEトピックス男子代表中垣内祐一監督と柳田将洋主将らが原爆慰霊碑に献花

トピックス

男子代表中垣内祐一監督と柳田将洋主将らが原爆慰霊碑に献花

2019.10.08

20191008-1-2.jpg

 ワールドカップ2019男子広島大会に参戦するバレーボール男子代表中垣内祐一監督と柳田将洋主将が7日(月)、広島市の平和記念公園を訪れ、同大会を主催する国際バレーボール連盟や運営に携わる広島県バレーボール協会の役員らとともに、ピースセレモニー(原爆死没者慰霊碑への献花)を行いました。時を同じく、アルゼンチン代表チームも広島平和資料記念館を見学し、練習の合間を縫って被爆国としての日本の歴史、広島への理解を深めました。

 競技は9日から始まり、男子参加全12チームが広島に集結しました。全力を尽くす選手たちに応援をよろしくお願いします。

20191008-1-4.jpg

<左から、一般財団法人広島県バレーボール協会 副会長 松下光一、同専務理事 下村英士、公益財団法人日本バレーボール協会 会長 嶋岡健治、同男子強化委員長 矢島久德、国際バレーボール連盟 Fabio Azevedo、バレーボール男子日本代表監督 中垣内祐一、国際バレーボール連盟 Mushtaque Mohammed、バレーボール男子日本代表主将 柳田将洋、国際バレーボール連盟 Anna Liza Tomas、同 Jaksuwan Tocharoen、同 Mathieu Meriaux>

関連リンク

ワールドカップ2019特設サイト

チケット情報

写真

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.