HOMEトピックス中学生の都道府県代表が熱戦 JOCカップ大阪で開幕

トピックス

中学生の都道府県代表が熱戦 JOCカップ大阪で開幕

2019.12.26

2019.12.26-1-top.JPG JOCジュニアオリンピックカップ 第33回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(JOCカップ)の開会式が12月25日(水)、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館/大阪市港区)で行われました。

 男女各48チームの選手たちが、堂々と入場行進しました。公益財団法人日本バレーボール協会嶋岡健治会長は、「この大会は将来のバレーボール界を担う選手の発掘と育成を目的として行われ、多くの有望選手が輩出してきました。選手の皆さんは各都道府県の代表として選ばれた誇りと責任を自覚し、日頃培った技と力を存分に発揮され、多くの方々に感動していただけるよう頑張ってください」とエールを送りました。

 男子の福岡代表キャプテン・小野翔吾選手(香椎第3中学校3年)、女子の東京代表キャプテン・春日七海選手(八王子実践中学校3年)が、「バレーボールは人と人とのつながりで成り立つ競技です。私たちはこの競技を通して多くの方々に支えていただき、数々の困難を乗り越えることができました。これから始まる大舞台を、皆さまへの恩返しの場とします。一球のボールに魂を込め、都道府県代表としての誇りと感謝を胸に、勇気と感動を与えるプレーをすることをここに誓います」と宣誓しました。

 33回目の開催となる本大会は、26日(木)にグループ戦、27日(金)に決勝トーナメントの1回戦から3回戦までを行います。最終日の28日(土)には準決勝と決勝があり、全都道府県の頂点に立つチームが決定します。

関連リンク

大会概要

男子結果速報

女子結果速報

写真

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.