HOMEトピックスネーションズリーグ2021 一国に全チームを集めて開催

トピックス

ネーションズリーグ2021 一国に全チームを集めて開催

2021.01.28

FIVB-VB-VNL2019-MKT-BK-OffMarks-OffEvent-Horizontal-BlueBackground-CMYK.jpg 国際バレーボール連盟(FIVB)は1月26日(火)、2021年に3回目を迎える国際大会「FIVBバレーボールネーションズリーグ2021」男女予選ラウンド、ならびにファイナルのスケジュールを変更し、新型コロナウイルス感染予防の観点から、参加男女各16チームを一国に集めて開催することを発表しました。これまでは各チームが5週に渡って世界各国を転戦する方式でした。

 男女とも参加チーム、試合数に変更はなく、FIVBが今後開催地を募り、2月には開催国と試合日程を決めるとしています。

 

 日本では6月に京都、富山で試合を予定していましたが、2021年度のVNL開催地として立候補する予定はございません。開催国や競技日程などは決まり次第、お知らせいたします。

関連リンク

FIVB発表リリース(英語)

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.