HOMEトピックス2年ぶりの国際大会 東京チャレンジ2021、明日開幕

トピックス

2年ぶりの国際大会 東京チャレンジ2021、明日開幕

2021.04.30

 「バレーボール日本代表国際親善試合~東京チャレンジ2021~」の開幕を明日に控えた4月30日(金)、本大会に出場する日本と中国の男女代表チームが試合会場の有明アリーナ(東京都江東区)のマッチコートで最終調整を行いました。 

 

 龍神NIPPONの中垣内祐一監督は「いよいよシーズンが始まった、試合が本当に久しぶりだなと感じている。1年間のブランクが不安ではあるが、素晴らしい体育館で試合をできることをすごく楽しみにしている。ゲームを重ねることでこの会場に慣れて、それがアドバンテージにつながれば、と思っている」と現在の心境を語りました。また、最終登録選手14人について、「現時点で戦力として期待できるメンバーを揃えた」とし、「昨年から入っている大学生2人(大塚達宣選手、髙橋藍選手)に関しては大いに期待している。今回もプレーするチャンスがたくさんあると思うし、中国はヨーロッパの強豪国と遜色ない高さで、2019年のワールドカップ以降ヨーロッパのチームと対戦する機会がなかったので、そういう意味でその2人にとっては初めてとなる高いブロックとの対戦になる。いっぱい失敗してもらいたい。いい意味で次につながる経験をいっぱいしてもらいたい」と説明しました。

 

 出場すればこの試合が日本代表デビューとなる大塚達宣選手は「昨年度は新型コロナウイルスの影響で世界で戦うことができなかった。今年はオリンピックをはじめとする国際大会がたくさんあるので、その一つ目の大会ということで今自分が世界相手にどれだけ通用するのか、というのもわかると思う。それを感じながらバレーをしたい。スパイクのコースへの打ち方や、ブロックを利用するスパイクが自分の売り。そういった自分の良さを出していきたい」とコメント。また、同じく初選出となった髙橋藍選手について「年が近い選手でポジションも同じ。自分としても負けたくないという気持ちが強く、向こうもそう思っていると思うので、お互い刺激しあいながらやっているとてもいい関係」と語りました。

 その髙橋藍選手は「初めて世界と戦える舞台なので、今の自分が、そして今持っている能力がどれだけ通用するのかがわかる場となるので、課題が見つかればと思う。(オリンピックについて)手の届くところまできているので、明日の試合もそうだが、楽しみな気持ちの方が強い。初の国際試合なので、どれだけ通用するのか不安な部分もある。自分自身の今ある力をまずは明日すべて出し切ることが一番大事。そこからまだ何が足りないのか課題を見つけて、オリンピックに向かっていくのが一番いいのではないかと思う。レシーブ力を全面的に出していきたい」と意気込みを語りました。

 

 男子に続いて、女子日本代表・火の鳥NIPPONもコートに姿を見せました。中田久美監督は「チームにとってはいいチャンスをいただいていると思う。試合勘を取り戻すために、オリンピックから逆算しても一度世界レベルのチームと腕試しをするというのは本当に有効で大切な時間。(コロナ禍で)一国民としては複雑な思いもあるが、このような状況で試合の準備をしていただいていることに感謝しつつ、感染者を出さないことを徹底しながら無駄のない時間にしたい。これからスポーツの価値は変わっていくと思うし、色々な意味で大きな分岐点になると思うので、しっかり責任と役割を果たしたい」と話しました。

 キャプテンの荒木絵里香選手は「久々の試合がオリンピック競技会場の有明アリーナで、そして世界一の中国と試合ができるということは自分たちにとってすごく貴重な機会。とにかく今ある自分たちの力を精一杯、全て出し切れるように頑張りたい。(チームは)すごくいい雰囲気でここまで練習できているし、チーム内でももっとこうしよう、こうしてほしいという会話が多くできているので、明日はそれをつなげていきたい。試合ができることに喜びと感謝の気持ちでいっぱい。それを精一杯コートの上で表現できるように全力で頑張ります」と決意を語りました。

 

 明日の試合が日本代表デビューとなる籾井選手は「まずはここに立たせてもらえることに感謝して、全力でプレーしたい。身長が高く、高いところからアタッカーが打つ打点まで(ボールが)行くスピードが速いと思うので、そこを生かしたい。このチームで練習を始めて2カ月程しか経っておらず、他のセッターに比べて期間が短い分、自分からコミュニケーションをとっていかないと合わせられない。勝つためには誰が入っても同じバレーができる、というのが一番だと思う。自分のやるべきこと、セッターとしてやるべきことを全力でやって、戦っていきたい」と話しました。

 東京2020オリンピックのバレーボール競技会場にて、同大会のテストイベントとして開催されるこの東京チャレンジ2021は、東京都への緊急事態宣言発出と対象地域でのイベント・スポーツを原則無観客で行うよう要請を受けたことにより、無観客にて開催されます。テレビ放送がございますので是非テレビの前から龍神NIPPON・火の鳥NIPPONにご声援をお送りください。

写真

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.