HOMEトピックス下北沢成徳高校が3年ぶりに王座返り咲き 全国高校総体女子

トピックス

下北沢成徳高校が3年ぶりに王座返り咲き 全国高校総体女子

2021.08.01

20210731-10.jpg 

 令和3年度全国高等学校総合体育大会女子バレーボール競技大会(インターハイ)決勝が7月31日(土)、いしかわ総合スポーツセンター(石川県金沢市)で行われ、下北沢成徳高校(東京)が就実高校(岡山)をセットカウント3-1(19-25、27-25、25-16、25-21)で下し、3年ぶり4度目の頂点に輝きました。

20210731-6.JPG

 決勝は春の高校バレー2021優勝校の就実高校と、平成30年以来3年ぶりの優勝を目指す下北沢成徳高校の対戦となりました。
 第1セット序盤は一進一退の攻防となりましたが中盤以降、就実高校の岡田愛菜選手や西山葉月選手のスパイクが要所で決まり、就実高校が第1セットを先取します。第2セットも深澤つぐみ選手のブロックによる連続得点などで突き放しにかかる就実高校に対し、下北沢成徳高校も濱村ゆい選手のコースを狙った巧みなスパイクや、効果的なサーブなどで対抗します。デュースにもつれ込みましたが、下北沢成徳高校が古川愛梨選手のブロックなどで得点を重ね、このセットを奪い返しました。第3セットも下北沢成徳高校の高いブロックが随所に見られ、さらに濱村選手や谷島里咲選手の活躍でセットを連取すると、続く第4セットも下北沢成徳高校が有利に試合を展開します。終盤は古川選手の効果的なブロック、最後は谷島選手が強烈なスパイクを決め、下北沢成徳高校が3年ぶりの優勝を飾りました。 

 

 8月2日(月)には男子大会も開会式を迎えます。引き続きご声援をよろしくお願いします。

関連リンク

全国高校総体女子大会概要

決勝トーナメント戦結果(PDF)

ベスト6表彰選手(PDF)

優秀選手(PDF)

全国高校総体男子大会概要

写真

アーカイブ

RSSを表示

寄附金制度

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.