HOMEトピックス

トピックス

新着トピックス

第39回全日本小学生大会が開幕 目指すは真夏の日本一

2019.08.07国内大会

第39回全日本小学生大会が開幕 目指すは真夏の日本一

 第39回全日本バレーボール小学生大会の開会式が8月6日(火)、川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)で行われ、各都道府県の代表男女48チーム(北海道は2チーム)と男女混合42チームの選手が力強く入場行進しました。  開会式では、公益財団法人日本バレーボール協会会長嶋岡健治が、「選手の皆さんの若い力と元気あふれる思いっきりのプレーを期待いたします」と選手を激励しました。また男子日本代表の山本智大選手、大竹壱青選手は「今、自分が世界と戦えているのは、小学生時代の基本練習があったから」と選手に呼びかけ、対人レシーブを披

続きを読む

アジアU23男子選手権 個性豊かなメンバーで予選首位通過

2019.08.06国際大会

アジアU23男子選手権 個性豊かなメンバーで予選首位通過

 第3回アジアU23男子選手権大会が3日(金)、ミャンマーで開幕し、男子U23日本代表チームは予選リーグを3戦全勝で、B組を首位通過しました。2次ラウンド(1-8位)に進出し、7日(水)、D組2位の中国と対戦します。※一部試合順・開始時間に変更が生じています  新井雄大主将をはじめ、堀江友裕選手や小澤宙輝選手、佐藤駿一郎選手など日本代表に登録されたことのある大学生たちに加え、Vリーガーも含めた個性豊かな選手たちが日替わりで活躍しながら、チームは成長を続けています。ここからはレベルの高い相手との対戦が続きますが、引き続

続きを読む

男子日本代表カナダと親善試合 1勝1敗

2019.08.05国際大会

男子日本代表カナダと親善試合 1勝1敗

 男子日本代表チームは3日(土)、4日(日)、青山学院記念館(東京都渋谷区)でカナダと国際親善試合を2連戦し、セットカウント3-0、2-3で1勝1敗としました。  第1戦はけがを克服した清水邦広選手が3年ぶりに日本代表のコートに立ち、ファンに元気な姿を見せ、石川祐希選手が6本のサービスエースを含む最多の17得点で活躍しました。日本の猛暑に閉口気味のカナダは第2戦、世界ランク6位の実力をもって、徐々にペースを取り戻します。日本は前日からメンバーを変え、柳田将洋主将、髙橋健太郎選手など多くの選手をコートに送り込みました

続きを読む

全国高校総体男子 松本国際高校が接戦制し8年ぶり2度目の優勝

2019.08.04国内大会

全国高校総体男子 松本国際高校が接戦制し8年ぶり2度目の優勝

 令和元年度全国高等学校総合体育大会男子バレーボール競技大会(インターハイ)決勝が8月3日(土)、早水公園総合文化センター(宮崎県都城市)で行われ、松本国際高校(長野)が東北高校(宮城)を3-1(32-30、23-25、25-23、26-24)で下し、創造学園高校時代を含めると8年ぶり2度目、松本国際高校としては初の栄冠に輝きました。  速さのあるコンビバレーが持ち味の松本国際と、平均身長約187㎝と全国トップレベルの高さを誇る東北の対決となった決勝は、第1セットからジュースにもつれ込む接戦になりました。松本国際はエ

続きを読む

2019男子国際親善試合日本対カナダ  グッズ販売について

2019.07.31お知らせ

2019男子国際親善試合日本対カナダ グッズ販売について

    8月3日(土)・4日(日)に青山学院記念館で開催される「2019男子バレーボール国際親善試合 日本対カナダ」の会場内で、グッズ販売を行います。   グッズ売場は、1Fのアリーナ内(入場口側[北側])にございます。会場外での販売はございません。   お支払い方法は現金のみとなっておりますので、予めご了承ください。   OFFICIAL MATCHDAY PROGRAM(800円)、スティックバルーン(300円)のほか、2019龍神NIPPON公式応援Tシャツや

続きを読む

ビーチバレーボールオリンピアンにOLY授与

2019.07.31ビーチバレー

ビーチバレーボールオリンピアンにOLY授与

 東京・お台場で行われたFIVB主催の国際大会「ビーチバレーボールワールドツアー2019 4-star 東京大会」において28日(日)、世界オリンピアンズ協会による「OLY(オーリー)」の授賞式が開かれました。 OLYとは、オリンピックに出場した選手のみが使用できる称号で、「ドクター」や「プロフェッサー」のように、名前の前後に付けることができます。現在、世界で1万人近くのオリンピアンが使用しています。 このたび、五輪ビーチバレーボール競技に出場した12人の日本人に贈られ、そのうちの8人が授賞式に出席しました。 写真左

続きを読む

全国高校総体男子開幕 女子大会に続き宮崎で熱戦

2019.07.31国内大会

全国高校総体男子開幕 女子大会に続き宮崎で熱戦

 令和元年度全国高等学校総合体育大会男子バレーボール競技の開会式が7月30日(火)、都城市早水公園体育文化センター(宮崎県都城市)で開かれました。  公益財団法人日本バレーボール協会会長嶋岡健治が、開催地の方々への感謝と、出場する選手たちへ「来年開催される東京2020オリンピック、2024年のパリ五輪に出場する選手として大きく羽ばたいてほしい」と激励の言葉を述べました。  出場49チームを代表し、開催地・宮崎県代表都城工業高校の黒木奨輝主将が「“響かせろ 我らの魂 南の空へ”のスローガンのもと

続きを読む

全国高校総体女子 就実高校が24年ぶり3度目の栄冠

2019.07.29国内大会

全国高校総体女子 就実高校が24年ぶり3度目の栄冠

  令和元年度全国高等学校総合体育大会女子バレーボール競技大会(インターハイ)決勝が7月28日(日)、早水公園総合文化センター(宮崎県都城市)で行われ、就実高校(岡山)が共栄学園高校(東京)を3-2(25-19、25-23、12-25、17-25、15-13)で下し、24年ぶり3度目の頂点に輝きました。  失セット1で勝ち上がってきた就実と5年ぶりのインターハイ出場で快進撃を見せた共栄学園の対決となった女子決勝。就実は岡﨑凛華主将や、エースの大山遼選手のスパイクが効果的に決まり、第1、2セットを連取しました。しかしそ

続きを読む

女子日本代表 オランダ遠征で親善試合に手応え

2019.07.29お知らせ

女子日本代表 オランダ遠征で親善試合に手応え

 女子日本代表チームは26日(金)、27日(土)、遠征先オランダ代表と国際親善試合を行い、いずれもセットカウント2-3で惜しくも敗れました。  オリンピック予選を間近に控え、状態も上がっているオランダを相手にさまざまなメンバーで対抗した日本は、2日とも最後まで勝負の行方がわからない接戦を展開しました。あと一歩のところで勝利には届きませんでしたが、手応えも得られる経験となりました。    8月10日(土)、11日(日)にはビッグタートル深谷(埼玉県深谷市)でチャイニーズタイペイとの国際親善試合を開催します。引き続きご注

続きを読む

令和初の栄冠目指して 全国高校総体女子、宮崎で開幕

2019.07.25国内大会

令和初の栄冠目指して 全国高校総体女子、宮崎で開幕

 令和元年度全国高等学校総合体育大会女子バレーボール競技大会が7月24日(水)、都城市早水公園体育文化センター(宮崎県都城市)で開幕しました。  公益財団法人日本バレーボール協会業務執行理事村上成司が、「日々の鍛錬で培われた技と力、チームワークを遺憾なく発揮し、たくさんの方々に感動を与えられるようなプレーに期待します。さらに競技を通して日本各地の仲間たちと友好の絆を深められることを願っています」と選手たちを激励しました。  出場52チームを代表し、開催地・宮崎県代表都城商業高校の今村弥沙樹主将が「各都道府県の代表とし

続きを読む

アーカイブ

RSSを表示