HOMEトピックス

トピックス

新着トピックス

ドミニカ共和国にフルセット勝利 女子世界選手権第2次ラウンド初戦

2018.10.08国際大会

ドミニカ共和国にフルセット勝利 女子世界選手権第2次ラウンド初戦

 2018女子世界選手権は10月7日(日)、名古屋と大阪で第2次ラウンドが始まりました。全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONチームはE組の会場、日本ガイシホール(名古屋市)でドミニカ共和国と対戦し、セットカウント3-2(25-17、28-26、22-25、25-27、15-11)で勝利しました。  日本は第1、第2セットを連取しましたが、その流れを続けることができません。中田久美監督も「ストレートで勝たなければいけなかった」と振り返りますが、3セット目からはサーブの効果が下がってドミニカ共和国の強力な攻撃

続きを読む

2018女子世界選手権 第2次ラウンド前日監督会見と公開練習を実施

2018.10.06国際大会

2018女子世界選手権 第2次ラウンド前日監督会見と公開練習を実施

 2018女子世界選手権は10月7日(日)から名古屋と大阪で第2次ラウンドが始まります。日本が進出した第2次ラウンドE組の試合会場となる日本ガイシホール(名古屋市)で10月6日(土)、出場8チームの監督が出席して会見が行われ、その後、全日本女子・火の鳥NIPPONが練習を公開しました。  監督会見では、ブラジル、ドミニカ共和国、ドイツ、日本、メキシコ、オランダ、プエルトリコ、セルビアの監督(写真左から)が意気込みを語りました。日本の中田久美監督は「ハードワークを前提とし、チャレンジ精神を忘れず、一試合一試合成長してい

続きを読む

2018年北海道胆振東部地震災害義援金のご報告(世界選手権)

2018.10.06国際大会

2018年北海道胆振東部地震災害義援金のご報告(世界選手権)

 2018年9月6日、北海道胆振地方中東部を震源とする地震により、北海道に大きな被害が及びました。この度の地震災害により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。  公益財団法人日本バレーボール協会ではFIVB女子バレーボール世界選手権1次ラウンドA組横浜アリーナ]におきまして、2018年9月29日(土)~10月4日(木)に「北海道胆振東部地震災害義援金」活動を行いました。  集まりました義援金315,447円は全額、日本赤十字社を通じて被災された方々に届けられます。ご協力賜りました皆様に厚く御礼申し上げます

続きを読む

福井しあわせ元気国体2018 バレーボール競技が開幕

2018.10.06国内大会

福井しあわせ元気国体2018 バレーボール競技が開幕

 第73回国民体育大会、福井しあわせ元気国体2018のバレーボール競技が10月5日(金)に福井県で開幕しました。  地元の声援を受け、少年男子と少年女子の福井チームは見事1回戦を突破。成年男子、成年女子チームは惜しくも敗れてしまいましたが、会場は大きな拍手に包まれました。台風の影響も懸念されましたが、2日目の今日はさらなる激闘が展開されています。今大会を制するチームはいったいどこになるのでしょうか。   ■福井少年女子チームコメント 鈴木定監督「地元開催ということもあり、とてもプレッシャーがあった。それでも

続きを読む

ドイツに勝利しA組2位で第2次ラウンドへ 2018女子世界選手権

2018.10.04国際大会

ドイツに勝利しA組2位で第2次ラウンドへ 2018女子世界選手権

 日本各地で開催中の2018女子世界選手権は10月4日(木)、第1次ラウンド最終日が行われ、全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONチームは横浜アリーナ(横浜市)でドイツと対戦。セットカウント3-0(27-25、25-20、26-24)で勝利しました。通算成績は4勝1敗で、オランダに次ぐA組2位で第2次ラウンドへと進出します。  第1セットは一進一退の攻防から、終盤に日本が抜け出してチャンスをつかみましたが、追いつかれてジュースへ。それでも荒木絵里香選手のブロード攻撃でセットポイントをつかみ、最後はラリーの末

続きを読む

第2次ラウンド進出決定 カメルーンを下し3勝目 女子世界選手権

2018.10.03国際大会

第2次ラウンド進出決定 カメルーンを下し3勝目 女子世界選手権

 全国各地で開催中の2018女子世界選手権は10月3日(水)、A組とD組で第1次ラウンド4日目が行われ、全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONチームは横浜アリーナ(横浜市)でカメルーンと対戦。セットカウント3-0(25-19、25-20、25-11)で勝利し、通算成績を3勝1敗としました。この結果A組3位以上が確定し、第2次ラウンドへの進出も決定しています。  日本は第1、第2セットでカメルーンの高い攻撃力に苦しめられ、切り返しの攻撃も阻まれて、なかなか思うようなバレーが展開できませんでした。しかし「第3セ

続きを読む

メキシコに勝利し白星先行 女子世界選手権第1次ラウンド3戦目

2018.10.01国際大会

メキシコに勝利し白星先行 女子世界選手権第1次ラウンド3戦目

 日本各地で開催中の女子世界選手権第1次ラウンドは10月1日(月)に3日目を迎えました。全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONチームは横浜アリーナ(横浜市)でメキシコと対戦し、セットカウント3-0(25-15、25-15、25-15)で快勝し、通算成績を2勝1敗としました。  これまでの2戦とは異なるスタメンで挑んだ日本は、石井優希選手や長岡望悠選手の活躍で2セットを先取すると、そこからさらにメンバーを変更して第3セットへ。開幕以来、全選手がコートに立ってプレーし、しっかりこのセットも取り切って今後の戦いへ

続きを読む

日本はオランダに惜敗 2018女子世界選手権第2戦

2018.10.01国際大会

日本はオランダに惜敗 2018女子世界選手権第2戦

 女子世界選手権は30日(日)、日本各地で2日目が行われ、全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONは横浜アリーナでオランダに、セットカウント2-3(25-27、25-16、26-28、25-19、13-15)で敗れました。 試合後「悔しいです」と語った中田久美監督。競り合いになった第1、3、5セットを惜しくも取り切れませんでした。特に第5セットは相手のマッチポイントから黒後愛選手の連続サービスエースで追い上げるなど、「最後まで諦めないで頑張ってくれた」と中田監督も評価する粘りを発揮しました。  「今

続きを読む

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.