HOMEトピックス

トピックス

新着トピックス

第20回アジア女子選手権大会 ストレート連勝で予選首位通過

2019.08.20国際大会

第20回アジア女子選手権大会 ストレート連勝で予選首位通過

 第20回アジア女子選手権大会が18日(日)、韓国で開幕し、女子日本代表チームは予選リーグをいずれもストレートで3戦全勝、B組を首位通過しました。2次ラウンド(1-8位)に進出し、22日(木)、D組2位のチーム(追記・インドネシアに決定)と対戦します。  8月11日(日)の国際親善試合(埼玉県深谷市)を日本代表Bチームとして戦ったメンバーが、この大会に出場しています。U20世界選手権で初優勝を飾った選手たちを中心に、松井珠己主将や長内美和子選手ら若いメンバーを相原昇監督が率いてアジアの頂点を狙います。フル代表のチーム

続きを読む

全日本中学校選手権大会開幕 日本一を目指し和歌山で熱戦

2019.08.18国内大会

全日本中学校選手権大会開幕 日本一を目指し和歌山で熱戦

 令和元年度全国中学校体育大会 第49回全日本中学校バレーボール選手権大会開会式が8月17日(土)、和歌山ビッグホエール(和歌山市)で行われました。  公益財団法人日本バレーボール協会村上成司業務執行理事が「全国大会への出場には多くの努力があったことと推察されます。バレーボールはチームスポーツです。苦しい時に助けてくれるのは仲間、助けることができるのも仲間です。数あるスポーツの中でバレーボールを選び、バレーボールを通して様々なことを育んだ仲間との絆とチーム力を、思う存分発揮されることを願っています」と選手を激励しまし

続きを読む

銅メダル死守 第3回アジアU23男子選手権

2019.08.12国際大会

銅メダル死守 第3回アジアU23男子選手権

 第3回アジアU23男子選手権大会最終日11日(日)、男子U23日本代表チームは3位決定戦でパキスタンにセットカウント3-0で勝ち、銅メダルで大会を終了しました。  お互いに予選リーグを首位で通過しながら、準決勝で苦杯を舐めた同士の対戦。前回大会で銀メダルを獲得した日本はチャイニーズタイペイに不覚を取られ、気持ちを切り替えて銅メダルを死守しました。  個人賞として、ベストミドルブロッカーに村山豪選手(写真中央右)、セカンドベストアウトサイドスパイカーに新井雄大主将(写真中央左)が選ばれました。  大学生を中心とした

続きを読む

2019女子国際親善試合 チャイニーズタイペイに2連勝

2019.08.11国際大会

2019女子国際親善試合 チャイニーズタイペイに2連勝

 女子日本代表チームは10日(土)、11日(日)、深谷ビックタートル(埼玉県深谷市)でチャイニーズタイペイと国際親善試合を2連戦し、いずれもセットカウント3-0で快勝しました。  第1戦は日本代表Aチームが大きなリードを保ち、石井優希選手、黒後愛選手、古賀紗理那選手を中心に得点を重ねました。第3セットは石井選手以外のメンバーを入れかえ、ベンチ入り選手全員がコートに立ち、多くのファンにプレーを見せました。第2戦はU20の選手を中心にしたBチームで参戦。第1セットはA代表にも名を連ねる中川美柚選手や吉野優理選手、長内美和

続きを読む

第39回全日本小学生大会閉幕 夢をかなえた日本一

2019.08.10国内大会

第39回全日本小学生大会閉幕 夢をかなえた日本一

 第39回全日本バレーボール小学生大会は8月9日(金)、川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)で最終日を迎え、各カテゴリーで優勝チームが決定しました。決勝の結果は次の通りです。   ■男子決勝 東京杉一クラブ(東京)2(21-12、21-17)0 片桐VBC(奈良)  予選1日目のリーグ戦でも両チームは対戦し、その時も東京杉一クラブが勝利しました。片桐VBCとしてはリベンジのチャンスでしたが、東京杉一は佐々木綾星主将が安定したサーブレシーブでエース楓淳道選手の攻撃につなげて確実に加点していきます。守って

続きを読む

2019女子バレーボール国際親善試合 日本対チャイニーズタイペイ イベント・グッズ販売情報

2019.08.08国際大会

2019女子バレーボール国際親善試合 日本対チャイニーズタイペイ イベント・グッズ販売情報

 8月10日(土)、11日(日・祝)に深谷ビッグタートル(埼玉県深谷市)で開催される「2019女子バレーボール国際親善試合 日本対チャイニーズタイペイ」でのイベントとグッズ販売に関する情報をご案内いたします。   ■日本代表選手によるお出迎え 10日(土)は日本代表Bチーム、11日(日・祝)は日本代表Aチームが、開場時に皆さまを2階入場口でお出迎えいたします。両日とも、選手は3つのグループに分かれて(1)国際・国内大会告知チラシ、(2)ミネラルウォーター、(3)女子日本代表×ミズノ特製うちわを

続きを読む

第39回全日本小学生大会が開幕 目指すは真夏の日本一

2019.08.07国内大会

第39回全日本小学生大会が開幕 目指すは真夏の日本一

 第39回全日本バレーボール小学生大会の開会式が8月6日(火)、川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市)で行われ、各都道府県の代表男女48チーム(北海道は2チーム)と男女混合42チームの選手が力強く入場行進しました。  開会式では、公益財団法人日本バレーボール協会会長嶋岡健治が、「選手の皆さんの若い力と元気あふれる思いっきりのプレーを期待いたします」と選手を激励しました。また男子日本代表の山本智大選手、大竹壱青選手は「今、自分が世界と戦えているのは、小学生時代の基本練習があったから」と選手に呼びかけ、対人レシーブを披

続きを読む

アジアU23男子選手権 個性豊かなメンバーで予選首位通過

2019.08.06国際大会

アジアU23男子選手権 個性豊かなメンバーで予選首位通過

 第3回アジアU23男子選手権大会が3日(金)、ミャンマーで開幕し、男子U23日本代表チームは予選リーグを3戦全勝で、B組を首位通過しました。2次ラウンド(1-8位)に進出し、7日(水)、D組2位の中国と対戦します。※一部試合順・開始時間に変更が生じています  新井雄大主将をはじめ、堀江友裕選手や小澤宙輝選手、佐藤駿一郎選手など日本代表に登録されたことのある大学生たちに加え、Vリーガーも含めた個性豊かな選手たちが日替わりで活躍しながら、チームは成長を続けています。ここからはレベルの高い相手との対戦が続きますが、引き続

続きを読む

男子日本代表カナダと親善試合 1勝1敗

2019.08.05国際大会

男子日本代表カナダと親善試合 1勝1敗

 男子日本代表チームは3日(土)、4日(日)、青山学院記念館(東京都渋谷区)でカナダと国際親善試合を2連戦し、セットカウント3-0、2-3で1勝1敗としました。  第1戦はけがを克服した清水邦広選手が3年ぶりに日本代表のコートに立ち、ファンに元気な姿を見せ、石川祐希選手が6本のサービスエースを含む最多の17得点で活躍しました。日本の猛暑に閉口気味のカナダは第2戦、世界ランク6位の実力をもって、徐々にペースを取り戻します。日本は前日からメンバーを変え、柳田将洋主将、髙橋健太郎選手など多くの選手をコートに送り込みました

続きを読む

全国高校総体男子 松本国際高校が接戦制し8年ぶり2度目の優勝

2019.08.04国内大会

全国高校総体男子 松本国際高校が接戦制し8年ぶり2度目の優勝

 令和元年度全国高等学校総合体育大会男子バレーボール競技大会(インターハイ)決勝が8月3日(土)、早水公園総合文化センター(宮崎県都城市)で行われ、松本国際高校(長野)が東北高校(宮城)を3-1(32-30、23-25、25-23、26-24)で下し、創造学園高校時代を含めると8年ぶり2度目、松本国際高校としては初の栄冠に輝きました。  速さのあるコンビバレーが持ち味の松本国際と、平均身長約187㎝と全国トップレベルの高さを誇る東北の対決となった決勝は、第1セットからジュースにもつれ込む接戦になりました。松本国際はエ

続きを読む

アーカイブ

RSSを表示

Copyright © Japan Volleyball Association. All rights reserved.