HOMEトピックス

トピックス

国際大会

セルビアが初優勝 2018女子世界選手権 3週間以上の熱闘も閉幕

2018.10.21NEW国際大会

セルビアが初優勝 2018女子世界選手権 3週間以上の熱闘も閉幕

 3週間以上にわたって日本各地で開催された2018世界選手権女子は10月20日(土)、横浜アリーナ(横浜市)で最終日を迎え、決勝でセルビアがイタリアをフルセットで破って女王の座に輝きました。3位決定戦では中国がオランダにストレートで勝利しました。  決勝で先行したのはイタリア。第1、第3セットをものにしましたが、第4セットにはエースのボシュコビッチ選手を中心にセルビアがイタリアを突き放してフルセットに持ち込みます。最終第5セットにも8-8からボシュコビッチ選手の強打と2枚ブロックが決まったセルビアは、終盤のラリーを制

続きを読む

FIVBワールドカップ2019男女大会 開催日程・開催地を発表

2018.10.20NEW国際大会

FIVBワールドカップ2019男女大会 開催日程・開催地を発表

 FIVBのアリ・グラサ会長とJVAの嶋岡健治会長が10月20日(土)、横浜アリーナ(横浜市)で会見を行い、FIVBワールドカップバレーボール2019男女大会の日程と開催地を発表しました。  「日本で大会が開催されることがどれだけ素晴らしいことか、日本にずっといる皆さんは気づかないかもしれない」と切り出したグラサ会長。4年に一度開催されるこの大会が、東京2020オリンピックの前年に開催されることにも触れて、その意義を強調しました。「日本には素晴らしい、美しい文化があります。ここで開催される来年の大会も、必ず

続きを読む

2018女子世界選手権5位決定戦 日本はアメリカに敗れ6位

2018.10.19NEW国際大会

2018女子世界選手権5位決定戦 日本はアメリカに敗れ6位

 決勝ラウンドに突入した2018女子世界選手権。全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONは10月19日(金)、横浜アリーナ(横浜市)でアメリカと5位決定戦を戦い、セットカウント1-3(23-25、16-25、25-23、23-25)で敗れました。この結果、6位で大会を終了しました。    古賀紗理那選手、新鍋理沙選手、石井優希選手らにつないでポイントを重ね、第3セットこそもぎ取りましたが、第1セットと第4セットは2点差で失って敗れ、今シーズンの戦いが終わりました。  「たくさんの応援をくださった方々

続きを読む

世界選手権5位決定戦を前に横浜で練習を公開 全日本女子

2018.10.18NEW国際大会

世界選手権5位決定戦を前に横浜で練習を公開 全日本女子

 2018女子世界選手権は10月19日(金)から決勝ラウンドが始まります。18日(木)には出場各チームが会場の横浜アリーナ(横浜市)で会場練習を行い、全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONも公開練習で元気な姿を披露しました。  練習を終えて、中田久美監督は「勝つことしか考えていない。本当に集大成の試合になるので、今シーズンやってきたことを出し切りたい。それが次につながるのではないかと思う」と話しました。軽快なプレーを見せていた黒後愛選手も「自分のプレーを自分らしく出して、勝つんだという気持ちを出し切りたい」

続きを読む

世界選手権会場でアンチドーピングとクリーン・バレーボールキャンペーンを実施

2018.10.18NEW国際大会

世界選手権会場でアンチドーピングとクリーン・バレーボールキャンペーンを実施

 国際バレーボール連盟(FIVB)、日本バレーボール協会(JVA)と日本アンチドーピング機構(JADA)が合同で、女子世界選手権第1次ラウンドの休息日に「プレー・クリーン」活動を実施しました。  このプログラムは、世界のトップ選手たちがアンチドーピングに関する役割と責任を今一度確認し、知識だけでなく、競技者の「真実」を将来の世代へとつないでいくためにも、ロールモデルとしての活動を期待されて行われたものです。  選手たちは積極的にプログラムへと参加し、相互質問形式のクイズを楽しみました。こういった活動は、東京2020大

続きを読む

世界選手権第3次ラウンド第2戦 イタリアに一歩及ばず5位決定戦へ

2018.10.15国際大会

世界選手権第3次ラウンド第2戦 イタリアに一歩及ばず5位決定戦へ

 2018女子世界選手権は10月15日(月)、日本ガイシホール(名古屋市)で第3次ラウンド2日目の競技が行われ、G組の全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONはイタリアと対戦。これまで全勝の相手に健闘しましたが、セットカウント2-3(20-25、25-22、21-25、25-19、13-15)で敗れました。    セットを取られては取り返す展開で、勝負はフルセットにもつれ込みました。第5セット、日本は相手のミスや新鍋理沙選手、荒木絵里香選手らのポイントで7-5とリード。しかしイタリアのそびえ立つようなブロック

続きを読む

世界選手権第3次ラウンドスタート セルビアに敗戦

2018.10.14国際大会

世界選手権第3次ラウンドスタート セルビアに敗戦

 2018女子世界選手権は10月14日(日)、日本ガイシホール(名古屋市)で第3次ラウンドに突入しました。G組の全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONはセルビアと再戦し、セットカウント0-3(19-25、18-25、23-25)で敗れました。    セルビアは身長193センチのボスコビッチ選手が両チーム最多の24得点、190センチのミハイロビッチ選手が同2位の18得点をたたき出す一方で、粘りのレシーブでつなぎます。テルジッチ監督が会見で「今日の守備はとてもよかった」と絶賛するほどバランスがとれた攻守に、日

続きを読む

世界トップ6の監督が第3次ラウンド前日会見 女子世界選手権

2018.10.13国際大会

世界トップ6の監督が第3次ラウンド前日会見 女子世界選手権

 2018女子世界選手権はいよいよ、10月14日(日)から名古屋で第3次ラウンドに突入します。参加全6チームの監督が13日(土)、会場の日本ガイシホールに集まり、会見が行われました。  G組とF組で戦う中国、イタリア、日本、オランダ、セルビア、アメリカの監督(写真左から)がそれぞれの意気込みを語った中、日本の中田久美監督は「自分たちでつかんだ、無駄にできないチャンス。どこが相手でも一戦一戦全力で戦い抜き、少しでも成長できるように頑張りたい」と述べました。  会見に先立って行われた公開練習で、火の鳥NIPPON・全日本

続きを読む

ブラジルに惜敗も第3次ラウンド進出決定 女子世界選手権

2018.10.12国際大会

ブラジルに惜敗も第3次ラウンド進出決定 女子世界選手権

 2018女子世界選手権第2次ラウンドは10月11日(木)、名古屋と大阪で最終日を迎え、第4戦が行われました。E組の全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONは日本ガイシホール(名古屋市)で第3次ラウンド進出をかけてブラジルと直接対決。セットカウント2-3(25-23、25-16、26-28、21-25、11-15)で敗れたものの、同組を2位で通過し、第3次ラウンド進出を決めました。  日本は1セットを奪えば進出が決まるという状況でした。リズムが欲しい第1セットでしたが、8-8から何度かブラジルに連続得点を許し

続きを読む

セルビアに勝利 全日本女子は世界選手権第3次ラウンド進出に王手

2018.10.10国際大会

セルビアに勝利 全日本女子は世界選手権第3次ラウンド進出に王手

 2018女子世界選手権第2次ラウンドは休息日を挟み10月10日(水)、名古屋と大阪で第3戦が行われました。全日本女子バレーボールチーム・火の鳥NIPPONは日本ガイシホール(名古屋市)で、E組ここまで全勝で失セットも0のセルビアと対戦し、セットカウント3-1(15-25、25-23、25-23、25-23)で勝利しました。  第1セット、日本はリズムをつかめないままセルビアの高さに圧倒されて落としました。しかし「2セット目からサーブで攻めていくことができ、粘り強いバレーができた」と奥村麻依選手が振り返るように、長身

続きを読む

 1 2 3 next →  Last ›

RSSを表示